天国と地獄の作品情報・感想・評価・動画配信

天国と地獄1963年製作の映画)

上映日:1963年03月01日

製作国:

上映時間:143分

4.1

あらすじ

みんなの反応
  • 分断された階級社会というテーマが描かれ、社会問題を取り上げている。
  • 黒澤明監督の巧みな演出により、前半のシーンも飽きさせず、緊張感ある展開が続く。
  • キャスト陣の演技が素晴らしく、特に山崎努と三船敏郎の存在感が際立つ。
  • 犯罪エンターテイメントとして極上のサスペンスであり、緊迫感がすごい。
  • 豪邸と貧困街という対照的な舞台設定が、物語のテーマを象徴的に表現している。
この情報はユーザーの感想を元に自動生成しています

『天国と地獄』に投稿された感想・評価

4.1
8,155件のレビュー

誘拐犯に身代金を要求され、他人の子供の命と、自分のキャリアや財産、どちらを選ぶか究極の選択を迫られ苦悩する権藤。どちらを選んでも身の破滅が待ち受けていることも含めて権藤に感情移入し、序盤からおおいに…

>>続きを読む

数十年ぶりに観た。山崎努しか覚えてないのに「出演者」のとこでは「よく見たら10人づつくらいの欄」に載っていただけで、まさかの脇役扱い。他の役は他の人でもできるけど(スミマセン)、山崎努のあの役は山崎…

>>続きを読む

このレビューはネタバレを含みます

懐かしい顔がたくさん見ることができました。
それにしても三船敏郎は格好いいなあ。
この映画のように見ていて飽きないものを求めます。
Jun

Junの感想・評価

4.7
ラストの、アクリル板の反射によって三船敏郎と山崎努が一つの画角に映るのが映画らしくて好き

めちゃくちゃ面白い。
身代金を払うかどうか悩む三船敏郎が滝のようにシャワー浴びるシーンが好きすぎる。
ダンサブルなヤクの売買も笑えた。
踊る大捜査線の色付き煙や、羊たちの沈黙の面会室で重なる顔といっ…

>>続きを読む
りな

りなの感想・評価

3.0
犯人イケメンだなと思ってたら山﨑努の若かりし日だったとは。ラストの演技見れただけで見る価値あったかな。

芸術的に良い映画は半ば退屈なものと思っていました逆に、楽しい映画は芸術的にくだらないと思っていました。しかし本作に芸術とエンタメの両立を見ました。何故?
艶やかなセリフ。素敵なまま効果的でもある音楽…

>>続きを読む
Yuichi

Yuichiの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

黒澤明の現代物もまた面白い。

赤い煙が出てくるパートカラーのシーンが、踊る大捜査線の映画でオマージュされていたのと、踊る大捜査線はそれがきっかけで逮捕につながるので、本家もそうなのかと思っていたら…

>>続きを読む

どんな下手な推理ものにも必ず存在するもの、それは思い出すこと・記憶、それってすなわち映画!
といったようなことをまさか黒澤明が教えてくれるとはね。だからこそピンクの煙とかまじでやめてほしいね。人間心…

>>続きを読む
Supernova

Supernovaの感想・評価

5.0

"High and Low"

史上最高峰のミステリー映画に出会いました。
そして史上最高峰の映画です。

俺如きが説明するまでもないでしょう。

原題はもちろん最高だけど、英題も直訳でないにも関わ…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事