甘き人生の作品情報・感想・評価

甘き人生2016年製作の映画)

Fai bei sogni/Sweet Dreams

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:130分

3.6

あらすじ

1969年、トリノ。 9歳のマッシモの前から、ある日突然母親がいなくなった。司祭から母親は天国にいると告げられるも、彼はその不可解な事件を受けいられれず、喪失感に苛まれる。時が経ち90年代、ローマ。マッシモは腕利きのジャーナリストとして成功を収めてきたが、今もなお過去の傷を癒せず、心を閉ざし夢の中を生きているような生活を送っていた。しかし、女医エリーザとの出会いによって長い夢から目覚め・・・。

「甘き人生」に投稿された感想・評価

Haruka

Harukaの感想・評価

3.0
内向的というか内向しかない。自分のトラウマと向き合って戦って添い遂げていく男の様子を、時系列を交えながら描く。
全体的に雰囲気が良くて、印象的なシーンもあるけど面白くない。この主人公に感情移入できず。

嫌な予感したんだけど、やっぱり私にはイタリア映画難しいわ…。なんか重苦しくて暗いのに、どこかあたたかみと人間味のある感じ。どう見たらいいのか。
Bella

Bellaの感想・評価

4.0
喪失や悲劇を受け入れること。
にもかかわらず、の姿勢でいてこそ道は開かれる。

邦題は合ってない...
hsmt

hsmtの感想・評価

3.0
実話に基づいた物語。
主人公マッシモが幼少期に悲惨な出来事を経験した事で、大人になっても拭いきれないなか、女医エリーザ(顔小さすぎ、まさかの芸人の肩書きも)に出会い少しずつ変化していくマッシモ。
過去、現在と話の進め方が独特な世界観でした。
母親という立場の方が観るとまた違った観方なんだろうな。
良い。
途中、新聞のお悩み回答のくだりで、主人公のアンサーがあまりにもあんまりだったので、え…ベロッキオってこんな安いお涙頂戴なことすんの?って引いてたら編集長もぶちキレてたしそういうんじゃなくてよかった。
ベロッキオは映画の芯がしーんとしててるから良いの。

ショットきれっきれ。
abemathy

abemathyの感想・評価

3.0
愛に満ちた幸せしかない状態で(たとえそれが勘違いでも)、突然愛する人を失ったら、その喪失感は計り知れないということが直球で描かれていた。
「にもかかわらず」を使ってみようと思う。
nori

noriの感想・評価

-
主人公にとっての母は、いつもニコニコしていて、自分を楽しませてくれる存在だった。
それがある朝突然いなくなった。
観ている私でも、母は、ニコニコしているけれど、実は悩んでいたんだろうなと分かる。
のだが、誰も主人公に、そのことを教えてくれた人はいなくて、皆、もう知っているだろうと思って、言ったりもせず、主人公も大人になっても聞きもしなかった。

だから、生きていないはずの母が、どこかにいるような気がすることから逃れられなかった。
もっと、現実を見ろ!って思えた。
やっと現実を知った主人公。
母との楽しかった過去は過去と思い、生きていけると思う。
それにしても、いつまで子供でいればいいんだよ、って思ったりもした。
Tak

Takの感想・評価

3.4
フェリーニ的イメージの反復。
古き良きイタリア映画の香り漂う。
マイク・ミルズには一生かかっても描けない、正真正銘マジキチ・マザーコン映画。素晴らしいエピソードを華麗に散りばめておきながら、ストライクで腹にズドンとくる貫禄。
感想川柳「喪失感 感じ方は 人それぞれ」

レンタル店でパッケージ借りでした。φ(..)

1969年、9歳の少年だったマッシモの前から、ある日突然、母親がいなくなってしまい、司祭から母親は天国にいると諭されるも、その事実を受け入れらないマッシモは、喪失感にさいなまれる。時を経て90年代。ジャーナリストとして成功を収めたものの、いまだ心の傷がいえずにいたマッシモは、彼の苦悩を理解し、愛を与えてくれる女医のエリーザと出会う…というお話。

そんなに悪くないんですが、内容の割に長い気がしちゃいました。f(^_^;お母さんの死は何となく気付きつつも引っ張りますなぁ…。

大人になってからはそんなにトラウマというほどの印象は受けないので、ちょいダラけてるような気もしましたが、あの記事とラストが受け皿になってるのかな?

母への愛が足りない自分にはたぶん響いてない模様( ;∀;)でも大好きだった爺さんが死んだときもあっさり受け入れてたもんなぁ。(*_*;やっぱり何かが欠けてるんだろうな…。それともマッシモが変わってるのか( ´_ゝ`)結局は人それぞれというとこに落ち着く。

「もしも」は敗者の印、「にもかかわらず」が勝者の印は納得。(´・c_・`)

んでまず(^_^)/~~
whitelily

whitelilyの感想・評価

2.2
何度も記憶に蘇る優しい母親の記憶。
突然消えた母への喪失感、それを埋めるために幻を作りあげる少年の防衛本能。記憶は美化されマッシオの脳に刻まれたのだと思う。
成長と共にベールが剥がれていく母の本当の姿。
自身のトラウマと向き合えたときの母親の微笑みがとても美しい。
母は愛しく、憎いもの。
親が子どもに与える無償の愛の大きさは気づきにくくとも測り知れないな、と思った。
>|