古井戸の作品情報・感想・評価

古井戸1987年製作の映画)

老井

製作国:

上映時間:130分

ジャンル:

4.0

「古井戸」に投稿された感想・評価

Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

4.0
「古井戸」

冒頭、ここは中国の山間にある水のない村。老井、犠牲者、美しい娘と青年、未亡人に婿入り、井戸掘りの事故、恋人同士、石碑、喧嘩、地中に閉じ込められる。今、激しくも美しい大自然の中で、苦難に耐え続ける人々の物語が始まる…本作は中国の偉大な監督とされ、世界中で名の知れた張芸謀監督が、デビューする前に役者と撮影に力を入れた作品で、監督は呉天明で、彼の大傑作の一つである。やはり文化大革命後に映画を学んできた張芸謀や陳凱歌の様に第五世代と呼ばれている監督たちの作品はとてつもなく素晴らしいものが多い。

発展途上国の国々の映画には底知れない力がある。本作も言ってみれば、ただ井戸を作り上げて水を出すまでの流れを淡々と描いているだけだ。ところが観客はそれに涙を流すに違いない。とは言え、本作の呉天明は西安映画製作所の所長を務めた人で、第四世代最後の逸材と呼ばれている人だ。中国映画に詳しい人なら誰もが知っている。ところで中国映画の問題の一つとして必ず浮かび上がるのが中国共産党の調査である。無論本作もブルジョワ民主化を推薦していると言うことで色々と調査を受けたそうだが、これが東京映画祭で賞を受賞したことによって、監督の立場が強くなることを喜んだと言う話もあるようだ。

だが、誰もが知っている天安門事件の事柄により、監督は米国に移住し、そこから数十年間映画制作をしていないと言う悲しい出来事も実際にはある。本作は中国らしい冒頭の出だし方から魅了される。黒を基調とした背景に裸の男性がトンカチで釘を打つ描写から始まる。そこに中国の楽器の音色とともに男の汗水流した体の輝きと井戸の底からカメラが上を撮影する演出でクレジットが流されていく。

続く中国伝統の文化、京劇が垣間見れ、人民を映す。続いて貧困村のロングショットの風景と山々に囲まれている土地柄で、男女がやまびこをするシーンを映し出す。続いて井戸の工事中に事故が起き死人が出る。雪積もる岩場の砂利道を数百人の労働者が駆け下りるシーンは迫力があり、緊迫したやりとりが行われる。ここで老若男女のクローズアップが映されるのだが、中国独特の髭面のじいさんとかの容姿が非常にインパクトがある。

そして労働者同士の血塗られた大暴動が起きる石碑をめぐって…。そして井戸に土地、石を入れられ封じられるのを阻止するために主人公の男が井戸の中に飛び降りる。その際のカットバックが非常に臨場感と緊迫感を与えていてよかった。次の瞬間、井戸の底からのアングルに切り替わる。そしてベッドの上で看病される男、喧嘩を煽り、現場放棄した人たちの責任が問われ始める。

続いて羊飼いの男が羊の群れと共にやってくる。さて、物語は中国の山奥の村では水の無い過酷な日常を生活する民が存在している。映画はその水を井戸を掘って水不足にならぬように暮らす為に村人が全員力合わせて試行錯誤しながら、時には対立し、多くの死者を出して何百年も前から暮らしていた。その劇中に悲しい恋の行方を淡々とリアルに描写していく…と簡単に説明するとこんな感じで、今年アカデミー賞も受賞した「パラサイト」のように韓国の格差社会を描いた作品が評価されるように、去年の「万引き家族」が評価されるように、こういった貧しい作品は世界から評価されやすいが、この作品に関しては西洋人の感覚では寓話として捉えた人も多くいると考えられる。

水がない村で何百年も生活するなんてどう考えたって理解に苦しむであろう。ところが、この作品の物語は決してフィクションではなく、中国の何千万人と言う人々の苦しみを世界に向けて写した真実の物語である。それにしても、中国大陸の貧困村の土地の地形がイランの貧困の村とすごく似ていると感じるのは自分だけだろうか。本作を見るとキアロスタミのジグザグ道三部作の雰囲気を少し感じてしまう。

まだ中国映画に疎くて(と言っても自分もそうだが)、あまり見てない人はこの中国ニューウェーブシネマの父と呼ばれた呉天明の作品をぜひ見て欲しい。もちろん張芸謀や陳凱歌の作品も素晴らしいので。所で、金鶏百花映画祭で作品賞受賞している彼の「變臉 この櫂に手をそえて」がみたくてみたくて仕方がない。どうやらVHSしか国内では無いようだが、それもかなり手にするのが難しい。それともっと過去の作品で言うと「標識のない河の流れ」「人生」なども見てみたい。

余談だが、主人公にふさわしい俳優が居なく、呉天明監督が第二カメラマン担当の張藝謀を主演に抜擢したとの事。それと本作は一九八七年の第二回東京国際映画祭でグランプリと主演男優賞受賞している。
大学生だった当時、このチャン・イーモウの色気がヤバいと友達と騒いだものでした。
ウー・ティエンミン監督作品。
舞台は山西省太行山の山奥の村。この村では水が取れず、井戸を掘れども水が出る井戸はなかった。チャン・イーモウ演じる旺泉は、都会から戻り、水が出る井戸を掘ろうとするが・・・という話。

全体的に泥臭く、人々の団結の力を感じさせた。特に村同士の井戸を巡った抗争、井戸が崩れて村の人々が駆け寄って救助しようとするところに団結というものを感じさせた。そしてそういったシーンではカットの刻みがかなり多く、躍動感も感じさせた。

石が主となった山の風景が壮大。一寸先は崖という状況でチャン・イーモウ達が移動していくので、はらはらさせた。
井戸が崩れるシーンも迫真的ですごいと思った。

村をまとめる書記がいて、県の役人が来たり、人々が作物を収穫するシーンがある等、中国の田舎の村の実態を感じさせるシーンもあった。
Lalka

Lalkaの感想・評価

4.0
オープニングの井戸の中でカンカンから出て来て祝祭なムードに一転そして、白黒テレビ。ここまでで引き込まれる。

一杯の水のくだりやラストが清々しい。
中国が大きな存在感を持つ時代が到来したが、僕らには中国のことについての知識があまりにも少ないんじゃないか。たしかに共産主義だとかなんだかよくわからないし、国際ニュースで見かける彼ら中国人の突っぱねるような主張や口調は日本人にとって好印象を持つものではないかもしれない。僕もつまらなそうな国だと思ってたけれど、もっと研究すべきだと思う。

抑圧されてきた中国文化のことを考えると、「中国は文化後進国ではないか」という印象が僕にはあった。でもあるとき、それは単なる仮説でしかないな、それを検証することもちょっとおもしろいなぁと思い、今年の夏ごろから中国の映画や美術に積極的に触れる機会をつくってきた。

北京五輪のおかげか、探せばそういうチャンスは多かった。そのチャンスのひとつが、新宿東口にある小さな映画館K's cinemaで開催中の「中国映画の全貌」だ。


「古井戸」(原題:「老井」)は、100年以上井戸を掘り続けても湧き水に恵まれない山奥の農村の青年が主人公の映画。

水を汲むために険しい山道を10kmも歩かなければいけない村で人々が井戸を掘り続ける様を描く。心情の描写が力強くまた繊細で、20年前の隣国の映画だとすれば普通感じるだろう違和感がなく、すぐにひきこまれた。彼らを不自由にさせるものは、雄大な自然、伝統、地下水の出ない地質、病んだ隣人、与えられた役目、困窮といろいろある。決して愚かではないし行動力もある彼らがこういうものに縛られ悩み苦しむ状況を見つめるのは、何とも言えなかった。工事中の井戸の崩落で命を落とした人物の母親が、井戸掘りの工事を再開するために縄を直す場面が、最も衝撃的だった。

タイトルと異なり展開地味ではないけれど、全体としてドキュメンタリーっぽくも見られる。こういう優等生的なフレーミングは、文化大革命以降四半世紀ぐらいの中国芸術の特徴じゃないかとも思った。
200年近くにわたり水の湧かない村で失敗を重ねつつも井戸掘りを試みる若者。

困窮した懐事情のからんだ恋愛模様がとてもよく張芸謀のカメラマンとは思えない無骨な演技が冴える。
水源の枯渇した貧農地域に数多の人的犠牲を払いながら井戸をつくろうとする人々の奮闘記…なんて一見プロジェクトX的なサクセスストーリーを想起しがちですが、その内実は驚くほど陰鬱なトーンに覆い尽くされていました。
ウー監督は農村のリアルを厳密に描きたかったのでしょう、その筆致は演者の空虚な表情や妙にギラついた風景の色味に、じわりじわりと表れています。
TIFFでリストア版を観ることができ、監督の御令嬢によるアフタートークも聞けたのですが、「農村同士の乱闘シーンに現地の人をエキストラで使ったら、ガチ喧嘩に発展して負傷者が相次いだ」なんてエピソードも明かしてました。
リアル度、突き抜けすぎ。
のぶ

のぶの感想・評価

5.0
水のない石ころだらけの村で井戸掘りをする村人の姿を淡々と綴っている。主人公は、都会で井戸掘りの知識を学んだ青年。その青年を中心に物語りが展開されていくが、三角関係あり、集団闘争なんかもあるのに、淡々としているのは、その背景には雄大な中国の自然があるからか?
とにかく、ドキュメンタリー風の映像と、中国の人々の生活描写、村人の結束力とか、色々と堪能できて大変勉強になりました。