オペラ座/血の喝采の作品情報・感想・評価

「オペラ座/血の喝采」に投稿された感想・評価

完全版で鑑賞。
久々に再鑑賞したアルジェント監督作品。
スラッシャー映画の怪作。好きな作品。

カラスの眼球のアップ、犯人視点の映像、とかく「見る、観る、視る」に拘った映像と美術セットと殺害描写。
どこ切り取っても監督の美意識が詰まった映像。

物語は「いやいやちょっと待て」と突っ込みたくなること必至(特にラストシーン)
いろいろとっちらかってるが、ヒロインを虐げることが第一で、最後に彼女の魂が自由(トラウマからの解放)になればそれで良し。
伏線回収?あの小道具の意味?それら些末なことは気にしない。
撮りたいものはこれだと伝わる画の力。美しい映像群、惨劇シーン、監督の美意識の前には語の破綻云々は気にしない。

クリスティの作品に「象は忘れない」というのがあるが、こちらはカラスの「仲間を襲撃した相手を忘れない」という習性を用いての面白い演出。カラス視点からの犯人への襲撃シーンは見処のひとつ。
変態、美女、動物、うるさい音楽、無理のある展開。
アルジェントの特徴が程よく揃っている普通に良い作品。
縛り付けて目の下に針付きテープを貼って目を閉じられなくしてから目の前で知り合いを惨殺しまくるというサディズム全開っぷりが最高。
makita

makitaの感想・評価

3.6
謎。全然怖くない。カラスが可愛い。ヒロインの女優さんがすごく綺麗。
obscure

obscureの感想・評価

3.0
犯人しょうもなさすぎ(なのはいつものアルジェント)。衣装係の喉を抉るのはちゃんと行動原理があってのこと。
ジャム

ジャムの感想・評価

2.0
いや、血糊で誤魔化しても目に刺さってないよ?
舞台の演出は良かったです。

映画人、舞台人という変態
カラスが一番芝居してる

いやこれもまた、素晴らしいですねサスペリア同様
どうやら監督は実際にオペラ演出をしたらしいですが、大コケした模様。
だからか、見ていながらよく舞台を知っているなと悪口なセリフも多いし。
たださー、裏方に全てなすりつけるなよ!?
PARライト落とすんじゃねえよ!?
演出途中で変えるとか喧嘩だからな!?
とか思いつつ、殺されるぞ逃げろの時にはロックがかかり...あれ!?メタルマクベス?
すげえカラス出てくる...マリア・カラス?椿姫って言うしな
とか思って、いろんな方向からあたしは楽しめました。

最後の刑事2人、すげえカッコよかったな。
KOUSAKA

KOUSAKAの感想・評価

4.2
『サスペリア』つながりで鑑賞。いや〜凄かった〜😱😱やっぱりダリオ・アルジェント監督の作品はハズレなし!!自分は完全版で見ましたが、劇場公開版ではあのラストシーンがカットされていたとか。それはあり得へんわ〜。あのラストがあるから面白いのに。
というわけで、見るなら絶対に完全版がオススメ。
ぴよ

ぴよの感想・評価

3.0
犯人がわかりやすかった
>|