ある関係の作品情報・感想・評価

「ある関係」に投稿された感想・評価

nagashing

nagashingの感想・評価

3.5
さまざまな小道具を用いて緻密に伏線を張りめぐらす脚本が巧み。逢引の部屋で伸張する影、毒を仕込むナイフに反射する光、やましさを代弁する猫のワンカットなど、背徳的なイメージもなかなかいい感じに横溢。構成にムダがなさすぎてオチまで読めてしまうのが難点だが、不倫関係にある男女の茶番のおかしみが、滑稽な因果応報の極致へと無理なく跳躍していく終盤はとにかく笑える。ハッピーエンドとすら思える秩序の顕現。
三木裕子の戸の破壊のタイミング・仕様と同じくらいに、整理されていないスリッパ/または出前の痕跡/小中の火鉢、船越と三木が常宿してる連れ込み宿の同じ場所(階段上がったとこの脇)の場末感たっぷりディテールが毎回違っていてセレクトもたまらなく素晴らしかった。
waltz

waltzの感想・評価

3.7
不倫のドロドロした映画かと思いきや、まさかのサスペンスな展開。いや、最後はもはやコメディだし、菅井一郎が全部持っていった!
tukahon

tukahonの感想・評価

4.0
淡島千景演じる妻が熱海に出かける際の口にする「掃除しておきたかった」の台詞がいいなぁ
2018年3月4日、シネマヴェーラ渋谷にて鑑賞。(2本立て)
木村惠吾監督の大映映画。(未DVD化作品)
なかなかドラマチックな不倫サスペンス映画だった。

ある会社員(船越英二)は妻(淡島千景)が居るにもかかわらず、妻のいとこ(三木裕子)との不倫関係を続けている。

不倫関係の2人が、それぞれ独自に男の妻(淡島千景)を殺そうとするのだが、ビックリの展開を見せる。
映画館の観客みんなが、「え~っ!」と叫んだ意外過ぎるラストに拍手を送りたい!

<映倫No.12685>
imapon

imaponの感想・評価

3.8
サスペンスとしてのハラハラはどうなんかなと思って見ていると熱海の旅館からのツイストに面食らった。
コメディ転機として登場する端役、菅井一郎と松村達雄が最高。
ラストは想像が付いてしまうけど、もうその時点でコメディに転してるので楽しめちゃう。
一

一の感想・評価

-
まんまとおもしろーい!ひどい話だけどサックリしてて洒落ている。こういう映画ばっかり観てたい。旅館の旦那のボヤキ加減とかたまらない。場内度々笑い声。気分がいい。
面白いけど、あまり書くとこれから見る人がつまらなくなるので自粛。
「シネマヴェーラ的大映男優祭」
@シネマヴェーラ渋谷
buccimane

buccimaneの感想・評価

3.5
コンパクトでサクッと見れるし人に言いたくなるようなストーリー。
特にラストの場面に週刊誌を置いといたのにはスマート過ぎてまじうなった。
すぐ居なくなったコはどうしたのと思ったけど。
あと淡島さん出演の映画久々に見たけど、たくさん素敵な女優さんはいらっしゃいますけど結婚するなら淡島さんかなという思いを新たにした。
しかし熱海で淡島さんのお顔を見せてくれないのは節約したんじゃないかと思ったけど。
菅井さんデカももっと見たかった。
いやラストの突き放し感が凄すぎてワロテしまいました笑
黒い船越英二さんがまたなんとも良いですなぁ
>|