コーカサスの虜の作品情報・感想・評価

コーカサスの虜1996年製作の映画)

KAVKAZSKIJ PLENNIK

製作国:

上映時間:95分

ジャンル:

3.6

「コーカサスの虜」に投稿された感想・評価

螢

螢の感想・評価

3.7
あまりの結末に、しばらく言葉が出なくなった。でも、限りなく「現実的な」ラストだとも思った。
チェチェン紛争で捕虜になったロシア人兵士二人と、彼らを捕らえていたチェチェン人の物語。

ロシア人兵士のジーリンとサーシャは、チェチェン人の捕虜になり、コーカサス地方の山間の貧しい村で、アヴドゥルという男に監禁される。劣悪な環境の中でも曲がりなりにも二人が生かされているのは、ロシア軍に拘束されているアヴドゥルの息子との捕虜交換に使うため。
アヴドゥルは、二人の食事の世話を自身の未婚の娘ジーナに、見張りを義理の息子のハッサンにさせる。

いつしか、二人と見張りのハッサンとの間には友情のような、そして、まだ若いジーリンとジーナの間には恋心といってもいいようなほのかな感情が芽生える。

けれど、個人的な感情はどうあれ、やはり敵同士で、いざとなれば殺しあう間柄。
ロシア側・チェチェン側それぞれの努力虚しく、思いもよらなかった出来事から捕虜交換が失敗に終わった時、悲惨な結末が訪れて…。

本作は1996年の作品ですが、2004年にチェチェン共和国独立派が起こし、子供を中心に386名が亡くなったベスラン学校占拠事件を思い出しました。
暴力の応酬は負の連鎖として途切れることなく半永久に続くのだと思うと、どうしようもなくやり切れない気分にさせられます。

コーカサス地方の雄大なのに荒涼とした風景が、また寂しさや虚しさを倍増させる。

まるで遺影のようなモノクロのポートレート映像とともに流れるジーリンの言葉がつらい。
「僕はせめて、夢の中で好きだった彼らに会いたいのだが、彼らは訪れない」
稲生

稲生の感想・評価

-
18/7/24

18/5/9

18/4/19大学で
最初の方は退屈したし時間以上の長さは感じたが最後の方は面白かった
総合的にまあまあ
うえ

うえの感想・評価

3.9
ずっと気になっていたので鑑賞。


チェチェン紛争が舞台で、捕虜になったロシア軍兵士2人ワーニャとサーシャが主人公です。

戦争映画ですが、派手な戦闘や惨い拷問といったシーンはありません。
静かにゆったりと流れるような雰囲気の映画です。
そして「戦争はいけない!」と声高に叫ぶこともありません。
が、静かなしかし力強い反戦映画といった印象を受けました。
ラストシーンは圧巻です。

戦争映画がなんとなく苦手だという人も、この映画は観れるんじゃないかな。
YuK

YuKの感想・評価

3.5
公開当時、たまたま手にしたチラシが気になって、レンタルで観たなー。
この映画の雰囲気好き。
誰かと一緒に観るとみんな寝ちゃう(笑)
雪ん子

雪ん子の感想・評価

3.6
淀川さんが絶賛していたので、当時、映画館に足を運んで見ました。20代前半に見て、細かいところまで理解できなかった。
また見ておきたい。
佐久田

佐久田の感想・評価

4.3
チェチェン紛争の映画。トルストイ原作。
セルゲイ・ボドロフの演出が憎い。
ラスト間際のシーンの一瞬の演出。「あ」って気づいた瞬間、おおおーってなりますよ。必見です。
R

Rの感想・評価

5.0
素晴らしすぎる!!! 大学時代にはじめて見て、今回で6回目。おそらく知名度も低いし、めちゃめちゃ地味な作品で、1回目見たときはよーわからん部分もあったんやけど、なぜか深く心に突き刺さり、DVD買って、以来、見るたびにどんどん深く深く突き刺さってくる。コーカサスの山岳にあるチェチェン人の村の捕虜になったロシア人ふたりが主人公。チェチェン紛争の実情がわからなくても、その二者が対立して紛争してるってことだけわかってれば、十分理解できる。ふたりをチェチェン人のおっさんが自宅に監禁して生かしてやるのには理由があって、おっさんは自分の息子がロシア側の捕虜になってるので、そのふたりと交換したいと望んでいる。だからその交渉が成立するまで、ふたりを生かしておかなければならない。つまり、ふたりの世話をしなければならない。その役を、まだ幼い娘に任せるのです。すると、片っぽは若くて心優しいイケメンなので、娘は家畜みたいに扱いながらも、うっすら、ほのかな惚れ心みたいなのが生まれる。もうひとりも好戦的ではあるけど、やな奴じゃない、ふつうの漢やから普通に村の人と、打ち解けはじめる。でも、やはり、二者が敵同士であるのを変えることはできない。だから、とてもとても哀しい結末を迎えることになるのです…。人間と人間のふれあいの上に生まれる自然な愛情すら存在することがゆるされない、民族同士の対立。そのやるせなさを、雄大な山岳地帯のうつくしい景色のなかで、ユーモアを添えているがゆえの深い深いペーソスをもって、しみじみと描きだしていく。このテイストがあまりにもツボに入りすぎて見ててマジ苦しくなってくる。最後の方、気づけば淡い哀しみが全ハートに染みわたって、呼吸が浅くなり、涙にならない気持ちをのみこむことができないまま、うううううううううって状態でおわります。ほんっとに哀しい。こんな気持ちにさせる映画はほかにないし、こんな気持ちになるのはこの映画を見たときだけ。なので、どうしても、五つ星にせざるを得ない。ほんとにすばらしい。劇中流れる音楽もすべて最高やし、彼らが口ずさむ民謡のメロディもめちゃめちゃ耳に残る。そして何より、監督の息子、セルゲイボドロフjrの見た目が良すぎる。真っ直ぐ誠実さのこもった上目遣いがすっきり美しく、笑ったときの口の傾きが殊に魅力的。相手のオレグメンシコフも文句なしのイケメンで、ふたりがからんでるシーンのほほえましいことといったらない! 少女とjrの心の通わせ合いも心の底からあったかい気持ちになる。だからこそ、うううううと胸がしめつけられるねんなー。何もかもが淡い味わいながら、最高の隠し味になっていて、見るたびに哀しい旨味が染み出してくる、ほんとに極上のスルメ作品だと思います。コーカサスの虜の虜になってしまってます。今後も何度も見ることでしょう。
乾

乾の感想・評価

3.0
ロシアの戦争映画にしては軽いタッチで見やすい。捕虜の割にのんびりしてるものだなと思ってたけど、あくまで息子を返してほしいだけだからかな。
tagnne

tagnneの感想・評価

-
レンタル
死ぬまでに観るべき100
もっとたくさんの人に観られるべき映画
ロシア語を習ってる身なので、鑑賞しました!純ロシア映画ですね!はい。
普段はあまり反戦映画なんてのは観ないんですが、観てみるとなかなかいいもんですねぇw他のそーいう作品はどうか知りませんが、ぜんぜん激しくなく、ゆったりじんわりと反戦へのメッセージが伝わってくる感じで、考えを押し付けて来る感じがなくて良かったですわ✨
>|