きみに読む物語の作品情報・感想・評価

きみに読む物語2004年製作の映画)

THE NOTEBOOK

製作国:

上映時間:123分

ジャンル:

4.0

「きみに読む物語」に投稿された感想・評価

ゆう

ゆうの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

文句なし言うことなしの純愛映画
何度みても号泣です

老いてもなおアリーを愛しずっと隣にいるノアの姿にも、地位もお金も捨てノアのいる思い出の家へ帰るアリーにも心打たれました

そしてアリーのお母さんの涙にも考えさせられた
okkkkkyyyy

okkkkkyyyyの感想・評価

5.0
超ラブストーリー。超名作。

運命、身分、悔しいけど若さだけでは太刀打ちできない不条理に翻弄された、青くて燃え盛る炎のような愛。

どこにも悪がない、本当に美しい物語。どこまでもピュアで、本物の愛。美しすぎる。究極のハッピーエンドをここにみた。

自分史上ナンバーワンラブストーリー。
みるたびに好きになっていくからもう点数カンストしてる。
しお

しおの感想・評価

4.6
みているうちにその後の展開が分かってしまっても泣けます。
ふたりの愛の深さや思い合う姿が綺麗です。
結末はとても悲しいけれどこれ以上ないハッピーエンドで、観てよかったなぁと深く感じる映画です!!!!
竹輪貫

竹輪貫の感想・評価

3.6
恋愛ものが苦手な人でもうっとりするお話。


ロマンチストには堪らないと思うシーンがいくつもありました。

私は現実主義な面があるので、こういったロマンチックな映画をひねくれずに純粋な気持ちで観れたらどんなに楽しいか少し考えさせられてしまいました笑


純愛すぎて逆にあまりない、そんな作品です。
バンビ

バンビの感想・評価

4.1
名作をやっとみれました。
文句なし
とても、純粋に感動しました。
人を愛して愛されることの大切さ
それが、溢れ出てる作品でした。
今の時代だからこそいろんな人に見てもらいたい
そんな作品でした。
いい映画だなー
すごく
K

Kの感想・評価

4.5
苦しくて、もどかしくて、それでも忘れられなくて、穏やかで、安らかで。
恋に落ちて愛を知って、そんな全ての感情を抱き締めて心を通わせられる人がいることが、素敵だった。
ラストシーンが理想だった。
自分の事もわからなくなった妻アリーをずっと愛し続けるノア。そして、2人一緒にあの世に旅立てるなんて、ほんとに幸せな人生。
アリーがあの時お金持ちの婚約者を選んでいたらどんな老後になっていたのだろう。
自分を1番愛してくれる人とずっと一緒に居られることが何よりの幸せなんだと改めて思った。
ウタ

ウタの感想・評価

4.2
最後の20分くらいずっと号泣でした。

二人で一つ。こんなにも人を一途に愛せるのかと感動しました。

恋とか愛とかよりもっと何か大きくて温かい物が残ります。
映画館で観終わった後、即効で両親に電話して二人でみるべき!
と伝えた思い出の作品。

大切な人に大切な人と観て欲しいです。
zak

zakの感想・評価

3.6
TSUTAYAにいつ行っても貸出中DVDトップ3のうちの一つ。(個人調べ※当時のまま再録)

言うまでもない名作。
初恋が瑞々しく描かれた王道中の王道ラブストーリー。
大勢の方に支持されているのも納得の作品。
みんな大好きレイチェル・マクアダムスも出てますしね。(笑)

実はコレ劇場で観て以来2度目の鑑賞だったんですけど、今観るとちょっと印象変わりましたね。

ノア(ライアン・ゴズリング)は一途に純愛を貫き通すんですが、後半はちょっと狂信的な感じで、なんか怖かったです、、、
家は素敵なんで、住んでみたいと思いましたけどね。(一応フォロー)

あと細かくは書きませんが、ロンとマーサの扱いが可哀想すぎて、やるせない気持ちになりました、、、
まあ純愛を貫き通すには、多少の犠牲は必要と言われれば仕方のないことなんですけどね〜。
なんかフクザツ、、、

やっぱり古き良き、いわゆる現代のようにケータイとか無い時代の物語なんで、尚更良かったように思います。
割と手紙がこの映画の重要な鍵を握ってくるので、もしケータイなんかあったら成立しないですもんね〜。(こんな元も子もない事を言うような大人ってイヤですよね〜苦笑)
ベタなラブロマンス映画が好きな私には一番と言っていいほど好きな映画。初めて観たのはもう何年も前だけど号泣しながら観ていた思い出。好きな人とこんな関係を築けたらいいな。
>|