きみに読む物語の作品情報・感想・評価・動画配信

きみに読む物語2004年製作の映画)

THE NOTEBOOK

上映日:2005年02月05日

製作国:

上映時間:123分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「きみに読む物語」に投稿された感想・評価

途中からある程度のハッピーエンドが予想できる造りでしたが、それでも くっつけー! と応援せずにはいられませんでした。
カミさんとあんな最期だったら素敵だなー、、いや〜悲しいかな無理だな〜笑
YukiUme

YukiUmeの感想・評価

3.5
最初のボートを漕ぐ映像の美しさ、揺らぐ愛情、認知症の愛、そして最後のご都合主義。最後でマイナス
Amy

Amyの感想・評価

3.8
恋愛ってなんでこんなに難しいんだろう。
なんでお互いに思い合ってるのに進めないんだろう。

こんな男に将来出会えたらいいな。
音楽もとっても良かったです💕
りみの

りみのの感想・評価

4.2
アリーがお母さんと炭鉱に行くシーンが1番好き。

長く生きるほど、後悔することって誰にでもあるのかもしれないと思った。

何十年も変わらず誰かを想っていられるほど素敵なことはないし、ラストは奇跡。
映太

映太の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

おじいさんが認知症のおばあさんに読み聞かせる、ある2人の老人の物語。
実はその物語はその2人の過去の話。

知り合いに「最後のシーンが好き」と聞いて、観ている途中は記憶を取り戻して終わりかと思っていました。
しかしそれでは終わらず、良い意味で驚きました。

この映画好きです。
Ary

Aryの感想・評価

5.0
心がじんわりする物語。

これが愛なんだなと感じた。こんなにもじんわり心に刺さるのは、何故だろう。

束の間、時間を共にする二人には涙せずにはいられなかった。
優華

優華の感想・評価

4.2
ラストは正直想像できたしあまりにも綺麗すぎたけど、そんなこと全部置いといて暖かい気持ちになれる大好きな映画
母が娘に自分の過去を話すシーンが一番好き
べに

べにの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

婚約者と未亡人には幸せになってほしい

アリーの母が炭鉱に連れて行って語るシーン、すごくよかった

途中少しテンポが遅くなるのと、婚約者がいい人すぎることでちょっぴり主人公サイドに苛立ちが募る。ラストはとてもよいので最後まで見られるかどうかが肝
taeil

taeilの感想・評価

4.5
忘れられる度に何度も何度も読んだんだろうな、って タイトルと繋がって感動した
り

りの感想・評価

4.1
泣けると聞いて案の定泣いた
途中ノアがアリーの思い描いていた家を作り始めた時は、過去の恋愛めちゃめちゃ引きずるやん…と自分の中で暗雲が立ち込めたが、そんな自分を戒めたい

記憶を手繰りながら思い出そうとする彼女に優しく語りかける姿、でもすぐに思い出せなくなって悲しむ姿、そして最後のシーンに涙腺がやられた〜
素敵な作品でした◎
>|