ラ・パロマの作品情報・感想・評価

「ラ・パロマ」に投稿された感想・評価

KICCO

KICCOの感想・評価

3.0
これぞ狂気……(笑)
視線ってのがなんとも強調されてたけど。
怖いね。
静謐さと美しさをたたえた映画です。
主人公イジドール役の俳優さんの顔が、とってもおもしろいです。いい味出してます。
イジドールが歌うシーンの背景に、ぶっさいくな天使(デブでおっさん?)が飛んでました。

(2000年頃?鑑賞。当時の感想のまま)
wkm

wkmの感想・評価

3.5
シュミットがヤバい作家であることがわかった。やってるよ。彼女が信じてくれていたものをわたしは裏切ったのだから、遺言に書かれたことを実行することだけが、彼女に伝えることの許された最後の愛の行いなのだから、わたしは彼女を切り刻まなければならない。えぐりすぎていてもはやわからない次元で泣けた。やってる、シュミット。(そこで終わらせてくれていたら…ラストメタられて残念でした。)
感嘆や恐怖を越えた「映画」の先の先まで行き着いてしまった瞬間が何度かある。真顔で語る素直な映画では到底到達できない、徹底した軽薄さと度を超した胡散臭さで世界を塗り替えていく崇高な表現。野心ではなく結果としての暴力的な傑作。こういった映画ばかり撮っている作家は早死にする。
トラウマ必至。
リンチの元ネタと言っていいでしょ
前半がキマリまくってて、痺れます。
後半は、ひたすら鈍重で幽玄的。
2016(63)
学生時代以来の再見
改めてヨーロッパの怪奇幻想的雰囲気、シュレーターがシュミットの親友というのも頷けるものである
所々リンチに通じる所も
(64)
浮遊感にやられて若干まどろんでたけど、シュミットやっぱ変な監督やなー

@ VHS
dauphin

dauphinの感想・評価

3.8
前例の無い映画。その退廃的な雰囲気には憧れさえ抱いた。劇中に流れるヴィドールのトッカータが印象的だった。
この映画なに笑
BGMがただのホラーでトラウマ。意味がわからなすぎて狂ってくる
ラストカットが超絶かっこいい。 役者がこの二人じゃなかったら絶対に成立していなかったと思われる。
>|