幕間の作品情報・感想・評価

「幕間」に投稿された感想・評価

和奏

和奏の感想・評価

4.1
1924年の映画
クラッシック音楽とフランスの映像の美しさそして芸術性が見られる
スローモーションがいい
まぁ

まぁの感想・評価

3.2
「音楽」が…最高…♬
…特に…終盤からラストまでは、
圧巻…♬

「映像」にも色々な工夫(技術)がされていた…♡
(ストップモーション…など…)

エリック・サティも出演しているのね…♬
(…彼の作曲かな?この作品…♬)

…劇中にジェットコースター(ローラーコースター)が登場するのだけれど…
怖そう(な造り)…(笑)

でも……この「コースター」の使い方が……上手い‼︎

ラストカットも…「わっ!」…ってなった…(笑)

「勢い」を感じる短編…(o^^o)

YouTubeにて鑑賞…☆

原題+1924で検索…♪
サティが好きなのでいろいろ調べてたらたどり着いた映画。
動くサティが見られて感動!!!
素敵なおじさんだった。
サティの作る音楽が好きだな〜と改めて思えたな。
映像のこと詳しくないからよくわかんなかったけど、いろいろ工夫してたのは伝わってきた。
歴史の知識がなさすぎて途中までお葬式?だったのもわかってなかったけどおもしろった!
100年前すでにローラーコースターってあったんだね〜!!!
音楽がステキ。へんな映像を並べりゃいいというわけじゃないけどこれは良い。
ジェットコースターのシーンの入り乱れる感じとかの映像技法すごいし相変わらずコミカルで楽しい
Hiromasa

Hiromasaの感想・評価

3.5
サティの音楽と共に、ちょっと奇妙なイメージが断片的に並べられて、それでどうなるというわけでもない。
ただ後ろに行くほど面白くなってきて、ジェットコースターの昇降の反復とかいいし、ラストもなんかかわいい。

大学の授業で知って見た。
眠るパリがめちゃくちゃ好きなので他のも観てみた。 当時のハイエンド編集の集大成感があった。

そういえば白黒でスローモーション始めてみるなあと思ったけど、スロモの技術自体は1904年に装置の特許取られてるらしいので、意外と昔からあるものなんですね
天才!
当時の技術を総結集させたと思われる映像の数々。

サティの独自のメロディラインと映像がマッチしていて
これもまた楽し。
そうかサティはイメージよりも現代人なのかと
気付かされました。
82

82の感想・評価

3.5
スキップ、はしる、回る車輪
シルクハットが飛ばないように抑えながら

アングルや動き ◎
こんなに愛らしい映画の終わり見たことない !
lag

lagの感想・評価

3.9
映像であそぼ。自由、圧倒的自由。ふわふわスローモーションかと思ったらジェットコースターに駆け巡る。それと映り込むパリの遠景などなど。終わると思った? 残念でした!いやさすがに再生時間は終わったけれども。