病院坂の首縊りの家の作品情報・感想・評価

「病院坂の首縊りの家」に投稿された感想・評価

石坂金田一その5にして最終章。タイトルがイイ。「一回観ただけで全部分かる奴いんの?」ってくらい家族関係が複雑過ぎて置いてけぼりをくらってしまう。シリーズ名物、粉薬吹きにフケ落とし、挙げ句の果てには横溝先生登場の大盤振る舞い。個人的には大滝秀治のオーバーリアクションが好きだった。市川崑カットも冴えている。リベンジポルノは古くからあるんだなあ、と。原作シリーズも暇があったら読んでみるかな。
ズミ

ズミの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

佐久間良子の美しさよ…
ぼんやりした語りなんだが、本人役の横溝さんのあったものは壊れていくよ、その時にまた新しいもんが産まれるんだよって語りがラストにふさわしく心に残った。大滝秀治と加藤武のキュートな脇役たち、そしてやっぱり悲しい眼差しで犯人の自殺を止めない金田一、アーティスティックな死体のカット…私は大好きだ。
DANIEL

DANIELの感想・評価

4.0
金田一BOXで鑑賞。
これも相当好きでシリーズの中では一番鑑賞している作品。
それでも観る度にゾッとさせる映像美は流石。桜田淳子の熱演に👏
傑作だなぁ、、、✨
Mitchu

Mitchuの感想・評価

5.0
草刈正雄演じるモクタロウの話し方は見終わったら真似したくなるのね。あと横溝正史の金田一さん、アメリカに行くんだって。←このイントネーションも良い下手で。
バカな男たちのせいで家族関係が入り組んでるので、そこはとりあえず雰囲気で理解したけど、その因果からは逃れられないと思うと悲しくなる。
定年間際の警官とか本屋の店主とかのコミカルさで、不気味さが薄まり心休まる。

桜田淳子は人形のように綺麗で驚いたし、小汚い草刈正雄も格好良いな。
横溝正史を観られたのが嬉しい。
hideharu

hideharuの感想・評価

3.4
2018.1.1 DVDを再見。

横溝・市川・石坂のトリオによる金田一シリーズ第5弾にして最後の映画化(だった)。
すでにこの頃にはこのシリーズも観客に飽きられつつあり興行的にも成功作とは言えないが自分は結構好きです。

関連の無い(と思われた)2つの事件が実は深い因縁によって絡まっていたと言うシリーズ随一の複雑さ。まさしく関連人物を書き出して関係性を整理しないと話について行けなくなる。
そしていつも以上に女の悲しみが深く切ない。

今回も血飛沫たっぷり大出血サービスですよ。生首がぶら下がってますよ。頭がパックリと割れてます。
そして回想シーンでは白塗りした佐久間良子が女学生くらいの年齢を演じてますよ。それに負けじと入江たか子も白塗りでどう見ても息子くらいの年齢の役者の奥さんを演じてます。市川監督はこの白塗り好きだよね。

そしてシリーズの常連が多数出演しているのも嬉しい。その中では新顔の桜田淳子はさすがはドリフで鍛えた演技力でオーバーアクト気味に頑張ってます。草刈正雄も初参加かな。
そして横溝先生もゲストで出演してますがズッコケの超棒読み演技。まさにシリーズ集大成と言える作品。
しん

しんの感想・評価

4.5
金田一耕介シリーズは全て好きだがこの作品に高評価をつけている人とは価値観が合う。
映画館で見たかった。
ブラボー。
antaresu

antaresuの感想・評価

4.2
桜田淳子に圧巻!あの歳であの描写は凄過ぎ。本気で復帰したら日本の俳優レベルは引き上げられると思う。
よし!(パン!)
わかった!
金田一シリーズはやっぱり難しすぎる!
NACCI

NACCIの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ラストシーンがせつなく、美しい…
生涯、男に翻弄され続けた犯人が不憫で、、それにしても桜田淳子、美しすぎるぜ。
>|