甘き人生の作品情報・感想・評価

甘き人生2016年製作の映画)

Fai bei sogni/Sweet Dreams

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:130分

3.6

あらすじ

1969年、トリノ。 9歳のマッシモの前から、ある日突然母親がいなくなった。司祭から母親は天国にいると告げられるも、彼はその不可解な事件を受けいられれず、喪失感に苛まれる。時が経ち90年代、ローマ。マッシモは腕利きのジャーナリストとして成功を収めてきたが、今もなお過去の傷を癒せず、心を閉ざし夢の中を生きているような生活を送っていた。しかし、女医エリーザとの出会いによって長い夢から目覚め・・・。

「甘き人生」に投稿された感想・評価

幼くして母を失うということ。

これほどの喪失感を心に抱き
生きていかないといけないのか…
健在な私には到底想像もできない。

友人の母親に母の面影を重ねながら
目を潤ませて甘えていた少年マッシモ
の姿が切なすぎました。

神父の言葉もかなり重く、厳しいもの
でしたが、母の死の真実を知ってなお、
消化しきれない母への想いと虚しさ。

ラストで「行かせてあげて」という
彼女の言葉で、彼の心の中から母親の
魂は解放されたのだろうか…

気付くと涙が溢れていました。
深い作品でした。

幼少期を演じている少年2人がとても
美少年で、上手かった!
美男子マッシモが野生味溢れる大人の男になってしまったのが残念
AT

ATの感想・評価

3.8
これはイタリア映画らしい味のある良作だと、見始めから感じた!
まだまだ母が必要なときに突然母をなくす心の傷の深さを掘り下げていて、主な舞台となるトリノも魅力的に映されている。
芸術的な映画!

舞台のトリノのホームスタジアムが見える部屋の素敵さにうっとり。そしてあのトリノのスタジアムのことも思い出せて嬉しかった。
幼いマッシモがパパとトリノのホームゲームを観に行くシーンも好き。
くみん

くみんの感想・評価

4.5
サッカー場、えんじ色のマフラーと帽子、お父さんの書斎のナポレオン、プール、学校、記者としての自分、母と過ごしたクラシックな家、彼の守護神でもあるベルファゴール。すべてのものが意味を持っていて。そして、裕福な巻き毛の友達のおうちのゴージャスさ、ため息もの。

よかった!せつない、でもたくさんの人に守られて大人になった彼、ちっとも甘き人生ではないよ彼の人生、そうも思ったけれど、目をそらしていたのは本当は自分だったのかも。父と再会した場面どんなシチュエーションなのかな、調べてみよー、何かもっとわかるかも、サッカーの歴史とか、トリノのこととか。

このレビューはネタバレを含みます

作品に描かれた人生、、
甘き、
だとは、私は思わない。

誰かと比べると、
甘き、なのかもしれないが、
誰かの人生と比べる、なんて
してはイケナイ事だと思う。

甘き、に見えても
人は誰だって、なにかを抱えて
一生懸命に生きている。
福之助

福之助の感想・評価

3.0
母親は政治的な何かで連れて行かれたのでは?そう思わせながら映画が進んでいくのですが…
劇中のセリフ
「もしも」は敗者の印。勝者が使うのは「にも関わらず」だ。これ印象的でした。
それにしても良いお母さんだったんですね。
学校の授業にて鑑賞。
途中ウトウトしてしまいました。
すんません。

しかし、なぜ邦題が甘き人生なのか誰か説明してくれい。

母親が亡くなったことで、死ぬまでついて回る喪失感。母を亡くした子供の頃の自分とともに歩んでいく。

最後が心締め付けられましたね。
狭くて光も微かしか入らない小さいダンボールの中で母に抱きしめられる。この切なくて温かい空間...このカットは最高でした。
❮WOWOW❯

どうやら私はマルコ·ベロッキオが苦手らしい。
Natsuho

Natsuhoの感想・評価

2.9
大人になっても男の人は母親の影を追い続けてるなー。。。
思ってた映画とちょっと違ってた。
かなりの名作なのではないでしょうか。
そんなに評価は高くないものの、すごく自分は刺さりました。

幼い頃に母親を亡くしたマッシモの少年時代を得て大人になるまでを時系列を少し崩して描かれています。

この作品には様々なメタファーとなるものが散りばめられていたり、リアルな感情がすごく丁寧に描かれていました。

幼い頃に母親を亡くし、大人になっても何か引っかかっているマッシモの感情をこの作風は重々しい雰囲気とセリフで表現されています。

自分的にはラストの終わり方がこの作品の全てだと思います。

この作品は長々書いてしまいそうなのでこの辺で失礼します。またすぐに観たい。
>|