拝啓天皇陛下様の作品情報・感想・評価・動画配信

『拝啓天皇陛下様』に投稿された感想・評価

m

mの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

寅さんシリーズを通しで観たことがないので、邦衛でも同様の手法を採ったように、男はつらいよ以前の渥美清を不定期に調査中である。しかし残念なことに、渥美清=寅さんのイメージを打ち砕く役柄には出会えないま…

>>続きを読む

渥美清(山田正助:ヤマショウ)
左幸子(棟本博の妻 秋子)
中村メイコ(井上セイ子)
高千穂ひづる(手島国枝:手島のオクサン)
長門裕之(棟本博:ムネさん)
藤山寛美(柿内二等兵)
加藤嘉(堀江大尉…

>>続きを読む
初見。予想していたのとはかなり違う内容だったが、食い足りない。
似太郎

似太郎の感想・評価

4.8

たとえ戦争が終わっても兵士・山田正助(渥美清)の意地というか煮え切らない思いが伝わってくる、この世の不条理を描き切ったブラック・コメディ風戦争映画の傑作。

兵士・山田正助の先輩に当たる長門裕之が、…

>>続きを読む
hiro

hiroの感想・評価

4.0

最近第二次世界大戦を題材にした映画を良く観るのでU-NEXTでおすすめにあがってきたこの映画をチョイス。
めちゃくちゃ良かった。
当時の国民にとっての天皇の存在と戦争に対しての認識などが会話形式で進…

>>続きを読む
泣ける映画は余多あれど、観てこんなに得も言われぬ感動に包まれ、感情的に親しめた作品は初めて…
馬上に厳めしい大元帥ではなく、優しそうな御姿を見いだして天皇陛下ファンになるシーンいいなぁ…
山田洋次は、野村芳太郎の弟子なんだなぁと感じる作品。「なつかしの風来坊」の元ネタにも見える。兵隊コメディをアイロニーで描くのが秀逸。こう言うのが現在あってもいい。

渥美清の映画での出世作。戦争と庶民を描くヒューマンドラマ。本作がきっかけで「男はつらいよ」(1969)の前身となる同名TVドラマ(1968フジテレビ)の構想が練られた。

1931年(昭和6年)岡山…

>>続きを読む
日本のフォレスト・ガンプだ
山田洋次の自伝で読んだことのある、みんなに好かれる男そのまんまだった。渥美清本当にいい役者ね
つん

つんの感想・評価

-
面白い面白い面白い

コメディは真剣にするから面白いの教科書のような。
戦時中という環境までも真剣の要素の一部。
お葬式で笑っちゃいけないって思えば思うほどみたいな。
>|

あなたにおすすめの記事