時計じかけのオレンジの作品情報・感想・評価

時計じかけのオレンジ1971年製作の映画)

A Clockwork Orange

上映日:1972年04月29日

製作国:

上映時間:137分

3.8

あらすじ

「時計じかけのオレンジ」に投稿された感想・評価

Kota

Kotaの感想・評価

4.9
“健康な人間は憎むべきことには恐怖と吐き気で反応するものだ。”

ワーナーのLPデザインBlu-rayを購入したので、5年ぶりに鑑賞。改めてしっかり観るとヤバすぎて凄すぎると痛感。他の映画を映画と呼べなくなるくらいの衝撃。初めて観た時はアメリカ留学中の映像学の授業で、字幕もなく(スラングがめっちゃ多いし)あまり理解もできず、レイプシーンで一人あたふたしてただけだった(笑)。

始まってから直ぐに連続3シーンで衝撃的なカット、そこから一気に観客を映画に引き込み、気づいたら2時間越えの作品が終わっている。エンドロールの「雨に唄えば」が聞こえた時にいきなり現実世界に放り戻されるような浮遊感。思わず拍手しちゃったよ。鳥羽が立つとはレベルが違う。(ちなみに暴行シーンでアレックスが雨に唄えばを歌ったのは彼のアドリブだというのだから驚き!)

ストーリーが暴力的且つ反モラル的であるのにも関わらず、数々の美しいショットと、アレックス(マルコムマクダウェル)を中心とした演技力に引き込まれてしまう。50年経った今でもその魅力は色褪せず、間違いない名作と自信を持って言える。何よりアレックスがレイプ魔殺人鬼なのにカッコよすぎるんだよなぁ…。タップダンスと、お風呂で唄う時と、最後のご飯食べさせてもらってる時のシーンが好きすぎて。キューブリックの中でもダントツで好き。ハロウィンのコスチュームでやっちゃうくらいには好き。
もりほ

もりほの感想・評価

2.6
カオス。情報が多くて難しかった。
どこか狂ったような登場人物たち、
飛び交うスラングもちんぷんかんぷん、
それでもこのこの映画には惹きつけられた。

当時の社会情勢・政治への皮肉がメインテーマらしいけどら
登場人物のファッションや部屋のインテリア、色合いのおしゃれさに目がいってしまった、、
taaaka

taaakaの感想・評価

3.7
今更初めて見た。ちゃんと映画館で見ればよかった。
あれこの演出あの映画っぽい、といったポイントが数多くみられ、その点でも色んな映画に影響を及ぼしたことが見てとれる。強烈なオリジナリティの塊の一作。
衣装が最高にカッコいい。
1970年代にこれを世の中にぶつけたことももちろん評価されるべきだけど、
暴力、性、体制と個とかが要素として本当にむき出しで混ざったエンタテインメント作品として、2019年現在も紛れもなく秀逸。
jun

junの感想・評価

4.1
うわぁ
kana

kanaの感想・評価

3.5
やばい


ただ2回め観たときは映像や音楽にかなりのセンスを感じた。時々ベートーベンきけて嬉しい。暴力めちゃくちゃ嫌いなので初見では嫌悪が強かった
ANNASUI

ANNASUIの感想・評価

3.8
昔途中まで見たけど今回はちゃんと最後まで見ました🌝
カオスでショッキングな映像も多々あった……心臓にビシバシ来る感じ🍽
アレックスのインテリアがオシャレだった。ていうか全体的にオシャレ💍
アレックス15歳っていう設定だけどどう考えても老けてみえた😅マルコム・マクダウェルの演技は良かったが
ジュリアンが良い体してて顔を好きだった🌝
一昨日初めてみたけど死ぬまでにあと5回はみるかなぁ
さこ

さこの感想・評価

3.3
難しい
エグいのに曲が明るい
【映画は凶器】
やっと見れた名作シリーズ②

自分にはまだこの映画を評価するだけの語彙も表現も指標ありませんが、とにかく嫌いです。
ワターシ、ゲイジュツ、ワッカリマセーン

暴力とかレイプとかするやつは、殺されればいいんじゃないですかね~
それを映画で撮すのも好きじゃない
よくテーマになるのは知ってるけど

映画は、戦争に行く兵士達に見せて士気を上げるものもあったって聞くし、人の感情に直接作用する危険なものだなと思った

あと、なんか最初のショット知ってた

おっさんの、顔芸www
>|