獄門島の作品情報・感想・評価・動画配信

「獄門島」に投稿された感想・評価

本家・分家と言った封建社会、文化、血縁、女性や子どもの扱われ方など、当時の日本を垣間見る事もできます。

世にも恐ろしい作品です。

俳句がわかる人は物語の展開が読めたのでしょうか?
TOM

TOMの感想・評価

2.5
きちがいじゃが仕方がない

気が狂った娘たちの死に方がとんでもない
あと草笛光子。あー怖い。
戦後、復員兵を受け入れていた時代の瀬戸内海の小島が舞台。

その土地に根付く寺と有力者たちの思惑…怪奇伝承的な映像と雰囲気はいい感じ。
大原麗子の昭和っていいな、って思わせてくれる。

このレビューはネタバレを含みます

寅さんで観た太地喜和子を求めて入手したものの思ったより出てこなくて残念!たしかに「いかにもすぎて逆に怪しくない人」ぴったり…もっと暴れてる映画ないのかなあ。

久しぶりに金田一のあの空気感味わえて楽しかったけど、なんとなく犯人はぎくしゃくしてた。原作とは違うそうで、違うわりにはうまく作られてるのかもしれない。

市川崑のタイポグラフィあいかわらず痺れるけど「このへんは どこでも 土葬であった」なんて大きく出されると笑っちゃうから勘弁。
Channel190

Channel190の感想・評価

3.7
復員兵、跡目争い、古い言い伝え、駐在さん、殺人、意外と凝った映像、そして金田一耕助
加えて大原麗子とくりゃあ
Maiko

Maikoの感想・評価

-
血縁というものの業の深さと、土着性が生み出す狂気が空恐ろしい。
3姉妹の言動と、島の持つ閉塞感の相乗効果で不気味さが大変なことに。
実際に狂ってしまった人の末路も悲しいが、一見正常に見える人達が罪を犯してしまうのだから、狂気って何だろうと考えてしまう。

本家とか分家とか、ややこしいことになる未来しか見えないのにどうして分けちゃうのと庶民は思ってしまいます。

大原麗子さんと坂口良子さんが可愛くてときめく。このシリーズは、同じ役者さんが作品ごとに違う役を演じてるものだからちょっとややこしい笑

ところでこのポスター、思いっきりネタバレだけど怒られなかったのだろうか。
syo

syoの感想・評価

4.0
今回もやっぱり人物関係が難しい~家系図確認しないとむずいよね。
めっちゃくちゃ若い浅野ゆう子が可愛い。若すぎて最初誰かわからなかった。三姉妹のキャラ濃すぎだよね、いい味出してる。
あとピーターも、あのなよっとした青年の感じがぴったりですごいよかった。かっこいい。
お馴染みの刑事さんや大滝さんが出てくると安心する。草笛さんは今回回想での登場だったけどインパクト強し。そして坂口良子さん!!やっぱり可愛いんだこれが。前回お見送りできなかったから今回できてよかったねって思った。
今回は割と犯人が誰か想像つくような撮り方だったから、なんでそうなったのかっていうのが見所だったかな。
やっぱり金田一すき!あのフケすらいとおしくなる笑
procer

procerの感想・評価

3.6
今観ても、やっぱり怖い。
子供の頃観て、ドリフの金田一で
やたら出てくる逆さ吊りの
派手な着物を着た幽霊は
この作品が元ネタでした。
annin

anninの感想・評価

3.8
大原麗子が綺麗
ドラムが良い
ピーター
3姉妹の派手さと物語の不穏な雰囲気とのコントラスト
ユウ

ユウの感想・評価

3.7
40年以上前の作品ですが、本当に良く出来てますね。
三姉妹殺人事件の謎を探偵の金田一耕助が暴く物語です。

市川監督ワールド全開でドロドロ感満載です。
映像の見せ方も素晴らしいですね。
後半のネタバラシは、へーなるほどー
そーゆーことかー、うんうん、って思いながら観ました。

市川金田一シリーズ全てに言えることですが、終始不気味な雰囲気が漂ってます。
雰囲気は最高です。
市川崑監督の作品はどの作品もドキドキワクワクしてしまいます。
>|