真空地帯の作品情報・感想・評価

真空地帯1952年製作の映画)

製作国:

上映時間:129分

ジャンル:

3.8

「真空地帯」に投稿された感想・評価

殴られる加藤嘉と悪役然とした金子信雄が、相変わらず適材適所でよかった。あと当時の軍人の下品さも出てていいな。
軍の醜い側面を描いた作品。

学生時代に見逃していた作品を、日本映画専門チャンネルで観た。

「東京が空襲を受ける前の昭和十七年一月ごろ」というテロップから、この物語は始まる。
内容は、人間性を喪失させて野戦用の兵士をつくる目的の内務班教育の現場に、陸軍刑務所あけの木谷(木村功)の苦悩と抵抗。そして彼をひそかに支える曽田(下元勉)がかすかな希望的存在として描かれている。

しかし、この作品を観ていて、どれだけのビンタがとんだか分からないほど、顔を殴る場面が多いことか、軍隊はこういうものだったのだろうか。

野間宏の原作を、山本薩夫監督が描いたドラマは、軍の管理者たちの醜い裏取引きや不条理をリアルに描いた作品となった。
木村功の「引力」に感動。独立プロならではの、真の演技が観られる。金子信雄が始め優しい顔をしていたので、肩透かしを食らったが、やはり……笑。監督と対立していた増村保造の『兵隊やくざ』と対比するのも面白いかと思う。野間宏の原作も必読。
山本薩夫監督作品。
野間宏原作の映画化。
陸軍刑務所で2年の刑期を終え、仮釈放となった元上等兵、降格され一等兵が古巣の歩兵中隊に復帰し、そこで起こる軍隊の理不尽さを描く。
1999年キネマ旬報オールタイムベスト100邦画第13位。
TATEO

TATEOの感想・評価

3.2
駐屯地という場所での兵隊の上下関係に焦点化したところは定番から外れてておもしろいなと思った。戦争ものの大阪弁っていうのもなかなかない。ただ録音のが悪いのか発声が今と違うのかわからないけど、台詞がかなーり聞き取りづらくて閉口。
buccimane

buccimaneの感想・評価

4.0
描写がめっちゃ細かくてすごい。
なんか好感を持ってもある程度距離をとって接せざるをえない感じが緊張感あった。
あの蝉のマネさせる文化っていつからあったのだろう。
野間宏の同名小説が原作。
音楽には団伊玖磨が参加している。

【あらすじ】
かつて「枚方火薬庫」で上官の財布を盗んだとして「陸軍刑務所」に収監されていた、木谷一等兵が刑期を終え「中部第百二部隊」に配属となった。
四年兵であったかれは、一年兵と違いこき使われることはなかったが、
最初は病院帰りということで経歴を隠したが、
やはり好機の眼で見られることになった。
そのためほとんどものとは口も聞かなった。

ただ親しくしている曾田三年兵はは木谷には事件の詳細を述べた。
財布は故意に盗んだものではなく、偶然拾ったもの。
良くしていた山海楼の娼妓、花枝に送った手紙が見つかり、その中で上官に対する悪口をさんざん書いたため反軍思想の持ち主として、軍法会議において刑が確定した。

やがてこの「中部第百二部隊」からも野戦行きの噂が流れてくるのだが・・・

【評論】
野間宏だけでなく山本監督の兵士体験も色濃く反映している作品。
戦場ではなく、内地の駐屯地を部隊にしたこの作品は
よくある戦場の悲惨な場面を描くのではなく、先輩の後輩に対する理不尽な扱いや
上官による物資の横流しなど不正、
その罪のなし付け合いに伴う上官の派閥争い、
それに巻き込まれる形で罪を着せられた木谷など、
違う形での兵隊の人間性が破壊されていくさまを描いている。

曾田三年兵がこうした状況を「真空地帯」と呼んだ。

この曾田三年兵が部隊の中で数少ない良識派として現れる。
後輩の面倒見のいいよき先輩兵として、できることはしているが、
それでも限界がある。

木谷はまわりの悪い影響で壊れていく。

曾田は木谷のような兵士をたくさん見ているはずで、
自分はそれを乗り越えつつ、また自分を抑えつつ、
なんとか自分の小さな信念を失わない姿に、
この映画の数少ない希望が託されている。
obao

obaoの感想・評価

3.9
@シネ・ヌーヴォ
粗さが荒々しさになり、軍隊の理不尽さ、愚かさ…一年でも早く軍隊入りした者が、下の者を虐める…蔓延する暴力。そのまた上に立つ者が権威を振りかざし、私服を肥やす。正気と狂気の境目のない戦時下…木村功の真っ直ぐさに、生きにくい時代の息苦しさを感じました。

ニコニコしない三島雅夫。虐める側にいる二人の(後の)黄門さま(西村晃・佐野浅夫)。パワフルな加藤嘉!

今この時代に観るべき反戦映画です。

【独立プロ映画 特集上映】にて。
NO

NOの感想・評価

3.9
軍隊という一つのコミュニティが狂気性を帯び、そこにいる人たちの人間性が剥奪される様子が一ミリの容赦もなく描かれている。

最近でいうと「セッション」のフレッチャー先生ばりの高速ビンタや馬糞食シーンなど今観てもフレッシュなスパルタ悪質軍隊描写が沢山!