タイタニックの作品情報・感想・評価

タイタニック1997年製作の映画)

TITANIC

製作国:

上映時間:189分

ジャンル:

3.9

「タイタニック」に投稿された感想・評価

PORK

PORKの感想・評価

3.8
午前10時の映画祭第8回戦。2018年シーズン開幕。

パイパニックのリメイクとして非常に人気の高い今作。それは冗談にしてもケイトウィンスレットのおっぱいを語らずしてこの作品のレビューは完成しない。垂れ気味で乳首も綺麗とはお世辞にも言えないが、なんだろう、「好き」なんだよなあ。

ショーシャンクのアンディというように、ジャックもまた超人なんだよねえ。ネタバレ殿堂入り作品だと思うので、包み隠さずに書いていいと思いますが、自分が死にいく中で「(他の男と)結婚して云々」とは海綿体が裂けても言えねえよ。ジャックから学ぶことは何もない。

そもそも全部ばあちゃんの妄想でジャックなんてのもいなかったんじゃないのかなんて思ったりしますし、ラストの拍手喝采もあの日見れなかったもう決して見ることのできない幻想っていう感じで、僕はとてもそこがツボに入りました。一夜の人の狂乱というダークな部分が僕好みです。

ミスチルのタガタメのディカプリオの出世作はこれか?「録画しておいたから話しよう」とか言ってくるやつの話より、絶対タイタニック見たいと思う。
なつ

なつの感想・評価

4.1
公開当時以来ぶりの観賞。
好みの問題(ベタだからね)はあれど、映画としては面白い。
ここまで映画の世界にどっぷり浸って、時間を忘れさせて貰えることは中々ないかなぁ。
ディカプリオがスクリーンに映った瞬間、震えた。
あの瞳が最も好きなんだけど、美しすぎて、それだけで3時間観てられる。
夕陽とあの音楽、美しい船首のシーン、愉快な音楽と共にダンスに興じるシーン、照れながら絵を描くシーン、
身体を重ねるシーン等…
好きなシーンが沢山。
彼の言葉を胸に力強く笛を吹くシーン、最後のシーンが何時までも心に残るなぁ。
risako

risakoの感想・評価

5.0
あっという間に時間過ぎてる〜

海外行く時の飛行機の中でまた観たい
りゅう

りゅうの感想・評価

5.0
ありがとう午前10時の映画祭!!!
やっと映画館でタイタニック観れました!!全てのシーン大好きですが やっぱり三等室のダンスとケルト音楽は最高ですね。改めて見ると 船尾と舳先のシーンが物語にかかってて 泣けてきます。
BAR 三等室っての作って ギネスとジャックダニエルとローズリキュールのお酒飲んで大往生します
MariOgishi

MariOgishiの感想・評価

4.8
私が密かにずっと使ってるIDの1つには常に rose が入っており、私が一番好きな絵画はモネの睡蓮。美術の授業で一番楽しく描けていたのは木炭で、あれ、私の原点ってこの映画かもしれない、と気付いた。

父が好きで、ビデオが擦り切れるまで観てたタイタニック。いつの日か観なくなり、ビデオデッキも捨てられ、忘れかけていた全ての思い出がローズとともに蘇った気がして

全てのシーンで逐一思い出が蘇って泣いてしまった。
映画の良いところって、全く同じ映像なのに、自分が成長したり、楽しい時、悲しい時で観たときの気持ちが全く変わることだと思う。
昔はジャックが海に沈んでしまうシーンが一番印象的で悲しかったけど、今は、諦めないでと言って笑った顔が忘れられなくて、上流階級の食事会後、時計の前での待ち合わせ、下流階級での"本物の"パーティーで活き活きと笑うローズの顔。
あぁ本当にこの人たちは生きてたんだなぁ。ローズとジャックという意味でも、この時映画製作に関わった人たちという意味でも。
RYoooTA83

RYoooTA83の感想・評価

4.6
午前十時の映画祭にて初めて観た。音楽、ストーリー全てが良かった。ラストシーンは涙。
音楽隊の最期もかっこよかった。
nagisa

nagisaの感想・評価

4.1
180417 CINEMA ONE g-st. 午前十時の映画祭 極音
世界の名作をみようシリーズ!
たまたま地元の映画館で上映してたからスクリーンで観れた!スクリーンで観たほうがいいな◎ジャックがローズに庶民の遊びを教えて、ローズがジャックに上流階級のマナーを教えて、みたいなのよかった。てゆか、ジャックがかっこよすぎるな。内緒でメモ渡して時計のとので待ち合わせ、とか素敵か。2人が仲良くなっていく過程が素敵すぎて、先がわかってるから切なかったなあ。フィアンセの人が生理的に無理すぎてなおさら2人に幸せになってほしかった!よいー!
さくり

さくりの感想・評価

5.0
子供の頃に見てぼんやりとしか覚えてなかったが、先日「午前10時の映画祭」にてリバイバル上映を鑑賞。

ラストシーンでは呼吸止まりそうになるくらい号泣(笑)
好きな人と結婚ができたありがたさを感じ、より感動した。

前半はラブロマンス、後半はきっちりパニック映画。
沈没と死を目の当たりにした人間の愚かさ、残酷さ、美しさ…
様々な人々の行く末に想いを馳せることができる。

実際の事故が題材なので、鑑賞後は思わずウィキペディアなどで詳細を調べたくなる。
s

sの感想・評価

-
先日、シネマシティ 極上極音上映。で、再鑑賞。

何度も何度も、レンタル(ビデオ前編後編の2本が、DVD化1枚にされた時の衝撃たるや!!うっすい!かっるい!)や、テレビで観てきた名作の1本を、劇場の大スクリーンと音響と音声で蘇るローズとジャック。

午前10時の映画祭を18:30に設けてくれてありがとう!

名ゼリフ名シーンごとに、感極まって、劇場で2人の声を聴けただけで体がビビッと反応して、全然泣くシーンでもないところで号泣してしまうので、クライマックス前にもう涙と鼻水でぐちょぐちょだった。

いいシーンが溢れんばかり。!
ローズの回想シーンなのに、ローズの知らない場面がありすぎて脚本的におかしい。と前に三谷幸喜の書籍で読んだことがあるけれど、その時ばかりは、もうわかってなあ!と少し怒りが湧いたのを今でも忘れてない。(それでも三谷幸喜は大好きです。!)
心を打つ悲劇のヒーロー、奇跡のヒロイン に誰もが素直に心奪われるんだ!それがタイタニック!
設計者や船長、演奏家、卑怯者と善人、名もなき人、それぞれが美しく、それぞれに敬意を示したい。きちんと史実を読みたくなる。
>|