あれが港の灯だの作品情報・感想・評価

あれが港の灯だ1961年製作の映画)

製作国:

上映時間:103分

ジャンル:

4.5

「あれが港の灯だ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

若き日の岸田今日子が演じている娼婦が自分と同じ南朝鮮出身の木村を見抜いて彼女から逃げ出すシーンが印象深い。最後には木村に対して理解のあった山村聰さえも信じなくなっているのはキツイな。