鳥の作品情報・感想・評価・動画配信

「鳥」に投稿された感想・評価

ユウカ

ユウカの感想・評価

4.1
一度見たときは正直唖然としたけど見直したらだいぶ面白い。解釈の幅が広いし『めまい』とも通ずる、全編にただよう閉塞的で奇妙な悪夢感が素晴らしい。
劇伴がほぼなく、混沌とした場面の連続をひたすら見せられるせいか、ヒッチコックの悲観的な直感を生でぶつけられてる気がする。
『めまい』にはまだ現実と空想との闘いがあり、ロマンに対しての心残りもあった。
でも『サイコ』において顕著に出てくる、一種の諦めが、『鳥』になると限りなく、それこそ「諦念」のような域に達している。それがまさに鳥として、映画の中で理由も原因も提示されない不動な存在として現れる。
悲劇を通り越した完全なる終末的映画。
みげ

みげの感想・評価

3.7
原因不明、混乱した人同士の争い、場面を演出するための視点など、パニックモノの大事な要素が詰まりに詰まった教科書
これは面白いわ。いつ見ても予想を遥かに超えてくる鳥の量。
「あんた鳥の気持ちなってよう考えてみ!」というおそらく街で煙たがられている鳥類学者のおばさんの願望をそのまま具現化したような悪夢。「うずまき」みたいだな、理念なき、呪いによるテロリズムだ。
ka

kaの感想・評価

3.4
身近な生き物が恐怖の対象になるという発想がサイコなヒッチコックならでは。
鳥はクリーチャー化するのではなく、そのまま登場するのもかえって不気味。
バーで終末論を唱える酔っぱらいが面白い。
Julia

Juliaの感想・評価

3.0
鳥の不気味さや恐怖の描写はよく出来ているのだが、120分は長すぎかな。
ストーリーもあってないようなものなので、途中からだれてくる。
terusuk

terusukの感想・評価

4.0
元祖パニックムービー。
「分からないこと」が一番怖いのだ。

様々な鳥が人間を襲う、ただ、これだけ。
それがとにかく不快で気色悪いんだが、これがかなり作り込まれた作品であり、不世出の名作である。

冒頭、まずは軽妙なコメディのようなシーンで始まる。
そして、小さな港町では微妙な人間模様があることを描き、しっかりと人物を描いていく。
そして鳥が襲撃してくる。
理由がない。
何故なのか、理由を示されなかったことで、見終わった者に不快感と陰鬱な作品の印象を残している。
訳知り顔で理由を示すような、野暮なことをしないのだ。

重要な音。
音楽を使わない、という選択をした。
そして羽音、鳴き声の多様性。
耳元のバタバタする音、遠くで鳴く声など、どれも不快で不穏。
アイディアの引き出しは豊富だ。

名匠ヒッチコックの真骨頂だ。
SHIN

SHINの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ヒッチコック映画は好きなんだけど、この映画はエンディングがスッキリしないのでそこまで好きではない。とはいえ原因不明の鳥の襲撃がエスカレートしていく恐怖はヒッチコックらしく、見応えはある。最後まで原因不明というのが恐怖でもあるけど、できればスッキリさせてほしかった。
子供の頃観て、しばらく鳥が怖かった作品。ヒッチコックといえばサイコか本作といった印象🐦
何も分からないのが怖いとはよく言ったもので、終わり方がなんとも不気味。あと鳥たちが全く意思疎通出来ない感じも怖い。そして音の使い方が上手い……BGMほとんど無しで鳥の鳴き声、波の音、そして無音。ヒッチコックのセンスを感じる一作。
sumako

sumakoの感想・評価

-
2021.351
たくさんの人を鳥恐怖症に陥れてきた作品。理由が分からないのが一番怖いね。
アイディアと撮影の工夫が凄い!
RYOKO

RYOKOの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

鳥籠に鳥を閉じ込めていた人間が、鳥の襲撃を受けて電話ボックスや家に閉じ込められるという対比の構図がヒッチコックの巧みな演出だな〜と感動した🕊
当時デジタル技術が無い中での考え抜かれた観客を惹きつける撮影技術、素晴らしい👏
>|

あなたにおすすめの記事