金色夜叉の作品情報・感想・評価

「金色夜叉」に投稿された感想・評価

Marrikuri

Marrikuriの感想・評価

4.6
お、お、おも、面金色い! じゃなくて、面白い!

[京橋・国立映画アーカイブ  赤澤大助監督による1934年浪花節サウンド版45分間と併せ、こちら清水宏監督の1937年松竹大船ロング(77分)初トーキー作も上映! どっちにも拍手気分!! どっちも、原作どおりに『ちはやふる』を想い起こさせるカルタ場面でオープン。。。]

清水ロング版。
貫一役の夏川大二郎さんは、嵐の大野智を体格良くして倍ほども美しくした感じで、まなざしに常に宿る池部良的な愁いが書生時代から高利貸し時代へと進むにつれて作品によく馴染み、美テイスト。(ほかにも同級生役でイケメン数名。)
お宮役の川崎弘子さんは、夢二的な“なよ美人”。文句なし。
さて、観客全員お待ちかねの、熱海での蹴りシーンは、張手らしきもの一発(当てる瞬間はカット?)と、ふわっとした正面蹴り一発(こっちも同じく)を、遠慮っぽい距離で撮る。────私は幼年期に歴史図鑑の紹介挿絵で彼が彼女をほとんど全力で踏みつけてる(既にうずくまってるのにさらに踏んでる)ふうな足蹴シーンを強く印象づけられたせいで、今回本作でのそのユル描写が物足りなくて(そりゃ暴力はおっかないけど、、、)単に「とりあえず貫一、やっちまったわね」と悪い意味で苦笑。その後も、物語の数カ所でいろんな男性たちの勝手な口ぶりにも失笑少々。でも、、、、時間を追うごとに本作にては貫一の事情と心理にきちんと沿うリアル脚本が効果を上げてきて、、、、脇役の悪女(三宅邦子さん)も効いて、、、終盤ついに、私は貫一を内外両面でカッコいい!と認めるに至ったよ。
脚本の勝利。完結感高いザ・ドラマ。
銀行頭取役(いかめしいけど、ほんの端役)を真面目一本槍に演ずる笠智衆さんが見れたし、「昔の邦画って最高」の思いが高まった。




上記のように優秀な通俗劇だった清水監督版ロングと比べ、併映の赤澤監督版ショートの方は、物語が尻切れトンボ。でも風物の静止画像の多さに品格があり、序盤の女子二人の羽根突きラリー場面なんかがさりげなく国宝映画っぽさを生み、蹴りに至る浜辺場面でのお宮の表情変化&撮影角度が芸術表現の極みだったりして、「面白い」というよりは「素晴らしい」。
それにショート版は貫一役の片桐敏朗さんの凛々しさがまさに「二枚目な書生!」だから、特に前半(書生時代)すっごくナチュラルに映えてた。(高利貸しとなってからはどことなくの不足感もあった。ちょうどロング版の夏川大二郎さんとは逆パターンだ。)
それとやっぱり、お宮役の四条華子さん。白塗りのお顔がちょっと大きめで、美人なのかブスさまなのかなかなかハッキリしなかったけど、上記のとおり浜辺での「貫ちゃん、ゆるしてちょうだい」あたりは完璧な美人角度を次々披露して完璧に妖艶だった。足蹴も、ロング版よりもキレがある。
ただ、アッサリ展開を、親友役が仕切りすぎな気もした。
原作は超どろどろハードコアメロドラマだけれども、そこはソフトタッチにそこはかとなくまとめる清水宏。貫一を誘惑する満枝さんのジワる色気よ。それにしてもスクリーンで味わう清水宏の横移動、気持ちいい。
未完の原作も脚色を加えて、いい具合に完結している。以前に原作を読んだときは貫一にばかり感情移入していたけれど、映画として改めて観てみると、お宮の気持ちだってよくわかる。原作はもう少し勧善懲悪的だったような気がしたので、もしかしたら清水宏監督は原作よりもお宮の感情を深く描いていたのかもしれない。そこがやさしい。
なな

ななの感想・評価

2.0
んあああ、、?
女は男の所有物じゃないぞ?ってかね、いやそれで幸せですかキミ??と問いかけたい。(原作批判になっちゃうから映画批判ではないか)
いや、でも映画としてもなんかグッとこなかったです。好きじゃなかったです。聞き取り辛さはまぁあったけど気にはならなかったです。
myg

mygの感想・評価

3.5
あっさりした足蹴シーンに好感。稀代の(?)メロドラマを淡々と描くのに拳はアツい。脇役もアツい。友情にアツい佐分利信の体操着姿すてきだ。
日本家屋を横切る移動撮影?が印象的だった。
別れ話をする、峠道のような場所、どこだ?

なんか、あんまり声が聞き取れなかった、
録音された感じが聞きづらくて…
昔の邦画みると、よくあるけど
それで半分くらい置いてかれてしまった…
そんかこといってもしようがないのだろうけど

でも、宮さん、好きだなぁ〜
おもしろいお話だった!
没後50年メモリアル
孤高の天才・清水宏
@シネマヴェーラ
an

anの感想・評価

3.5
原作未読なので、昔熱海で無邪気に顔ハメした足蹴シーンが本当に再現されている!という素人的興奮ややあり。日本家屋ならではの室内横移動が印象深い。
原作にある稀代の名シーンをいつもの山道でやったり、屋内横移動カメラだったりと清水宏らしい映画。
三宅邦子の女ぶりが素晴らしく、彼女で締める演出には参ってしまった。
原作が未完だからラストを考えて、それがさっと男に駆け寄る三宅邦子!最高!
ちなみに高峰三枝子もいたようだけど誰か分からんかった…。
ALABAMA

ALABAMAの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

松竹大船作品。政府による検閲の印が確認出来た。愛、金、友情、嫉妬、復讐と人間に絡む煩わしい事を題材に書かれ、幾度となく映画化された未完の大作『金色夜叉』を清水監督は静寂とリアリズムをもって湛然に描いている。金よりも愛を信じた間寛一は相思相愛の仲であった宮に裏切られる。宮は愛よりも安定した生活を求めた。寛一は愛を捨て、大学を辞め、友人を捨て、高利貸しとなって金だけを信じて宮への復讐を誓う。富山夫人となった宮はやがて富山の銀行の経営不信によって金と富山の愛を失う。そこに現れた高利貸し間寛一は富山宮に金を叩き付け、復讐を果たすが、もう壊れたものを元に戻す事はできず、みやの前から姿を消す。
いわゆる昼ドラのようなドロドロ展開にも関わらず、主人公ならびに登場人物はいたって冷静であり、観客は画面で起きている自体を、客観的に静観できる。どの登場人物にも非があり、感情面での共感も持てないというのが、この作品の巧みなところ。
場面の切り替わりにカメラの横移動を使っており、時、場所、状況、登場人物、空間構造を瞬時に視覚的に理解出来る演出となっているのが本作の最も特筆すべきところではないかと感じた。現代にも通ずるものを感じた作品。
>|