愛と精霊の家の作品情報・感想・評価・動画配信

「愛と精霊の家」に投稿された感想・評価

俳優が豪華だな。ジェレミー・アイアンズの役の変遷が見どころ。家族愛、恋愛、まさに愛の話。ウィノナが出ているのも観た理由の一つだけど、1番はヴィンセント・ギャロが出てたから。でもほんとにちょい役だったな。すごい若くてカッコよかった。
南米の政変と、ある一族の隆盛と没落を描いたドラマ

雰囲気だけ名作っぽい!!!
キャストはすごい豪華だし色々お金かけてるのはわかるんだけど、これといった決定打に欠ける
グレン・クローズが家に入ってくるシーンだけは良かったと思う
◎95年に観た作品がもう一つスルーされてたのでレビュー。

◎ジェレミーアイアンズは元々好きな方でもないのに、独善的で頑迷な役柄にイライラし、不快指数はさらに上昇。

◎エステバン(ジェレミーアイアンズ)よりクララ(メリルストリープ)の方がずっと若いのに、クララの老け具合が異常に早い!それに比べ、娼婦のマリアコンチータは全く変わらない!吸血鬼かよ。

◎私的ハイライトシーンはグレンクローズが死んで、亡霊として屋敷に入ってくるシーン(既に死んでいるが映像では生身の人間で入ってくる)身の毛がよだつ程の彼女の動きと完全に精気を失った表情には恐怖を感じた。

◎同じ人間に命を狙われ、また救われる強運の持ち主ペドロ(アントニオバンデラス)

◎ウィノナライダーいろんな意味でがんばった。終盤の因果応報的な展開とビンセントギャロの存在感とインパクト。

◎マニアックな見解だけど、ブランカ(ウィノナライダー)の後日談がロマンポランスキーの「死と処女」のポーリナへと繋がっていくと勝手に想像してしまった。
tulpen

tulpenの感想・評価

3.8
「ペレ」を撮ったビレ・アウグスト監督ということで期待大で劇場へ。

ウィノナ・ライダーがとてもとても綺麗
とメモには書いてある。
確かに美しかった!
それに彼女の並外れた演技力の高さを実感。
本当に、奥行きのあるいい表情をするので目が離せない。

キャストも充実していて
見応えがあり。


今はもうない静岡ミラノにて。
桃龍

桃龍の感想・評価

3.8
長い割に飽きずに最後まで観れました。
俳優さんが豪華で上手かったです。
犬

犬の感想・評価

3.4
人生

チリの名家の喜びと悲しみに満ちた50年にわたる数奇な運命を描いたドラマ

豪華スターの競演

壮大な人間ドラマでした

それぞれの思惑がスゴい
ストーリーはまあまあでした

時代を感じる

登場人物たちのメイクが印象的

ウィノナ・ライダーが大変なことに
ぽち

ぽちの感想・評価

2.0
役者も良いし重厚な雰囲気や映像も良いのだがオープニングでいきなり凄い違和感が・・・

超能力設定って必要か?と言うよりこれがすべてを壊している。
リアリティを無くしている事も勿論、そんな力があれば世界征服も夢じゃないだろ。勝ち馬が分かるようだからいくらでも儲けられるし、机を動かす力があれば暗殺しほうだいだ。

多分原作の設定そのままだと思うが、せめてちょっと勘が良いぐらいにしておいた方が良かっただろう。
なぜ超能力など出してきたのかが不思議でならない。
peche

pecheの感想・評価

3.4
チリの富豪一家の話。
ベストセラー小説の映画化だけあって
時間を忘れるくらいのめり込めた。

ウィノナライダーが美しい。
豪華につきる。

メリル・ストリープの神秘さとウィノナライダーの可憐さとジェレミーアイアンズの確かな演技で引き込まれます。

時代背景などもあって飽きずにみれるのだれけど、一つ一つの出来事の処理の仕方が雑。

もっと丁寧に作っていたら間違いなく名作になった。
HASSY

HASSYの感想・評価

3.8
独特。この世界観好き。ファンタジー?伝記?ヒューマンドラマ?
入り混じってる。
>|