路上のソリストの作品情報・感想・評価・動画配信

「路上のソリスト」に投稿された感想・評価

結構よかった。合衆国なのかカルフォルニア州なのか、どっちの法律かわからないのだけど「薬を飲ませるには逮捕歴がなければいけない」という部分におどろいた。救われたかそうでないかはさておき、この話が成立したベースにはそういう違いがあるように思った。あと、主人公の葛藤がね、浅いように感じた。原著ではもっと彼自身を問うようなものになっているのだろうか…。
emixxkhan

emixxkhanの感想・評価

3.2
実話を元にしているから、そんなに劇的なことは起きないんだけど、明るくもないんだけど、個人的には好きかも。
元々誰かのためにって言葉は好きじゃなくて、誰かのために動いているという自己満足。人は自己中心的な生き物だから。それでいいと思う。
その自己満足が、本当に人のためになってたらいいよね。って話。

このレビューはネタバレを含みます

Mr.エアーズ。病識のない患者に対する支援のジレンマが描かれるけどラストは丸投げされず優しい気持ちにしてくれる。ジェイミー・フォックス🦊
その孤独な音色は、同じ者たちに等しく響き渡る…。

才能や成功が、必ずしも幸せに繋がるとは限らない。

善行が必ずしも、その人の手助けになるとは限らない。

気分が沈んでる時にはあまりオススメしない。
内容がものすごく暗いわけではないが、精神的にクる部分が多少ある気がする。
過去の描写は結構しんどかった。

映像や光、バイオリンやチェロの音色の取り合わせは実にキレイ。
ジェイミー・フォックスの演技力もすごい。
だいぶ心理的にも複雑な役だったけど、違和感なく見れたなー。

見終わった後、友達や家族との距離の取り方について考えさせられる。
近づきすぎず、遠すぎず、ちょうどいいってのは難しいもんだね。
勝沼悠

勝沼悠の感想・評価

4.0
 新聞記者ロペスとホームレスのチェロ奏者ナサニエルとの交流のコラムを映画化。

 感動ストーリーかなと思って見てみたらかなりの社会派モノ。ナサニエルをきっかけにホームレス福祉に関わっていくロペス。才能があるのだからそれでお金を稼げるようになった方がいい、屋内に定住した方がいい、精神疾患が考えられるから病院へ行った方がいい。。。それらを拒否するナサニエル。価値観は一つとは限らない。援助というものの難しさが描かれている。
まこと

まことの感想・評価

3.3
出会うはずのない二人の尊い出会い

普通は設定的には異性同士が多いんでしょうが本作は同性同士、そこに余計に奇跡性を感じるんですよね

嫌味や下心が一切無い対等な関係性のもとで成長していく両者の姿が美しい
Popcorn

Popcornの感想・評価

3.6
きっかけは浮浪者が路旁でバイオリンを弾く最中に、フリーライターの主人公が注目して取材するつもりが始まり。

映画の中にずっとローテンションの雰囲気が流れる。 何かやってもうまくいけない。 別にそんなに悪くないですが、好き嫌いのは人それぞれ。

他人に要らな助けは迷惑ですか、それとも本当に優しいですか本当に難しい。 一人の力が大きいといえば大きい、 無力と言えば本当に無力です。
deriviola

deriviolaの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

おそらく統合失調症(または重度の自閉症)だと思われるこの青年が、独自のチェロへのこだわりをみせる。ただその特技を活かそうとする周りの優しさは彼には優しさではなく…。
特性を持つ彼にとっての良い生き方とは何か。この作品では疾患や特性を持つ彼にとって、だがこれは誰にでも当てはまるテーマだろう。

そういう大事なテーマを突きつけられる作品です。
かえ

かえの感想・評価

3.6
精神の授業で見た

他人にどうなってほしい、こうであってくれたらいい、って本当に厄介な感情だけど持ちがちだよね〜 そりゃ周囲の人が自分の思い通りだったらいいんだもんね、でもそうじゃない〜!

本当にロペスがナサニエルを想うから
ハッピーエンドで終われたけど

統合失調症は不思議だ
でも興味深い

定年前にまた会おうね〜精神科🩰
必要ないのは
治療が必要という人間

本当に必要なのは何だろう…。


実際に連載されているコラムを映像化した作品でなかなか考えされられる難しいメッセージが込められています。

相手を自分より不憫だと決めつけ自分の良かれを 善 とし相手に押し付ける。そんな不可解さに主人公が気づいてゆくというのがおおまかなストーリー。


生活の為に記事を書くL・Aタイムズの記者ロペスと路上生活をしている元チェロ奏者ナサニエルとの交流を通して、アメリカにおけるホームレスの現状を描く社会派ドラマであり、統合失調症という病気を巡る人間ドラマでもある。


スラム街にベートーベン…これだけで叙情的な風景に映るという意外性に音楽のマジックを感じたし、ホームレス達の出口のない不安感や狂気に不協和音がよく効いている。劇中音楽が素晴らしく印象に残る作品です。


本当に必要なのは 神 としての救済か
友達 としての助けなのか…

てか、世の中答えのないことだらけやんね…
>|