天使の作品情報・感想・評価

「天使」に投稿された感想・評価

zhenli13

zhenli13の感想・評価

3.9
え、ここで終わりなの?と吃驚した。ほとんど会話だけで成立させてる。その会話がとてもとても洗練されていて(日本語訳しかわからないけど)、役者の物腰も衣裳もセットも画質の粗いDVDでも見惚れてしまう。壁一面の大きなタペストリーなどももっと見せてと思ってしまう。
マレーネ・ディートリヒはこのとき36歳くらいなのだけどメルヴィン・ダグラスとのシーンなんか現代の男女だったら40代か50代でもこんな貫禄というか成熟した雰囲気出せないんじゃないかと思う。ディートリヒの顔貌はあの細い弧を描く眉と深く彫られた瞼の窪みの弧が平行に陰影をつくり、目を開くと上瞼につくくらい反りかえったつけまつげがまた深い陰影をつくる。カメラはその陰影と瞳の光をしっかり捉えてて惚れ惚れしてしまう。ハーバート・マーシャルの困惑するアップの表情でも瞳の光を捉えて魅力的に憐れに見せてる。
スミレの花売りのおばあさんの表情と挙動でディートリヒが去るシーンを表すのとか、密会の証拠ともいえる即興曲が漏れ聞こえる受話器のアップとか、ルビッチの見せない演出はさすが。執事たちがパン屑や残った肉から主人たちの挙動の裏を探ろうとするシーンなどはのちの『生きるべきか死ぬべきか』の市井の人々の活写にもつながるのかも。
女一人男二人の構図は、1933年の『生活の設計』では不条理なまでに明るい不道徳の肯定であったが1937年の本作では不実のものとして描かれる。社会的地位のある男にすがらなくては生きられないことの裏づけの行動ではあるものの、完全に開き直る強く美しいディートリヒは最高だし、ルビッチはもしかしたら彼女にヘイズコードへのひそかな反発を託したのかもしれない。
R

Rの感想・評価

4.5
どうしてエルンスト・ルビッチ監督作品は、こうもオシャレな映画になるのだろう。
凄過ぎる!

この映画の冒頭、飛行機に乗っているマレーネ・ディートリッヒが映り、窓から見下ろすと凱旋門を中心にしたパリの街のシーン。
すでに、ここからルビッチ世界に引き込まれる。

「天使」と呼ばれた女性(ディートリッヒ)が公園で居なくなるのを直接描くのではなく、それを見ている花売り老婆の視線で描くあたりも見事。
こうしたシーンが多々あり。

ディートリッヒの「(教えてくれないなんて)新聞小説のように、明日までお預けなの?」というセリフも粋である。

エルンスト・ルビッチ監督、素晴らしい映画をたくさん作っているが、この映画も傑作のひとつ。
もえ

もえの感想・評価

4.1
大学の課題で見た。
最初はモノクロ映画でちょっとあんまり乗り気にならなかったけど見たら見たでかなり良かった。
色がないのにも関わらず全てが美しい。時代を感じることができる。
サヤ

サヤの感想・評価

-
授業の課題で
どこが洗練されているか、考えながらみた

大事なシーンで表情を見せないのが良い、らしい
うな

うなの感想・評価

-
ものすごく美しくて可愛くて時には人を突き放す表情…天使だと言いたい気持ちもわかる
ななちゃん語録でいうときゅるるん

ドアをバタンバタン、いつも部屋に入ったり出たり、
大事なところで表情映さないのも違和感

ラストびっくりしちゃって困った
素敵な撮影表現がたくさんあって楽しい映画だった
カメラワークのこととかよくわからないけどこういうのが好きなのかも

会話のシーンとりあえず役者同士の顔面が近いのでなんなんだろう
先日観たルビッチ監督たち作が「生きるべきか死ぬべきか」だったので、それに近いコメディかと思ったら、大人の三角関係を描いた作品だった。演出がひたすら素敵。行動の結果を見せず多くを語らず次の場面で理解させる。
後ろ側から見える写真立ての写真が誰か分かった時の反応、受話器の向こう側でピアノの旋律を聴いている人物は誰なのか。そういうのをあえて映像として作らない演出はとても好みだった。
メルヴィン・ダグラスが演じるホルトンが、ディートリッヒ演じるマリアに、『天使』について言葉で説明しろと、旧友であるフレデリックの前で促される場面、特に情感を煽るような演出なんてないのに、切なさが溢れていて堪らなかった。
こういう演出がされている作品、たぶん「ダンケルク」や「TTSS」など好きな人は楽しめると思う〜。
部屋の使い方が見事だと思う。ルビッチの空間設計が冴えてるので、ルビッチの中ではこれか『桃色の店』かなー。とはいえやっぱだるいとこあるのが気になる。
安定のルビッチクオリティである。よくある三角関係の筋であるにも関わらず、なにか特別なものを観ているように思わせてしまうのは凄い。金太郎飴がここまで好印象なのは、ほんと小津とルビッチくらいである。
ひかる

ひかるの感想・評価

3.9
大人の三角関係は、涙もなく、洒落ていて、それぞれの切なさに胸が痛んだ。

駆け引きを試みて、それでも確かに失いたくない相手なのに、一方では、自分に寂しさを与えるそんな相手など心の隅に追いやり、熱烈に想いを伝えてくる新しく出会った者に気持ちを奪われたりもする。
美しい彼女。
彼女は新しく出会った者へ名乗ることをせず、彼は彼女を『天使』と、そう呼んだ。
『天使』は、幸せを与えるのか。我が身の幸せを掴むのか。
三角関係の辿り着く先とは。

ディートリッヒは美しく、彼女を目当てでの鑑賞だったが、物語も十分に満足出来た。

粋な恋物語は、時にコミカルに。時に切なく。楽しめました。面白かったです。

DVDにて。2020/09/14/。
>|