ウィンブルドンの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

「ウィンブルドン」に投稿された感想・評価

ストーリー自体に特筆すべき中身は無いけど高架下(だったかな…)のキスシーンが最高。2人で思い切りはしゃいでテニスごっこしたあとに流れる甘ったるい空気のなんと青臭いことか。
何が最高って、ポールとキルスティンの身長差。170cmのキルスティンでさえ一生懸命に背伸びをして、それを強く抱きしめる191cmのポール。そして愛の溢れる優しいキス。うっかりキルスティン羨ましいなんてミーハー心が疼きます。ああ、ポール・ベタニーあなたという人は本当に完璧。
りーん

りーんの感想・評価

3.6
ベタニーさん見たかっただけその2。
軽快なオープニングが印象的。
恋してから、次々と勝ちを進めていくピーター。彼女はまさに勝利の女神でした。
ベタだけど、試合中のテニス選手同士っていうのが面白いなと思います。2人の身長差がよすぎ。
ボールボーイとのやりとりもよかった。
負ける方に賭けてばかりの弟役マカヴォイさんがいい感じでした(笑
miumiu

miumiuの感想・評価

3.8
『ランズエンド 闇の孤島(BLOOD)』の演技に魅せられたポール・ベタニー、ラブコメもやってるの? できるの? どんなの? ということで見てみた。
これいいなあ! 可愛い恋愛映画で、スポーツものでした。

落ち目のプロテニスプレーヤーで引退を視野に入れているピーター(ベタニー)と、若手有望選手リジー(キルスティン・ダンスト)の恋物語。ピーターにとってリジーは勝利の女神。一方リジーは恋に夢中になると調子が狂っちゃう。
コメディ色はそれほど強くなく、鉄板のスポーツもの。主人公が終始爽やかでいいヤツで素敵だった! 予想外の勝利を収めて一緒に練習している親友(ニコライ・コスター=ワルドウ)と対戦することになるエピソードとか、ピーターの人柄が垣間見えて好き。

主人公の弟役がジェームズ・マカヴォイ。190㎝越えのベタニーと、どれだけ身長差があるの? で、とても可愛い! ちょいクズで困ったヤツなのがまた可愛い。

正装してウィンブルドン会場に試合を観に行くの、英国人には憧れ、ステイタスの一つなんでしょうか。観戦シーン、楽しそうでいいな〜と思いました!
最初から最後までハッピーなテニスコートのロマンス。キルステンは歳とってもかわいい。オープニングがすてき。
mitchan

mitchanの感想・評価

3.2
マカヴォイさん目当てに鑑賞。主人公の弟役。全然似てない。可愛すぎる。
AYA

AYAの感想・評価

3.5
最初から最後までテニスとラブロマンス。オープニングのお洒落感。とても良い。おもしろかった。リジーは可愛いしピーターの肉体美やばいし2人でのジョギングシーンとキスシーンが絵になる。ピーターの友達もイケメン。良い映画でした。テニス好きの人はもっと楽しめそう!
ラブコメ作品でもけっこう面白い作品。

キルスティン・ダンストに一時期ハマって観た映画。
見たというか20分くらい見たところでDVDが止まってしまった。

ポールベタニーを存分に鑑賞するために借りたけど、大好きなポールベタニーがつまらない凡庸な俳優に見えてこのまま見続けたくないなあと思っていたのでまあよしとする。

私にとっては「こんなポールベタニーは嫌だ」でした。
みみみ

みみみの感想・評価

3.4
ベタニーとベタニーの友達、2人ともかっこよかった
2人で街中を歩いているシーンが印象に残っている
sugar

sugarの感想・評価

3.4
キルスティンを見るためだけに観賞。

たまらなくかわいいという感想しかでてきません。