白い少女の作品情報・感想・評価

白い少女1958年製作の映画)

LA PREMIERE NUIT

製作国:

4.2

「白い少女」に投稿された感想・評価

tiger

tigerの感想・評価

4.2
え、いつの間に電車降りたの?と思ったら並走していたところの戦慄。そして離れていく。
電車のお迎え感のせいで、どうしてもあの世に見える。
原題は“La Premiere Nuit”、『最初の夜』。初恋に落ちた10歳の少年の一夜。何のメタファーなのだろう?

ジョルジュ・ドルリューが代表作『顔のない眼』の前年に撮り上げた、20分前後の短編作。この2年前にアルベール・ラモリスの『赤い風船』、アラン・レネ『夜と霧』が撮られている。

約1分間をかけて長回しで映される、並走する地下鉄の車窓越しに見つめ合う少年と少女のイメージは、名手ジョルジュ・ドルリューによるトワイライトのように煌めくスコアと併せて忘れ難い。可愛らしい初恋の終わりであり、人生の儚さ曖昧さ、そのものでもある。

涙を流した後、少年は地下鉄を出て朝霧の中へと消えていく。その先には、『大人はわかってくれない』の海が続くのかもしれない。
dude

dudeの感想・評価

4.3
ハードな質感のメトロがたまらん。地下でヤバいものに出会ってしまう。
”それは、ほんの少しの想像力を必要とするだけで、最も平凡なジェスチャーが突然不穏な意味を持つようになり、私たちの日常の環境が幻想的な世界を醸成するようになります。”⇒『親密さ』
AS

ASの感想・評価

4.2
きっとメトロ内でロケハンしてる時から既に楽しいやつ。
この奇跡的空間をわずかな時間で堪能できてしまう奇跡的短編

Vimeo
恋に恋して夢に夢見る少年の初恋の解像度なんか気にしない永遠が一瞬に圧縮され幻想的に煌めいていて異様に美しく異常に切ない。メトロ、トンネル、エスカレーター、ガラス、視線、光、影。並走する地下鉄のガラス越しに恋する少女と視線だけの逢瀬を交わし、やがて別れてゆく場面の胸の軋みよ。ラストが川沿いの並木道なのもとても良い。
Hiromasa

Hiromasaの感想・評価

3.0
鬼太郎の幽霊列車のエピソードを思い出したが、実は、決して重ならない「視線」を描いた作品で切なかった。
どうでもいいことだが、視線が「交わらない」とか「ぶつからない」とか言うのは変で、まあ、「ねじれ」の状態ということもあるけど、ふつう問題なのは、厳密に言うと「視線が重ならない」ことだよね。
親密さ。もうすぐ着れなくなるコーデュロイのジャケットがエンドロールで上がっていった。
ソ

ソの感想・評価

5.0
エスカレーターの逆走から夢幻世界へ入っていく。並走して走る電車で窓越しに見つめ合う2人のショットに驚愕。
アノ

アノの感想・評価

3.7
縦に長い地下鉄の構造を奥行きを出すために使い込んでいる。
並走する電車から少女が現れるショットが驚愕もの。
>|