きみに読む物語の作品情報・感想・評価

きみに読む物語2004年製作の映画)

THE NOTEBOOK

製作国:

上映時間:123分

ジャンル:

4.0

「きみに読む物語」に投稿された感想・評価

まるこ

まるこの感想・評価

4.0
純愛映画。
キャストのふたりが大好きです。
日常のあれこれに疲れて泣きたくなったときに観たい作品。
いちこ

いちこの感想・評価

3.4
なぜか勝手にどんでん返し系だと思ってて全然違う解釈で予想して観てたら逆に面食らった
普通の純愛ストーリーですよ
普通の純愛なんてものがあればですけど...

このレビューはネタバレを含みます

終始泣きまくり
ロンがかわいそうだけど。。
レイチェルがあのミーンガールズのウザい人と同じに見えない
かとう

かとうの感想・評価

4.6
どこを切り取っても絵になる構図、その構図の中に浮かび上がる原色(主に衣服)、男女愛に基づく脚本、そして主役のライアン・ゴズリング、これ「ララランド」やん...
勿論、結末や、原色の服といっても心情の表現とは考えにくい点(ララランドでは色の配置、変化を巧みに用い、映像が見栄えあるものになっていたのと共に、心情の変化なども表現していた)など、ララランドとは異なる点も多いのだが、あの時こうしていれば、違う道を歩んでいれば、という情念に囚われる様は多くの人々の共感を呼ぶ。
これはララランドに無事上陸、といったところだろうか。とことんまで貫いた愛が美しい終りを迎える。
macco

maccoの感想・評価

3.5
公開当時にDVDで観たやつ。
レイチェルマクアダムスをアバウトタイムで認識して、彼女観たさで再鑑賞。
あれれ…10年も違うのにアバウト〜の方がずっと若々しくて可愛い…
役柄のせいなのか…???

男の人はララランドの人だったんだね。

内容は知ってるからああ、こういう感じだったよねという感じ。
認知症にはなりなくないけど、あんな最期は素敵だな。
外国人の恋愛映画は様になる
日本人の恋愛映画は小恥ずかしい
これなんで?
ジーナ・ローランズ演じる老婦が思い浮かべる情景は美しい映像で表現され、純愛というテーマの物語をいっそう引き立て、心地よく観れる映画だった。女性と男性で捉え方が違うかもしれないが、物語中のヒロインに対して共感できない所も正直あった。大好きなジーナ・ローランズ、歳をとってもやはりかっこよかった。
mayu

mayuの感想・評価

4.5
恋愛映画は今まであまり見ようと思えなかったのですが本作でこんなに素敵な映画があるのかと思いラブロマンスをよく見るようになりました。
こんなに泣いた映画は初めてだというくらい感動した。
こんな素敵な恋愛をして、素敵な最期を送りたかった。。
この映画のお陰で映画を観るようになった。何度見ても泣けて、奥が深いスルメのような映画だ。気づいたら観たくなってる。
ち

ちの感想・評価

4.4
「純愛」
この言葉に尽きます。
ノアの真っ直ぐな愛に心打たれました。
また観たいと思った映画でした。
>|