クリーン、シェーブンのネタバレレビュー・内容・結末

『クリーン、シェーブン』に投稿されたネタバレ・内容・結末

視覚と聴覚に直で訴える不快感。

妄想の記録は音だけ、映像がないことで曖昧になる。

最後に死が用意されているのが良い。

以前に統合失調症を明るさと温かさも含んで描いた『僕の頭の中の落書きたち』とはうってかわってダークでじめっとした雰囲気の映画。

向こうは割と明るく描いていたので、真の統合失調症ってこんな感じなんだろ…

>>続きを読む
髪の毛切ったり、髭剃ったり、体毛剃るシーン、一度は経験ある想像できる痛みなのがめちゃくちゃ嫌だった。

劇場で観た後、DVDが発売されて喜んで購入。やっぱり悪いのは刑事。帰ってきた息子に笑顔のひとつも出さなかったお母さんが、彼の洋服を干しながら泣いていたのが、胸に響きます。お父さんとはすぐ打ち解けた娘…

>>続きを読む
自傷シーンのクオリティが高く薄目で鑑賞。泣

亡き父に無線で何度も呼びかける幼い娘…胸が苦しくなる。
記録

ずっと加害者だと思っていたから、ラストはえっ?となってしまった!

こんな不快な中クリアに考えるのは難しいよね。何とも不思議な脳の働き。

飲食描写大好きなのでメモ
・砂糖たっぷりコーヒー3杯
・セルフサンドイッチ(四角いハム!見たことないけど理にかなってる)
・出されないお茶

実家や母親の雰囲気が、刑事が訪ねたときは全然違うように感…

>>続きを読む

ラジオの電波を拾うプチプチした音と脳内に話し掛けてくる不穏な声が常に付き纏い、それから逃げたいだけという「統合失調症」と思われる病を抱えているピーターの痛々しく破滅一直線を描く80分が重い。
刑事と…

>>続きを読む

頭に受信機、爪に送信機が埋め込まれていると信じるピーター。
養子縁組に出された娘ニコールを探す。
女子殺人事件があり、その犯人がピーターだと思い彼を追跡し殺してしまう。
ピーターは精神に異常をきたし…

>>続きを読む

2022年13本目の映画

切ねぇーーーーー
ただひたすらに切ない
グロ耐性あるはずなのに盗聴器?受信機?取り出そうとしてるシーンはなんだかとても痛かった

続きは後で書く📝

2022/07/08…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事