カンザス・シティの作品情報・感想・評価

『カンザス・シティ』に投稿された感想・評価

ななゐ

ななゐの感想・評価

3.0
愛と女の嫉妬は何よりも確執があるね
行けなかったわ今日、投票に!!!!

表面だけ見ればアルトマンというよりコーエン兄弟みたいな感じ。ブシェミが出てるから?
ジェニファー・ジェイソン・リーの感じが段々クセになってくる。彼女にしか出せない雰囲気。ジュリアン・ムーア似の奥さん…

>>続きを読む

「行けなかったわ。今日の投票。」
超絶クール。
訛りの強い英語と歪めた唇
ラリった虚な目
噛み合わない会話
ベーシストの影
発砲した腕をそのままスライドさせる動きと陶器の中に投げ捨てる音
道端に投げ…

>>続きを読む

1934年のカンザス・シティ。
ジョニーは白人なのに黒人の格好をして、セルダムが経営するジャズクラブから大金をせしめるが、その後捕まる。
ジョニーの妻のブロンディは引き換えとして大統領顧問のキャロリ…

>>続きを読む
wisteria

wisteriaの感想・評価

4.5

『アメリカン・ヒストリーX』のレビュー以来何度かご登場いただいているいきつけのプライベートサロンの癖の強いVJ美容師さん。今回かけてくれたのはロバート・アルトマン監督作品のこちら。

舞台は1930…

>>続きを読む
富井

富井の感想・評価

-

目的のためには手段は問わない!だったはずが、だんだん当てのない逃避行みたく見えてくる
偶然のスペクタクルに見舞われる。

冒頭の緊張感、JJLの迷いのない動きに鳥肌が立つ。片側の口角を上げる表情が最…

>>続きを読む
moon

moonの感想・評価

3.6

ジャズの音色と銃声が交差する街、バーに監禁されてる旦那を解放するため、要人の奥さんを誘拐する女性の話。あの時代に"黒人のフリをするために"顔にすすを塗って強盗した時点で何も擁護できず。よく分からず誘…

>>続きを読む
mingo

mingoの感想・評価

4.0

アルトマンやはり凄いしクセがつええ。
エキセントリックな女二人を狂言回しとして置きながら存在感十二分中身の無い説教べらべらベラフォンテに跪かせ、ジャズという音楽の合う世界を作り上げるアルトマンの脳内…

>>続きを読む
CTB

CTBの感想・評価

5.0

下層階級がジタバタやってても所詮、権力者の掌の上で転がされてる構図。ベラフォンテのクールなやり方の残酷さにひでぇと思いながらも巧さに痺れてしまう。最後うーわ、うーわ、ですよ。
ジェニファージェイソン…

>>続きを読む

ハリーベラフォンテの説教御託に与太話、常に茶色の小瓶舐めてふわふわマイペースのミランダリチャードソンのJJリーに負けてない強烈なキャラクターが嬉しい。そんで溢れ出る一途なJJリーのハスっぱな魅力。残…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事