病院坂の首縊りの家の作品情報・感想・評価

「病院坂の首縊りの家」に投稿された感想・評価

犬神家と同じくらい好き。血だらけになってでてきて何事もなかったように演奏するところが特にすごい好き。桜田淳子がかわいい。
ネグセ

ネグセの感想・評価

3.0
もはやコロッケのものまねを通してしか思い出すこともなかった桜田淳子のこの期に及んでの復帰をどう考えるか?。ただ早速昨日からdヒッツでメドレーを聴きまくってるという。

女優としてまず思い出すのがドラマ『ニューヨーク恋物語』での若きギバチャン(柳葉敏郎)を袖にするキャリアガール里美役、あれはカッコ良かった。そして映画での一本がこれ。一人二役の熱演でクドさはあるけど確かな演技力。ただ話はつまらない。原作の横溝先生ご夫妻にまで役を付けるという市川崑監督もなかばヤケクソ気味で横溝作品が斜陽を迎えた不運な時期の準主演でもあったし。今さら感は拭えずともシンガーとしてより女優として見てみたいというのが本音。さらに言えば志村けんとの夫婦コント「私ってダメな女」シリーズを死ぬまでにもう一度…という願望は🎵サンタモニカの風を聴きながら密かにある。
りょー

りょーの感想・評価

3.5
一番血縁図がわかりにくかった。横溝正史で始まり横溝正史で終わったのは笑える。

草刈正雄がイケメンすぎる。
シルク

シルクの感想・評価

3.5
小説の方が、俄然怖かった。
石坂浩二は、原作よりもイイ男過ぎだなぁw
草刈正雄かっこよかった。

衝撃的なシーンの連続で怖すぎ。
そのなかで紐解いていく金田一さんの姿がよかった。

坂道を下るところ、金田一さんのラストのシーン、等々力警部の発言もよかった。
NAO

NAOの感想・評価

3.4
2018.03.04 on dvd
-----------------------------------
とにかく横溝先生の演技に衝撃
-----------------------------------
う〜んむずい、家系図見ても理解できないぐらい血縁が複雑。明らかに、事件の舞台 1%、トリック1%、登場人物98%の練りこみで書き上げちゃった作品。見所は桜田淳子と横溝先生&奥様の演技と草刈正雄のイケメンっぷり、あと詳細な人間の溶かし方ね。

でもやっぱり事件は古い儀式が残る山奥の村とか絶海の孤島がいいな、今回 現場が身近すぎて特別感が薄い、そんな金田一 最後の事件でした。
今年、3本目

何故か金田一シリーズの中でずっと観てなかった。
石坂金田一の他の作品は2006年版のセルフリメイクの犬神家を含めすべて視聴、渥美版八ツ墓、トヨエツ版八ツ墓、西田版来たりて、鹿賀版悪霊島、中尾版本陣もすべて観てたのに、本作品だけは観てなかった。

で、実際に観たところ、市川監督が描く金田一シリーズらしさはある。
ただ、昔の話らしいなぁと思うところが多々ある。強欲な父に翻弄され(翻弄されるだけじゃなく〇〇もされちゃうが)、それが根本的な原因となり悲劇が重なっていくのだけど、例えば冬子さんの自殺の理由ってそれ?とか、ゆかりさん、こゆきさんの年齢ってどういう設定になってるの?とか、考えちゃうところがある。
全体的な雰囲気は好きだし、坂上から去る金田一なんかもいい感じなんだけど、いろいろと消化不良なところもあるのはある。
出演者はシリーズ通しで出てる人はもちろん、桜田淳子は良かったし、草刈正雄はスゲェカッコ良かった。
石坂金田一その5にして最終章。タイトルがイイ。「一回観ただけで全部分かる奴いんの?」ってくらい家族関係が複雑過ぎて置いてけぼりをくらってしまう。シリーズ名物、粉薬吹きにフケ落とし、挙げ句の果てには横溝先生登場の大盤振る舞い。個人的には大滝秀治のオーバーリアクションが好きだった。市川崑カットも冴えている。リベンジポルノは古くからあるんだなあ、と。原作シリーズも暇があったら読んでみるかな。
ズミ

ズミの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

佐久間良子の美しさよ…
ぼんやりした語りなんだが、本人役の横溝さんのあったものは壊れていくよ、その時にまた新しいもんが産まれるんだよって語りがラストにふさわしく心に残った。大滝秀治と加藤武のキュートな脇役たち、そしてやっぱり悲しい眼差しで犯人の自殺を止めない金田一、アーティスティックな死体のカット…私は大好きだ。
DANIEL

DANIELの感想・評価

4.0
金田一BOXで鑑賞。
これも相当好きでシリーズの中では一番鑑賞している作品。
それでも観る度にゾッとさせる映像美は流石。桜田淳子の熱演に👏
傑作だなぁ、、、✨
>|