甘き人生の作品情報・感想・評価

甘き人生2016年製作の映画)

Fai bei sogni/Sweet Dreams

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:130分

3.6

あらすじ

1969年、トリノ。 9歳のマッシモの前から、ある日突然母親がいなくなった。司祭から母親は天国にいると告げられるも、彼はその不可解な事件を受けいられれず、喪失感に苛まれる。時が経ち90年代、ローマ。マッシモは腕利きのジャーナリストとして成功を収めてきたが、今もなお過去の傷を癒せず、心を閉ざし夢の中を生きているような生活を送っていた。しかし、女医エリーザとの出会いによって長い夢から目覚め・・・。

「甘き人生」に投稿された感想・評価

moviEEE

moviEEEの感想・評価

3.0
なんだろうね、この物足りなさ感は。有名なジャーナリストの自伝がモトらしいが、彼を全く知らないからだろうか、引きずっているものが、ただ暗ーく長い。「敗者は”もしも”、勝者は”にもかかわらず”だ」by神父さん それと”甘き”とパッケージ写真で連想する映画と全然違ったww 90年代後半でその業界なら記事検索ぐらいしたらと思った。
jaja

jajaの感想・評価

-
なぜ、少年の母親は自殺することを選んだのか? 重病を苦にと新聞記事にはあったが、あれほど少年を愛していたのだから、病が苦しいからと自ら死を選ぶとは思えない。▼そうか、癌に侵され死にゆく自分を少年に見せたくなかったのかもしれないな。少年が悲しむ顔を見たくなかったのだ、きっと。▼だとしたら、母親の取ったその選択は正しかったのか? なぜなら彼はその後、人を愛することを放棄したからだ。もちろんそこには、真実を伝えなかった周りの人間の計らいも関係している。▼翻ってあの時、子供達にとった私の行動は正しかったのだろうか?
manekikumi

manekikumiの感想・評価

3.7
隠し隠され…母の面影を背負って 楽しい夢なんか見てる場合じゃなかった。笑
原題イタリア語「Fai bei sogni」→英語直訳「Make beautiful dreams」→英語題「Sweet Dreams」→邦題「甘き人生」。原題は母親が息子にかけた「良い夢を見るのよ」という最後の言葉。そんなこと言っておきながら、と息子を苦しめるのだから一種の呪いとも言える。それがなぜこんな邦題になったのだろう。マザコンの甘ちゃん野郎、という罵倒なんだろうか?
美しい映像。なんとなく洒落た雰囲気の物語。視覚的には楽しめた。
最終的に呪いから解き放たれたのだろうか。「行かせてあげて」で吹っ切ったようにも思えるけど、最後のシーンは思い出として昇華しているのではなく、思い出の中に絡め取られてしまったように見えた。
友達のベストムービーということでようやく見れました

正直、わたしには少し難しいところがあった
何回か見て理解を深めないといけないな
でも雰囲気とか言葉の使い方がすごく素敵やった

この作品をとても好きという友達の感受性が素敵やと思いました
映画に関していつも新しい刺激を与えてくれる 貴重な存在ですね
KazuPSG

KazuPSGの感想・評価

5.0
これも今年観た映画の中でTOP5には入るであろう作品。
最後の隠れんぼのシーンに全てが詰まってる感じがして、一気にジワーッときました。映画は終わり良ければ全て良しとも言えないけど、ラストシーンに全て詰まってる映画って見終わった後にグッときますね!

イタリア映画って大体キリスト教関連の事(司祭とか修道士とか…)が出てきて、イタリアの信仰の深さが垣間みれますが、その一方で信仰に対し、どこか疑問視している部分もある様に感じます。

イタリア人(特に南)は一般的に明るい感じがする気がしていて、実際にそういう部分はあると個人的には感じますが、その一方で闇も深いというのも、改めて感じます。
巨匠マルコ・ベロッキオ、初鑑賞です。イタリアは巨匠が生まれやすい土壌があるのかしら?空気?水?イタリア映画、暑気払いにもってこいですね。

50年程前のナポリ。美しい優しいお母さんと可愛らしい男の子の甘い日々は、お母さんの突然の死で終わりを告げます。母の死を心が認めないないまま、母の事がブラックボックスの様になったままで、少年は危なっかしい思春期を抜け、時が経ち今は記者として働きながら1人暮らしています。彼の心を支え、時には苦しめるのは、子供の頃に母とテレビで見た黒装束の怪人ベルファゴール。しかし彼の長い孤独は、ある女性との出会いで遂に終わりを迎えようとしていました…。
と、無理にあらすじを説明しようとするとこんな感じなのですが、言葉に出来ない詩情や色使い、エキセントリックギリギリの演技などが渾然一体となって呼び起こすフィーリングが、イタリア映画の肝なので、観ないと何にも分からないですね!…どうしよう、頭の中で考えただけのデザートのレシピでも書こうかな…。麩菓子を100本用意してください。それから…

いや、もうホント素晴らしいのです!
印象的なシークエンスが、「もっと見ていたい」と思った刹那、切り上げられ次の回想に。時間軸は頻繁にシャッフルされるものの、そもそも出口の無い思考の、順番になんて意味があるものなのか?出口の門番、ベルファゴールよ!こんなの、もう楽しくないよ!
母以外の女性と始めてダンスを踊った瞬間からの、開放に向かうカタルシス。そして棚上げにしておいた痛みと向き合い、そして遂に30年越しの母の死の真相を知る…。あー、コレ、一回観ただけじゃ全然ダメなやつだ。
序盤の、母がぼんやりと環状線を乗り過ごし少年期の主人公がそれに付き合うシーン。ラストのかくれんぼのシーン。母の内心を想像すると、最後の夜に我が子の寝姿を見つめる母が恐ろしくも思えてきます。真相を知ってからの方が、彼の悩みは深くなるのでは?
…なんて考えると邦題が、もう全く的外れに感じられますね。なんか紛らわしいし。

主演ヴァレリオ・マスタンドレア、渇望と諦観と迷いが入り混じった主人公を見事に演じました。そして、彼に救いの手を差し伸べるミューズ役のベレニス・ベジョ!なんたるチャーム!こんな人が1人しか存在しないなんて、なんたる残酷!キャストはもう皆んな素晴らしかったですねぇ。
…あー、ダメだ。もう一度観るか、いっそ小説読むべきか。日本語版出てるのかな?

☆スーパー・蛇足・タイム☆
他の方が絶対に触れない部分だと思うのですが…
サラエボのパートでの悲惨な現場。戸外で血を流し倒れている女性。室内にはその女性の息子であろうか少年が1人、女性の事を意にも介さぬか、或いは完全なる逃避行動か携帯ゲーム機に熱中しています。ジャーナリストである主人公達は、その少年と(恐らくは)母の姿を一つのフレームに収めるべく…、という非常に印象的なシーンが有りますが、
そこで少年が持っているゲーム機はSEGAのゲームギア。プレイ中のソフトは『ハレーズコメット』、アメリカ・ヨーロッパでは『ハレーウォーズ』の名前で知られる、タイトー1986年作の名作シューティングゲームです。映画に画面は出て来ませんが、オリジナルのpsg音源を二個使用した哀愁漂うメロディは携帯ゲーム機でも健在で…ゴニョゴニョ…

(スーパー・蛇足・タイムは続く!)
タカ

タカの感想・評価

3.4
大好きだった母親の死を受け入れられない男の話
気持ちがわからなくはないけど30年はさすがに長い…
乗り越えようとしたけど乗り越えられないトラウマはあるだろうけど、この男は30年自分の中に籠っていただけのように思う
終盤は見応えがあったけど、序盤から中盤のテンポが悪くてかなり長く感じた
kiki

kikiの感想・評価

5.0
息子が小さい頃と重なった。
ママが大好きだった頃、もっと真剣に遊んであげればよかった。

マッシモもママより美しいと思える人に出会えて今を楽しんで生きて!

みんなマッシモを愛していたから黙っていたんだよ。

私の中では完璧な映画。

もしも と にもかかわらず の使い方、勉強になりました‼︎
ILOVENY

ILOVENYの感想・評価

3.8
幼少期に母親を失ったマッシモはそれを受け入れられないまま大人になっていく。
淡々と物語は進んでいくが時系列に変化があり飽きることなく最後まで見る事ができた。
いくつかのセリフは心に残る。
丸い大きな瞳の少年時代を演じる子役は
戸惑う姿を見事に演じていた。
イタリア人特有の大らかな明るい映画も
楽しいけれどこの作品のようなしっとりした映画も良かった。
イタリア=サッカーという要素が入っているのもさすが👏👏
>|