重力ピエロの作品情報・感想・評価

「重力ピエロ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

もっとミステリーらしいミステリーだと思っていた。
小説の言葉そのままの台詞がすごくしっくりきて、"愛"が伝わる作品でした。
被害者への心無い言葉、家族の在り方、親子の空間や会話、どれを取ってもリアルで、時には耳を塞いで目を覆いたくなる現実も、家族で乗り越える、なんて大層な言葉ではないけど向き合う温かさが胸にしみた。
"ハルが2階から落ちてきた"
この台詞と『重力ピエロ』というタイトルがじんわりと頭に響いた。
MK666

MK666の感想・評価

3.8
- Mahatma Gandhi  -


あなたがこの世で見たいと願う変化に、あなた自身がなりなさい。



原作よりも映像の方が心に響きました。

このレビューはネタバレを含みます

レイプ犯罪でうまれた弟とその兄の兄弟愛物語でありちょいミステリー。話はいいところで終わるけど間違いなくその後殺人罪で捕まるし(そうじゃなきゃおかしい)。そもそもなぜ産んだのか親としてまったく理解できないという初期設定の強引さ。父親はしょせん他人なので息子の苦しみは共感できなかっただろう母親は子どもの人生見ずに亡くなったから幸せですね。兄貴頑張れ!弟、、見てるだけでつらい。夏子さんは清涼剤~、そんなかんじ。
ギャス

ギャスの感想・評価

3.0
犯人の造型も薄く、兄弟の倫理や成長も薄い。始まりの設定は面白かったので、どんどんつまらなくなっていくのが残念だった。
伊坂幸太郎の話は、だいたいが"ストーリーのための人物"という感じで、やはり好みではなかった。"人物の深みが出てこその物語"の方が好きなので。


ネタバレ

そういう人はひねくれてて暗いというステレオタイプ。ラストの方での放火のシーンのテンポの悪さ。グラフィティとの関連性の薄さ。ストーカーの女の子の都合の良さと中途半端な使われ方。全てがペラっとしていてもったいなかった。
これで良かったと思っちゃった。

家族っていいなあ と思った
ただなんか悲しい話だった

自分で考えろ

って時点でもうわかってるよね
ゆ

ゆの感想・評価

4.8
WOWOWにて。
原作もとても好きでしたが、映画もまた素晴らしかった。加瀬亮と岡田将生が泉水と春そのもので、両親役の小日向さんと鈴木京香さんも原作の良さを活かしたお芝居だと感じました。親子の絆は遺伝子だけじゃ決められない。「家族の愛は、重力を超える」というキャッチコピーがぴったりの素敵な作品でした。何度でも見返したいです。
ガ

ガの感想・評価

-
全く関係ない話ですが、最近鑑賞中、先が見えたり人物が何言うのか読めたりする事が少しあったりする。父に似てきた。
dohi

dohiの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

重かった

渡辺篤郎と岡田将生が格好良いから成り立つ画面と話なのではとか思っちゃったし
アフピル飲むだろう普通とか思っちゃって、そういうことじゃないんだけどなあって

君が生きた証みたいなことの難しさ
むずかしいね
渡部篤郎のクズっぷりが半端なかった。

女性に対する性的暴力は許せない。

改めてそう感じた。
たかpDX

たかpDXの感想・評価

3.0
原作を超えることはできなかった、ただ綺麗にまとめているな、と思いました。
>|