重力ピエロの作品情報・感想・評価

「重力ピエロ」に投稿された感想・評価

27

27の感想・評価

4.0
岡田将生最高の美形作品。
観ていると、岡田君と鈴木京香さんが本当の親子の顔に見えてくる。

痛く引きづる過去がある家族だが、とても愛に溢れていて、その対比が切ない。
兄に向けて仕掛けたメッセージに絆が見えて、好きなシーン。
吉高由里子のはまり役がスパイス。…怖かった。
anna

annaの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

ハルが、二階から落ちてきた。
結構胸が苦しいストーリー。

私は最後の兄の台詞に救われた。

俺がお前でもやってたよって。
自首します。とかだったらなんとなく気持ちが救われないままだったと思う。
SC07

SC07の感想・評価

4.7
すごくいい。最強の家族。ピカソの絵を観に、スペインへ行った。
なんというか、サスペンスなんだけどどこにも着地点を用意していない問題提起したいだけの映画でしかなくない?
いろいろトピック入れてたけど、いる?本題に対してそのポイント、ほんとに味付けのために付け加えられてるものぐらいでしかなくない?
で、タイトルそれでいいの…?
深海魚

深海魚の感想・評価

3.8
既出かもしれないが、「片思いしている男の部屋に不法侵入して勝手に片付けて帰っていく女」はウォン・カー・ワイ監督の「恋する惑星」へのオマージュなのではと思った。

全体的に映像が綺麗で良かった。
つよ

つよの感想・評価

4.0
ある兄弟が住む街で、謎の連続放火事件が発生。

伊坂幸太郎の面白い小説の映画化。

いい!

役者さんもストーリー展開も良く、おススメ。

S.R.Sのエンディング曲「Sometimes」がとても良かった。
もえ

もえの感想・評価

5.0
人の痛みを感じないサイコパスと、
決して落(堕)ちずに笑い続けるピエロ。
正反対にいるのに、どちらも同じ特異さで認知される空虚。
救いは、この物語がストップコドンだという事。
暗い過去を抱えた家族の物語。
ショッキングな内容ですが、考えさせられます。誰か観て。
ism

ismの感想・評価

3.5
伊坂幸太郎の同名小説の映画化。
作品は知ってたし、テレビでもやってたのはチラ見したことあったけど、ちゃんと見たのは初。
内容は小説とはまた違っている部分もあるみたい。小説は未読な為詳しくは分からないけど。

加瀬亮と岡田将生の兄弟が
なんだかんだ言って仲が良くて
でも、兄弟あるあるだと思うけど
比較されることに劣等感抱いたりっていうのもリアル。ただの仲良し兄弟じゃないってあたりがね
でも、両親は兄弟を比較なんてしてなくて深いふかーーーーい愛で包んでいて
それが感じられる作品。

一つの事件が一つの家族の愛と絆を強め、また苦しめていく…
この作品を映画で見てから伊坂幸太郎さんの作品を本で読むようになった。好きな作品の1つ
>|