ダーティハリー2の作品情報・感想・評価・動画配信

ダーティハリー21973年製作の映画)

MAGNUM FORCE

製作国:

上映時間:123分

ジャンル:

3.5

「ダーティハリー2」に投稿された感想・評価

Ryuji

Ryujiの感想・評価

3.5
前作より観やすくなってた気がするよ。最近のアクション映画なんかと比べると派手さはないけどね。まーでも、普通に刑事モノとしてじゅうぶん楽しめた。
今回も容赦ない!
日本なら絶対ありえないよな〜
いや、アメリカでもありえないか。
警告なしの発砲なんて当たり前!悪い奴に権利など無い!
バイクにまたがるクリント・イーストウッドが、現代版西部劇を見てるようでカッコいいです。

このレビューはネタバレを含みます

『奴らを高く吊るせ』に引き続き鑑賞。

同じテーマを扱ってると言って良いんだろうけど、個人的には『奴らを〜』の方が好み。

『人が人を裁くとは』をテーマとして扱うので、ハリーのキャラクターに矛盾が生じるのでは?と思っていたが、『相変わらず』だった。ブレない。
悪役が『前作では“左より”』で『今作では“右より”』だから、見方によってはブレてるように見えるかも。

ただ、殺人警官集団よりは遥かにマシだけど、それでもハリーも『個人の判断基準に基づいて』ガンガン撃ち殺してる。『やり過ぎ』に感じるのは、私が日本人だからか?

関連作品『ダーティハリー』『奴らを高く吊るせ』
叫び

叫びの感想・評価

4.0
2作目といってももう47年前の映画。警官のかっこして悪党を殺す謎の暗殺団の正体はやっぱり警官なのであって、しかもエリート集団。法で裁けない悪を前に自分たちの手で処刑してやろうと次々と死んで当然のヤツラを殺してく。どっちがダーティなんだ、と突っ込まざるを得ない。ラストのセリフが痺れる。身のほどをしることだ。
マンガで紹介してマスク!!

https://ameblo.jp/masked-ryoma/entry-12634839915.html
 イーストウッドがいるだけで画が持つ。射撃場のシーンが地味ながら好き。
enter

enterの感想・評価

3.8
性豪伝説C.イーストウッド
キャラハン刑事はいつも最高
chip

chipの感想・評価

3.7
真っ赤なバックに
ハリーが持つ黒い拳銃がずっと映っていた…
印象的なオープニングでした。
ダーティハリー、1のオープニングも拳銃が映っていました〜こちらはプールを狙っていましたね。
やっと2を観ました。


50年近く前の映画にしてはスタイリッシュな印象だった前作に比べて、こちらはほとんど音楽も無く…123分はちょっと長かったな…


アラフォーのイーストウッドはカッコ良かったです!
銃を入れたホルスターを掛けたワイシャツの後ろ姿は、とてもセクシーでした〜♡
ハイジャックの飛行機に乗り込んだときは、パイロットの制服姿で…似合ってました〜
操縦はできないけど…w
上層部が面倒なことを彼に押し付けるのも前回通りのことで…
そんな損な役回りのハリーね〜


プールの惨劇again…
前作のオマージュでしょうか?


サンフランシスコ、
ゴールデンゲートブリッジを走るのは、ハリーが乗る大きなアメ車がよく似合っていました。


終盤の白バイ対決、
バイクに乗ったハリーもカッコ良かった!
そして胸がスッとするラストでした。
風神

風神の感想・評価

3.8
シナリオ的に、シリーズで一番好き!

まだ元気なハリー・キャラハン!
マグナム片手打ち、最高ですね!
>|