背徳のメスの作品情報・感想・評価

上映館(1館)

背徳のメス1961年製作の映画)

製作国:

上映時間:88分

ジャンル:

3.8

「背徳のメス」に投稿された感想・評価

大阪が舞台なのに田村高廣が得意のねちっこい関西弁を封印しているのが気に食わない。いきなりレイプするのもヒドイ。

久我美子が山村聰に何度も「オールドミスのクソババア」と言われるブス役。もちろんちょっとどころかかなりのミスキャスト。谷本小夜子みたいな女優じゃないと説得力が全然ない。美人女優としてやりがいのある役だろうけど。

確かに名作だとは思いますが、久々に再観したら、何だか何かと古過ぎて好きになれない映画になっていました。
<新文芸坐セレクション 絶対に観てほしい邦画サスペンス必殺の22本 ’50~’70年代> 19:00開映(20:50開映『左ききの狙撃者 東京湾』併映)