遥かな時代の階段をの作品情報・感想・評価

「遥かな時代の階段を」に投稿された感想・評価

Yucky1018

Yucky1018の感想・評価

3.9
映画館の中にある探偵事務所だから映画館の入場券が必要っていう決まり…。笑
シリアスとユーモラスのバランスが相変わらず良くて面白かった。
"白い男"の役者さんの声が良い。
nori007

nori007の感想・評価

4.0
俺にとって時々、見返したくなるのがこのシリーズなのです。
今回も横浜でイベントに出るので、ひさびさに見返してみた。ようつべに上がっててとても助かる。
この世界観が最高なんだよな。音楽、街並み、キャラクター、すべて最高。
もちろん物語的には不備な面も多々ある。何故マイクは復讐として人を殺しに行こうとするのか?何故ロシアンルーレットを怖がりながら受け入れるのか?
まあそうした作りも90年代の荒削りな感じと言えなくもない。
また復活してくれないかな~。

---------------------
2015/04/23 23:54
横浜は、観光地こそ小綺麗な場所ではあるけれど、その周辺の地域はどこか怪しさを漂わせた街が沢山ある。今作ではそんな横浜のアンタッチャブルな部分を影で牛耳る人物と対峙したり、マイク兄妹の生い立ちも明かされていく。

今回も濱マイクワールド全開で、人情味あふれる街の人々が出てきたり、マイクの妹に対するぎこちない兄弟愛も描かれ、新世代の「男はつらいよ」的な雰囲気も漂うのだ。

劇中で「あの頃とはずいぶん変わっちまった」と言うセリフがあるのだけど、それからさらに20年。今の横浜にマイクワールドはどれだけ残っているんだろうか??
● '96 9/7『日本映画の気になる男優達(アイツラ)①永瀬正敏』特集上映
9/8 1:50→2:00〜 文芸坐にて観賞
フィルム上映

同時上映:
「コールド・フィーバー」
「我が人生最悪の時」
「罠 THE TRAP」


●'96 6/?〜レイトショー上映
(初公開: '95 3/18〜)
配給: フォーライフレコード
ワイド(シネスコ) ドルビーステレオ
6/25 21:10〜 SPACE PART3にて観賞
フィルム上映
パンフ売り切れ
(117)
いつの間にかナンちゃんを待ってる俺がいた

面白かった
2015.5.31

ついに購入したDVD-BOXにて鑑賞。

初見は15歳。今回は5回目くらい。

マイク、カッコいい!

このレビューはネタバレを含みます

永瀬正敏主演、探偵・濱マイクシリーズの第2作。
横浜の“川”を支配するという“白い男”。
マイクは刑事の中山から川沿いで起きた事件の調査を依頼されるが、“白い男”の組織から命を狙われ始める。

前作「我が人生最悪の時」はモノクロ映画だったけど、今作はカラー作品になってます。
横浜・黄金町を舞台にした個性的な雰囲気とノリは、テーマ曲の効果と相まって独特なスタイリッシュさを醸し出してると思う。
ただ、全体的にワザとらしいというか、ケレン味の強すぎる演出や舞台が目に付きすぎる感じもする…。
安っぽさとの紙一重な気はするけど、まあ作風としてはありなんじゃないかな。

ストーリーについては、作品の主人公は探偵の濱マイクだけど、話の主人公は“白い男”、みたいな印象だった。
終戦直後の青線地帯と化した黄金町で、その町で暗躍し続けた“白い男”。
半世紀が過ぎて彼が守ってきた“川”や“川の掟”に対する感慨の描き方を見れば、明らかにタイトルも“白い男”の映画だと言っているか。
その上で“白い男”がマイクの父だという設定は、ちょいと出来過ぎな気もするけど…まあ良いかw

横浜を裏世界と共に生きた“白い男”の映画と思えば、まあカッコイイ気はする。
そういえば劇中でメリーさんにも言及していたし、総じてこの映画は戦後を生きてきた横浜が主役なんでしょうな。
やっぱり星野くんは南ちゃんだよね。TV版じゃ出なかったし
トミー

トミーの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

カラーになったことで、演出力が削がれるかと思ったがそんな心配は無用であった。

「戦後」で時の止まった路地の演出や、
前作から続く音楽なども本当に素晴らしい。

強いて言えば、あの強欲刑事に何の制裁が下らなかったことだけが少し気になる。
hatahei69

hatahei69の感想・評価

4.5
本当にこのシリーズが大好きなのです。
この2作目のエンディング曲がとくに最高(о´∀`о)
at1000

at1000の感想・評価

3.4
面白いのですが、カラーになったことでのカッコ良さが減衰してしまっている印象を受けました。それ以外の魅力ももちろんあるのですが、私個人の好みとしては前作の方が好きなので、この点数になっています。
しかし、濱シリーズ好きもそうでない人も共に普通に楽しめると思いますので、ぜひ。
>|