時計じかけのオレンジの作品情報・感想・評価・動画配信

時計じかけのオレンジ1971年製作の映画)

A Clockwork Orange

上映日:1972年04月29日

製作国:

上映時間:137分

3.8

あらすじ

「時計じかけのオレンジ」に投稿された感想・評価

Kota

Kotaの感想・評価

4.9
“健康な人間は憎むべきことには恐怖と吐き気で反応するものだ。”

ワーナーのLPデザインBlu-rayを購入したので、5年ぶりに鑑賞。改めてしっかり観るとヤバすぎて凄すぎると痛感。他の映画を映画と呼べなくなるくらいの衝撃。初めて観た時はアメリカ留学中の映像学の授業で、字幕もなく(スラングがめっちゃ多いし)あまり理解もできず、レイプシーンで一人あたふたしてただけだった(笑)。

始まってから直ぐに連続3シーンで衝撃的なカット、そこから一気に観客を映画に引き込み、気づいたら2時間越えの作品が終わっている。エンドロールの「雨に唄えば」が聞こえた時にいきなり現実世界に放り戻されるような浮遊感。思わず拍手しちゃったよ。鳥羽が立つとはレベルが違う。(ちなみに暴行シーンでアレックスが雨に唄えばを歌ったのは彼のアドリブだというのだから驚き!)

ストーリーが暴力的且つ反モラル的であるのにも関わらず、数々の美しいショットと、アレックス(マルコムマクダウェル)を中心とした演技力に引き込まれてしまう。50年経った今でもその魅力は色褪せず、間違いない名作と自信を持って言える。何よりアレックスがレイプ魔殺人鬼なのにカッコよすぎるんだよなぁ…。タップダンスと、お風呂で唄う時と、最後のご飯食べさせてもらってる時のシーンが好きすぎて。キューブリックの中でもダントツで好き。ハロウィンのコスチュームでやっちゃうくらいには好き。
310

310の感想・評価

5.0
前半と後半で全く違った見解。
素晴らしい演技とキャラクター!
70年代初頭にして素晴らしいSFmovie
70年代は本当に強い。ベートーヴェンの破壊力と縁出力が何とも言えない。エンディングの選曲も度肝を抜かれた。
yukie

yukieの感想・評価

3.8
時代とか関係ない。
こんなに具合の悪くなる傑作は初めてだわ。
好きじゃないのに、すき。。かもしれない。
植木鉢

植木鉢の感想・評価

2.5
怖さと頭おかしさと映像の撮り方の雰囲気が相まってトータルしていい意味で変な作品だった。
rinrin

rinrinの感想・評価

3.0
なかなか手を出せなかった映画の1つでやっと観れました。
事前知識をなにも入れずに鑑賞したのですが、まだ自分ではこの芸術を理解するまでは達していなかったです。
いずれこの作品の芸術を理解できるようになりたいと思います。
規律とか秩序に守られても、根っこはずっとカオスなんです。。
白靴下

白靴下の感想・評価

3.0
ビジュアルと音楽、そして全体の雰囲気は楽しめる映画。あまりストーリーを重視する人にはオススメできないかも。ただ作中の画はとてもオシャレでイカしてる。

超ざっくり紹介すると「因果応報」映画。登場人物誰一人として好きになれない。
yucat

yucatの感想・評価

3.8
昔見たことあるんだけど、雨に唄えばのBGMでのお洒落な暴力シーンくらいしか印象的になく、改めて見返してみた。

1971年の作品と思えないくらいのこのビジュアルはほんとになんなんだー。あのバーの女体テーブルといい、真っ白なあのファッション、歳とったお母さんのミニスカートに、被害者の全身タイツのような服…
想像つかないアートに溢れていてそれだけで見どころたくさん。

刑務所での暮らしぶり、更生のための実験、そしてあのラスト…
ストーリーも衝撃で単純ではなく、アレックスは映画界でのヒーローそのもの。

面白かった!
ナッドサッド語、使いたくなる
にゃる

にゃるの感想・評価

3.3
ずっと気になっていてとうとう鑑賞。
全く予備知識なくで観たので衝撃的な内容と映像だった。
初めから残忍だし、今も変わらないのが政治絡み。

あの時代の映画でハイセンスな家の作り、モードなファッション。
かなりせめてる。
>|