ネルの作品情報・感想・評価

「ネル」に投稿された感想・評価

umi

umiの感想・評価

-
ジョディフォスター全盛期に突然、毛色を変えて出てみたが、誰も彼女にその毛色を求めてなかったという。
ooo

oooの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

子どもの頃に一度観たきりだけれど、時折思い出す印象的な作品。
ネルの周りの大人が大騒ぎしていて、ネルが可哀想に思えた記憶があります。

リーアム・ニーソンとナターシャ・リチャードソン演じる男女の間をネルが取り持つところとか、微笑ましくて好きでした。
(実生活でもご夫婦になった二人の、その後を思うと更に切なくなる…)

うろ覚えなのでまたいつか見直した時に確認したいけれど、確か最後のシーンでネルが涙を流していて、涙の理由について観賞後子どもなりにあれこれ考えていました。
孤独な世界から外の世界に連れ出されて、辛い目にも合ったけれど、友を得て人との繋がりの中で生きている今を幸せだと感じて流した涙なのかなと思っています。

AmazonにもNetflixにも無いので、いつ観られるか分からないけれど、また観たいなぁ。
mayo

mayoの感想・評価

-
子供の頃に観た。
内容はうろ覚えだけど、引き込まれて、何度でも観たくなる映画の1つだったってことは覚えてる。
今観たらまた違ってみえるんだろうな…
 20代後半に観ました。最も好きな映画の一つと記憶しています。僕のハートムービーで、何度も観ていました。

 そのうちちゃんとレビューを書きたいです。
柊

柊の感想・評価

2.7
ジョディー・フォスターの意欲作ではあると思うけど、彼女のヤル気だけが空回りしたような印象。映像は綺麗なんだけどね。
dramatsu

dramatsuの感想・評価

2.6
1996年7月15日

ジョディフォスターが設立した製作会社で作られた作品。作中の独自の言葉、ネル語を脚本家と開発する程の熱のこもった意欲作。

ネルの湖畔での水浴のシーンが美しい。

ジョディフォスターの演技は素晴らしかったけど、リーアムニーソンの過保護さと取り巻く人たちが大袈裟に見えてあまり感情移入できなかった記憶。
ネルというキャラも大女優ジョディフォスターというのと、演技演技しててリアリティさに欠けた。
セリム

セリムの感想・評価

3.0
どうしても知性が前面に出ちゃうから、野生で育ったという役はこの人には無理でしょ。
いや…最後は哲学的な事をベラベラ喋ってたから、それでもいいのかな?^ ^
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

2.5
2008/12/21鑑賞(鑑賞メーターより転載)
公開当時すぐに観たがすっかり内容を忘れていた。自然の中で文明を知らず育った女性をジョディ・フォスターが迫真の演技で表現しているのだが、もともと風貌からも知性派という感じが見えるのでこの上なくけがれのない自然の中で育った無垢な存在、というには賢すぎに映る。演技ほどに役の実体がついてきていない感があるのがちょっと勿体無い感じ。展開もどちらかというとネルを取り巻く人々の変化が中心で、それ自体は全く悪くないが淡々としていてポイントが散逸している印象がある。
marko

markoの感想・評価

3.7
子供の頃観た記憶。景色が綺麗なのと、ジョディ・フォスターの演技が印象的。内容うろ覚えなのでもう一度観たい。
Hawkwind

Hawkwindの感想・評価

2.5
10数年ぶりの再鑑賞。
ヘレン・ケラー『奇跡の人』の野生版みたいな話。
医者役がリーアム・ニーソンだったという事も忘れていた^^;
>|