人間の條件 第3部望郷篇/第4部戦雲篇の作品情報・感想・評価・動画配信

「人間の條件 第3部望郷篇/第4部戦雲篇」に投稿された感想・評価

ちょっとこれは凄すぎた... リアリティがエゲツない... 戦争経験者だからこそ作ることの出来た反戦映画だと思う。

軍隊内の人間関係の様子から戦闘シーンまで何もかもがリアリティに溢れ過ぎていて衝撃的だった。なんという現実感... 軍隊内でのパワハラや虐めに近い暴力。先輩兵士達の理不尽なシゴキ。しかし、その様に軍隊内では粋がり威張っていた兵士達も、実際の戦闘に出ればタダの人間。ソ連軍の強力な兵器を前にしたら何の太刀打ちも出来る訳もなく、どんなに強い兵士だろうが弱い兵士だろうが皆んな同じタダの人間。強力な兵器を前にまるで虫ケラの如くいとも簡単にゴロゴロと殺されていく。泣き叫び、最終的には発狂する始末。兵士達は権力者達に洗脳され只々良い様に使われただけ。極限に暴力的で狂っている世界。それが戦争...

前作でヒューマニズム、そして勤務する鉄鋼会社で奴隷の様に扱われる捕虜達の自由の為に戦争の狂気と戦ってきた主人公・梶も、軍隊に入れば尚更微力な存在に。初年兵や上等兵ごときが軍部に抵抗し改革できる訳も無く、戦争の狂気にガッツリと巻き込まれていく。もうこの狂気に身を任せることしか出来ない。逃れる道は無い。それでも目の前の狂気と微力ながらも戦い、未来への活路を少しでも見出そうとする。心までは国家に渡さない。そんな綺麗事だけでは済まない様子が物凄くリアリティがあって観ていて苦しかった。

そんな主人公・梶を演じた仲代達矢の演技がとにかく凄い。前作では会社員だった梶は本作で兵士に。前作からの変わり方が凄い。演技力の高さ、役作りの技術、名優たる所以が手に取るように分かる。

戦闘シーンのスケールの大きさと迫力も凄い。本物の戦車が大地を練り歩く。砲撃シーンのリアリティのある迫力は凄い。手に汗握る緊張感。

内容と戦闘シーン共に緊張感が凄すぎて疲れた。心臓がまだバクついている... 国家権力の恐ろしさ。軍国主義の恐ろしさ。そして戦争の悍ましさ。巻き込まれることしかできなかった国民達のリアル。もう絶対に繰り返させてはならない黒歴史だと改めて感じさせられた。戦争経験者達が作った筋金入りの反戦映画だった。
Misakey

Misakeyの感想・評価

4.4
小説読破後鑑賞。

自分も出征した気持ちになる凄い作品。
仲代さん名優すぎ。

戦争は一般人の幸せを奪い、人々の尊厳を無くし
人権を容赦なく侵すものだというのがわかる。

日本人は一度は見るべき作品。
苦難の道のりを強いられる主人公は、それでも人としての道を歩もうとするが戦争は許してくれない。
NICE

NICEの感想・評価

4.0
小林正樹監督『人間の条件』❸❹

軍隊の不条理さを描く2作。
『フルメタル・ジャケット』を彷彿とさせる内容だった。

映画史上、最もビンタの回数が多い映画説
自殺を思いとどまったところで死ぬのがなんとも。

軍隊のいじめってほんとに見ててつらい。

四部のクライマックスは手に汗握る展開。
どうせこんな虫けらみたいに死なせられ命なら、あんなに躍起になって人の尊厳を守らなくてもよかったではないかと思わされる。
第3部と第4部を鑑賞。仲代達矢の熱演が光る。召集され軍人となった梶。暴力が蔓延る軍隊の世界。逆らったらビンタ、ヘマしたらビンタ。ビンタに殴る蹴るの暴力の連続。正直辛くて見ていられない。これだけでも戦争は人をここまで変えてしまうのかと思った。人間のおぞましさ。そして発狂。第5部に続く。
日本の総力戦体制がいかにゴミクズだったか。古兵による初年兵らに対するシゴキとイジメ(かの「下への抑圧移譲」)が辛すぎる。そしてぶちギレる藤田進(!)や仲代が良い。内部崩壊する軍隊

底無し沼はヤバい。婦長の原泉もヤバい

ソ連軍との戦闘シーンの素っ気なさ(戦車は敢えて迫力を消しているかのようで、のこのこ走ってくる)が、むしろ戦場の酷薄さを伝える。雄大な夕焼けの下、死屍累々の無限の荒野を一人歩む仲代のラストショットが素晴らしい。「鬼になっても生き延びてやる!」
主人公の梶(=仲代達也)は第1、2部では炭鉱会社の労務部を任されていたが、第3、4部では軍隊(関東軍)に召集され、ソ連との国境近くで初年兵として訓練の毎日を送る。上官や先輩からひどい目にあわされ辛酸を舐めるが(軍の中では「私的制裁」は禁止されていたが、ルールはあってなきがごとし)、2年目からは班長に見込まれて上等兵となり、新たな初年兵への接し方を改めようとする。当然周囲から猛烈な反発をうける。そんな中戦況は悪化し、ある日突然(1945/8/9)ソ連軍の攻撃を受けることに・・・
         ***
満州の帝国陸軍(関東軍)の訓練の合間の異様な人間関係がこれでもかというくらい描かれていて気分が悪くなる(これが当たり前とされていたとは)。鍛えると称して先輩が後輩を虐待する体質、もはや嫌がらせ、見せしめ、いたぶるというだけの陰湿な雰囲気。命がけの戦場で規律を守るために絶対命令・絶対服従は仕方のない事とはいえ、それでもやはり度を越えている。
          *
こんな体質のルーツはどこから来たのだろう? 帝国海軍の大臣や大将は薩摩出身者が多く占めていたのに対し、陸軍は長州出身者が多かったようだ(山形有朋、児玉源太郎、乃木希典)。ということは高杉晋作の奇兵隊から出発して、大村益次郎が基礎を築き明治維新で幕府軍を打ち負かした新政府軍(中心は長州軍)の中に、既にその体質はあったのだろうか? 大好きな司馬遼太郎の「花神」「坂の上の雲」を読んでもそのあたりは書かれてない。 
          *
軍の訓練のやり方は、明治政府の学校教育に取り入れられ、日本人の家庭にまで影響が及んだに違いない。そして戦後70年以上たった今の社会でも亡霊のように残っている(一部の体育会系の部活とか、「躾」と称して子に虐待するダメな親など…)
          *
軍隊の訓練の様子を描いた外国映画は色々見たが(「愛と青春の旅立ち」「フルメタル・ジャケット」…)、厳しいとはいえ旧日本軍ほど酷くないように感じる。その一方で戦後の自衛隊の訓練の様子を描いた映画は見たことがない。自衛隊(の前身となる警察予備隊)が創設されたのは敗戦のわずか5年後だから(朝鮮戦争の時1950)、帝国陸軍の伝統が受け継がれたに違いないと想像している。今の自衛隊の訓練の様子、先輩後輩の関係はどうなっているのだろう?
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

3.8
‪「人間の條件」‬
‪冒頭、昭和十八年の満州。雪降る中、行進する兵隊。そこに男女の姿。老虎嶺鉱山、満鉄調査部の二人、臨時召集令、軍部、‪今、一人の男が戦争という不条理な世界を彷徨う‬ ‬…本作は五味川純平の同名小説を巨匠 小林正樹が監督した全六部、九時間半の一大スペクタクル反戦映画の傑作にして、主演の仲代達矢の出世作でもある。これ以降 彼は名だたる監督と組み日本映画を世界に広めて行く。さてBDが発売されたぶり三度目の鑑賞したが骨太の作品である。現代描かれる戦争映画とは格が違う、パワーが違う、正に誇れる一本、崇高だ。やはりロケ地が北海道ともあって、高台な土地が広がり、そんな原風景の中に汽車が走り、貨物から捕虜が大量に降りて一斉に食事にありつく雪崩れの如く這いずり廻る描写は凄い、不謹慎な言い方をするならまるでゾンビ映画宛らだ。まず尺の長さがホロコーストを題材にしたショアとほぼ変わらない九時間超えの分、ここまで戦争に翻弄されていく一人の男の姿を長々と見せられる映画は他に無い。監督曰く軍隊生活を無理矢理させられ、青春を戦争の中で送った、そんな不公な経験から戦争否定を貫いたらしいが、本作の主人公梶の性格、信念が監督や原作者の五味に重なっていく。物語は第六部迄で、純愛篇から激怒篇、望郷篇、戦雲篇、完結篇の死の脱出、曠野の彷徨となる。主人公の梶は南満州鉄鋼会社に勤める。兵役免除を条件に鉱山の労務管理を任され、恋人との結婚し赴任したが、そこで彼が見たものは捕虜六百人で電気鉄条網に囚われた人々だった。彼は改善に尽力する。時は過ぎ関東郡代八十八部隊の二等兵として配属され厳しい訓練や新たな仲間との対立、虐待、自殺に遭遇する。そしてソ連が満州に侵攻する。時は経ち、ソ連軍との激戦をし、梶は避難民らと満州を目指すも、戦争が終わったから分からない状況下、食うものもなく、餓死寸前も米を大量見つけ、道中の家族連れや淫売二人に分け与える。そして人格が変わる極限状態に陥り、彼はソ連軍の捕虜になり、地獄を味わう…とネタバレせずに話すとこんな感じで、大河ドラマ好きにはお勧めできる作品。にしても、彼を知ったのはやはり「切腹」なんだが、今思うと不条理な世の中を斬る監督だったんだなと感じる。それは壁あつき部屋もそうだし、先程言った切腹も、サムライ精神への反定立だったし、本作も同じだ。そーいや製作の“にんじんくらぶ”って切腹だったか、本作で倒産になったよな…度忘れしたが確か小林正樹の作品でなった様な…違ったらすまん。まだ未見の方はお勧めです。最後にサロベツ原野での撮影は凄い当時の厭世的な雰囲気を醸し出していて素晴らしい。ロケ地にもなった為、北海道旅行でもする機会があったら行ってみたいもんだ。‬
atsuman

atsumanの感想・評価

3.0
第三部…3.0
戦地へ、そして転属。妻が面会に来てくれることへの僻みがすごい。
こら、勝手に歩くと、ビンタだぞ。

第四部…3.0
内部分裂と戦闘シーン。最後の発狂がえぐい。