フランケンシュタインの花嫁の作品情報・感想・評価

「フランケンシュタインの花嫁」に投稿された感想・評価

古典ホラーの大傑作。今作の4年前のフランケンシュタインの続編。フランケンシュタインの怪物のビジュアルや動き方などを思い浮かべる際の基本形がこの2作品で決定付けられたのが分かる。彼は色々気の毒なのだが中盤で良い話もある。そして女性版が作られるわけだが…(それよりもプレトリアス博士の作ったアレたちは凄すぎる)
これはなかなかの悲劇だ。
horahuki

horahukiの感想・評価

4.0
怪物は生きていた!
誰にも理解されない孤独な怪物が、フランケンシュタイン博士に「友だち」を作るよう迫る『フランケンシュタイン』の続編。

恥ずかしながら初鑑賞です。
名作として名高い『フランケンシュタイン』の続編でありながら、それと同等以上の評価を得ている本作。原作であるメアリーシェリーの小説の一要素として登場する花嫁のエピソードを取り入れることで、ジェームズホエール監督の原作に対するアンサーのような意味合いのある作品になっていました。

ゲイだったジェームズホエール監督の私的な思いを存分に取り入れた作品としても有名な本作ですが、そういう視点で見るとフランケンシュタイン博士(男)とプレトリウス博士(男)が協力して人造人間(子)を作る作業は意味深に思えてきますね。

プレトリウス博士はフランケンシュタイン博士に対して「生命の創造」という人としての禁忌を再び犯すよう何度も囁きかける。そう言った意味ではプレトリウスはメフィストフェレスのような誘惑の悪魔だと考えることができ、一度神の領域を犯したフランケンシュタイン博士の魂を再び陥れようと画策しているわけです。

一度人としての道を踏み外したフランケンシュタインにとって、エリザベスは人としての真っ当な道を歩むための道標。その道標を盾にフランケンシュタインに決断を迫るプレトリウスの悪魔的誘惑はフランケンシュタインに対する神の領域を犯したことへの罰であり、人としての再生という道などないという究極的な絶望を感じさせる魂の牢獄。

だからこそラストシーンで放つ怪物の言葉は、決して生み出されてはいけない創造物としての怪物が達した自覚と受容、そしてフランケンシュタインにとっては何ものにも変えられない最大級の赦しとして、観客の胸に深く突き刺さる。

また原作における希望でもあり絶望でもあった農場のエピソードも採用されており、理解されづらかったマイノリティとしての監督の思いを実現させたシーンへと原作を発展させているし、内面的対話の温かさと安らぎが、先入観の根深さや強固さを対比的に強烈に訴えかけてくる。ここの改変もホエール監督の原作へのアンサーとしての側面が大きいのだろうと感じました。

広い室内で慌ただしく動く人々を横への移動で捉える映像が非常に多く使われており、画面内での躍動感が増し、「騒」というイメージをより一層強くしているし、柱等の障害物を隔てた位置にカメラを置くことでどこか滑稽な印象をも与える。斜めにぶつ切りにした映像を左、右と矢継ぎ早に挿入するのも面白く感じました。

豪雨と雷鳴の中、画面奥に聳え立つ荘厳な趣きの城の内部に少しずつクローズアップしていく冒頭も好きだし、瓶の中に住む小人たちのコミカルな感じは単純にすげぇ…ってなった。怪物の心境を表すかのような枝も葉もない枯れた木々が並び立つ森の中を松明を掲げた人々に追い立てられるとこも良かった。

ダークユニバースの次回作が本作のリブートになるはずだったわけだけど、今だからこそ本作をリブートする意味があるんじゃないかな。ダークユニバースを頓挫させた『ザ・マミー』の罪は大きいですね。。。カリスたんを出せばきっとこうはなってなかったはず!!笑
ノッチ

ノッチの感想・評価

4.0
前作で死んだと思われたフランケンシュタインの怪物は生きていた。

そんな彼のために、邪悪な博士・プレトリアスは彼の相棒を造ろうと試みる。

1931年に発表された、ユニヴァーサル制作の『フランケンシュタイン』は、当時世界的にヒットし、額が広く、接ぎはぎがあり、ボルトまで突き出た異様な頭部を持つ巨人、という怪物のイメージを人々に決定的に広めたと言われている。 

本作はそのホラー映画史上の伝説的作品の続編である。 

怪物の花嫁が実際に誕生するという点が、この作品の一番の特徴です。

個人的には『フランケンシュタイン』以上にこの続編の方が好み。

内容はモンスターに花嫁を作る話。 

物語は、作者であるシェリー夫人が「前作には続きがあるのよ」と語るところから始まります。 

「あれでお話は終わりではないんですのよ。続きが気になりますか?うふん❤」

異形の怪物として生まれたことの悲哀は、前作以上に色濃く描かれる。 

盲目の老人と怪物とのエピソードはベタながら秀逸。 

このシーンは、明らかに原作の盲目のド・ラセー老人との交流をモチーフにしています。

こちらの怪物の方は、片言で幼児並みの喋り方しか習得できない点は残念です。

ただ、原作では叶わなかった盲目の老人との暮らしが実現します。

思い出すのは、前作『フランケンシュタイン』での少女との交流の場面。

容姿に偏見を持たず、本質だけを見抜ける彼らとだけは心を通わせることができる可哀想な醜い怪物。

「トモダチ…トモダチ…」と呟きながら森をさ迷うシーンはマジ泣ける。

ラストも含めて、あまりにも不憫で観てられなかった。

コメディ、ブラックユーモア、マッドサイエンティスト、人間の業、孤独…それぞれに考え込むような深いテーマ性はないが、物語として実に豊かだ。

そしてそれに呼応するようにストーリーラインも複雑さと構造性を持っていて容易に先が読めず、「これからどうなるんだろう」という観客としての興味も最後まで尽きない。

映像は確かに古いですが、物語としては今観ても色あせるところがまったくありません。 

しかし、花嫁は可愛いけど怪物に対して失礼だ。

自分だってへんな動きなのに、あれはないと思う。 

ちなみに花嫁を演じたエルザ・ランチェスターは、冒頭プロローグで登場した原作者メアリー・シェリーも演じているが、全然気付かなかった。

この作品は、映画『フランケンシュタイン』の続編であるだけでなく、メアリー・シェリーの原作の続編にもなっています。

そういった点でも、名作と呼ぶに相応しい作品です。
UMLで散々観てたのに映画観てなくて、やっと…!
新しく出てきたマッドサイエンティスト、すごい技術だけど思考が狂ってる。
2人が協力して妻を…死体を継ぎ合わせた者同士をくっつけるってどういう思考回路してるんだ…。
逃げたフランケンシュタインと盲目の孤独な老人の和やかな時間
一時の安らぎ、自警団が訪ねて来なければ幸せに過ごせただろうに。
てっきりハッピーエンドなのかと思ってた。
結末が悲し過ぎる。
古典的テーマの中でも根強いフランケンシュタインもの…

これは記録漏れ、モノクロ、アナログでも迫力は充分だ

これにしたって自分の生まれるかなり前の作品…

ただ、昔は良かった、昔観た作品の方が良いという「思い出補正」ではない

実際、和洋問わず現代の映画界では肝心のネタ、オリジナル脚本が枯渇し、いくら映像革新だけが進んでも内容が伴わず、アクション映画など動きだけで言えば(映画・ゲーム・アニメ)の境目が縮まっている💧

(IMAX等と合わせ、まるで遊園地と揶揄する声も少なくない)

物語に集中したり、余韻に浸る事が少なくなってきている…実際、最近の劇場鑑賞で観た映画の内容をスラスラ言えるかと言えば、流行歌のように大枠のイメージしか思い出せない💧

某アクションヒーローなんか大好きだったのに、もうカクカクササッと動いてて、ありゃゲームキャラであって感動やドキドキハラハラなんか出来ない…

話は大脱線したけど、古典的なものが新鮮で、現代の物が色褪せて感じる事が多いのに本当に嘆いているのは本音…。💧
McQ

McQの感想・評価

3.5
ヘンリーはプレトリアル博士の研究を〝魔術〟と呼ぶが、どちらかと言うと怪物フランケンの方が魔術的な気が、、博士の技術に関してはヘンリーの比ではない。もはや神の領域に見えた!(笑)

正直、ウォーホルの変態フランケンのが好きだけど、後のモンスター映画に与えた影響を考えると神々しくさえ見えてくる。

花嫁のビジュアルが中々良かったのに叫ぶと只のおばちゃんに見えた、、汗
ぺ

ぺの感想・評価

4.0
実は前作のフランケンシュタインには続きがあっての…。
生きてたのかお前!

今作もなんだかなーとなる悲しいお話。
少しぐらいわかろうとして欲しい。
泣けてくる。

このレビューはネタバレを含みます

前作よりもメロドラマ要素が強い。怪物が盲目のおじいさんと交流するところとか泣けるし。花嫁の造形も表現主義さながらの出来ばえでカッコいい。

とはいえ、怪物が言葉を覚えてからは要らない道徳心も一緒に身につけてしまい、最後は悪党を成敗するヒーローになろうとしているのが、何とも寒い感じになってしまっている。ずっと「ウガー」と言っていてほしい。

このレビューはネタバレを含みます

生きとったんかい?!こやつもあんたも。

「新しい種の創造」
それは神のご意志か?!悪魔の仕業か?!
新たな変態プレトリウス博士と懲りないヘンリー・フランケンシュタインの共同作業。生み出されたのは悲劇。

盲目の老人との心の交流によって、善悪の基準を学び、言葉を覚え、友を求めるようになる怪物の成長が微笑ましい。

創造のための装置の造形と規模が、前作よりも格段にレベルアップしていてワクワクした⤴
あと瓶詰めホムンクルスたちが素敵✨
ピンセットでつまみ上げられたキングが超可愛い💓

花嫁の出演シーン短すぎて笑笑(*^ω^)ノ
インパクトは凄いけどね⤴

「友だち...嫌われた...」
絶望の果てに怪物が取った行動は...実はこの話...さらに続いていきます'`,、('∀`) '`,、
切なすぎる...
ブサイクな男はどうやって生きればいいんですかね...

おれ...ともだち...ほしい...
>|