愛と宿命の泉 PART II/泉のマノンの作品情報・感想・評価・動画配信

「愛と宿命の泉 PART II/泉のマノン」に投稿された感想・評価

ROY

ROYの感想・評価

4.0
クロード・ベリによる壮大なる愛憎劇の後篇...

■STORY
フロレット家の息子ジャンが非業の死を遂げて10年。泉の土地を手に入れたウゴランとセザールは、カーネーション栽培を成功させ豊かに暮らしていた。ジャンの娘マノンは美しい女性に成長し、森の中で水浴びをしているところをウゴランに目撃される。ウゴランは彼女に一目惚れするが、マノンは学校教師ベルナールと惹かれ合う。ある日、マノンは父の死の真相を知り、ウゴランに復讐するべく町の水源である洞窟を塞いでしまう…。(『スターチャンネル』より抜粋)

■NOTES
「監督は、プロデューサーとしても高名なクロード・ベリ。78年『テス』を製作中に、シンブルでカ強いこの物語を発見した彼は、6年にわたる交渉の末、バニョルの未亡人から映画化権を獲得。自ら脚色・監督するにあたって、原作の持つリズムや深みを損なわず、簡潔でインバクトの強い作品にするよう、心を配った」(公開当時のチラシより抜粋)

「9年後、美しく成長したマノンは、幼い日の衝撃を胸に刻んだまま、村に残って羊飼いをしていた。そして泉の本当の秘密を知った時、マノンの恐るべき復讐が始まった」(公開当時のチラシより抜粋)

■THOUGHTS
マルセイユの狩人はマノンを追いかけながら“Je t’aime!!”と叫んだ。

二人の男が話しているところを茂みから見つめるエマニュエル・べアールが美しかった。

深刻な状態なんだけど村会の雰囲気が面白い

結婚式のシーン好きだな

暖色/寒色どちらも映えてる

懺悔の涙

ハーモニカの音色
泉を巡って繰り広げられる、二つの家族の愛憎を描いた超大作

フランスの田舎にて、伯父と共にカーネーションの栽培で成功を目論む男がいた
しかし彼らは水源を持たなかったため、泉のある隣家の土地を買収しようとする
ところがけんもほろろに断られてしまい、逆上した二人は隣家の男を殺してしまう
殺された男の土地を相続するため、親戚の家族が村へと移住してくるのだが...

もちろん前編・後編合わせると長いんだけど、意外と観やすかった!
前半は悲劇、後半は復讐劇...からの、悲劇!って感じ
ネタバレになりそうだから上手く書けないけど、三浦綾子作品っぽい

イヴ・モンタンのキャリア終期でしょうか?
湯の花

湯の花の感想・評価

4.5
マノンがとんでもなく美しい

この時代の話には
やはり戦争が絡んでくるのね

こういう映画を観ると若い頃勉強した甲斐があったと思える
犬

犬の感想・評価

3.7
会議

1920年代のフランスのプロヴァンス地方の農村を舞台に、泉をめぐり二代にわたって展開する愛憎劇



ゴタゴタ
水問題が農民たちを悩ませる


過去も思い出される

エマニュエル・ベアールが良いです

このレビューはネタバレを含みます

すごくおもしろかった。簡単に言えば悪事を働いた輩に罰が当たるという因果応報の話なのですが、その成り行きがなかなかどうしてとても興味深いものでした。1920年代、古い共同体の中で生きるパぺの生きる原動力は、スベラン家の血縁を重んじ、家を存続させることでした。そのためには手段を選ばず、ジャンの泉を埋め、彼を死に至らしめてしまいました。甥のウゴランは彼の言いなりでしたが、ジャンと話すうち親近感を抱いてしまうように根っからの悪人ではありませんでした。そんな彼は成長したマノンに激しく恋をしてしまいます。一方マノンは父の不幸を背負ってか、冷徹な美しさを放ち、ヤギを飼って暮らしていました。そして泉が埋められた真相を知った彼女は、ある時ヤギを追って偶然に村の泉の源泉を見つけ、それをせき止めてしまいます。彼女の復讐の始まりです。
村の水は枯渇し、それは彼らの生死に関わる大事態になりました。村人が混乱する中、皆の前でパぺとウゴランの悪事が暴かれ、マノンに拒絶されたウゴランは自ら命を絶ちます。そしてパぺにも衝撃の事実が知らされます。それは彼の今までの人生を根底から覆すほどの事実でした。これほど長きに渡って自分が正しいと思ってきたことが、実は違っていたということを知らされたら本当にショックだと思う。しかも自分のやったことが取り返しのつかないことだとわかったら……。パぺに同情の余地はないのかもしれないけれど、ものすごく衝撃を受けました。
そして一つ気になったのは、目には目を歯には歯を、というマノンの復讐のやり方です。彼女は結局のところウゴランとパぺを死に追いやりました。それは彼らがジャンを死に追いやったのと同じこと。彼らは全員同レベルです。しかし彼女は、それを気にかけている風でも、自責の念にかられている風でもなく、教師と結婚して幸せになる…というのがそれでいいのかなあと、ちょっと違和感を感じます。
しかしそんなことも含めて全体すごく引き込まれるストーリーで最初から最後まで目が離せませんでした。
何となく後回しにしてきた作品でしたが、見て良かったです。
つぐみ

つぐみの感想・評価

4.5
今でいうところのストーカー??
どんどん狂気じみていく様は観ていて怖かった。
これほどまでの静かで淡々と仕込まれていく復讐が恐ろしいものとは…
tomo

tomoの感想・評価

4.1
映画のパートⅡは、本格的に復讐がスタートする。
綺麗な人の復讐する姿は、なんとも怖い!
あき

あきの感想・評価

3.3
美しく育ったせむしのオトコの娘マノン、ある日ウゴランはマノンの水浴びに出会い恋をする。
娘は村人皆が、泉を隠したことを知る。
娘は村の泉に細工し泉を止める。
そして皆の前で2人の悪事を告げる。
娘と若い教師の恋を嫉みウゴランは自らの命を経つ。
教師とマノンは結婚するめでたしめでたし
しかしどこにでもいるような眼の見えない老婆が一つの手紙の事を伝える
kaede

kaedeの感想・評価

-
エマニュエルベアールが好きでアマゾンプライムでは見れないから諦めていたところ、U-NEXTで観れた、、!
ただただお美しかった。

映画から学んだことは、不男は話しかけるだけでも嫌われるし、みんなから辱めを受けるし、やることもきもい。最後までかわいそうって思えなかった。
おじさんは急に出てきたおばあちゃんに衝撃の一言言われてかわいそうだった。
TKSHATS

TKSHATSの感想・評価

3.7
全編を通じて
復讐から宿命。
淡々とストーリーは流れていく中で田舎の映像の美しさ、カーネーションの色鮮やかさは人生の儚さ、運命のいたずら、人間の私欲、憎悪を際立たせる。間違いなく傑作。
>|