陽炎の作品情報・感想・評価・動画配信

『陽炎』に投稿された感想・評価

「さ〜たっせぇ、ど〜すかぁ、さ〜たっせぇ」
盆でヤクザさん達がずっと言ってるやつ……なんて言ってんやろ?さぁ張ってください、どうですか?みたいな事かな?

ポンコツな弟がヤクザに奪われた実家をヤクザものの姉ちゃんが取り返してやんよ!って話

あ〜、マシンボーイってば五社英雄監督作品初めてやったみたいやわぁ!なんかもっと名作的なやつで五社童貞捨てたかった気もするが……ワシ、樋口可南子見たかっただけやねん!ぺろぺろぺろぺろ

とはいえね、名匠の作品やからば!つって若干気負って観たが!正直お話は全く面白くないんよねぇ、特に肝心の樋口可南子vs仲代達矢の賭博対決んとこもあっさりし過ぎていて、くぅ……「咲 saki」の長野県大会決勝の大将戦、咲ちゃんと衣ちゃんの異能がバチバチぶつかり合うドキドキとワクワクが止まらないバトル展開くらい濃ゆいのにしてくれたら良かったのにぃ!思いながら観ていたんよ

ただね、マシンボーイのお目当てであるヒロイン樋口可南子はもうご尊顔の美しさとお着物姿の艶やかさが異常やし、ちょい華奢過ぎる気もしたが背中の不動明王様もお似合いで素敵やしね!
それに周りを固める役者陣の素晴らしさね!個人的には川谷拓三さんの仁科貴感にキャッキャ!したんと、ふらっと現れた思ったら見せ場をかっさらっていく高品格さんのカッコ良さに痺れたよねぇ、ぺろぺろぺろぺろ

他にも若すぎ細すぎ白竜さん!ゲラゲラ、え?ポンコツが過ぎてどうしよもねぇもっくん、そしてあれ?パチパチパンチに似てる…思っていたらエンドロールでホントに島木譲二やん!辺りのキャストもマシンボーイ的には印象的でした

ただね、何度も言うようにお話的にはイマイチ盛り上がりに欠けるし、キャストの良さと映し出される画の美しさ以外にはさほど見どころを見いだせずにいたらば…………
ひゃーーー!ブチキレた樋口可南子がダイナマイト手に敵陣に乗り込む所から一気にジャンルが変わってゲラゲラした!急に怒涛のスペクタクルしてキャッキャした!ジョン・ギラーミンかレニー・ハーリンの映画みたくなって度肝を抜かれたよ!(とにかくぶっ壊すんが好きなイメージ)ひゃー!

うん、そのラストのスペクタクルシーンはめちゃゲラゲラ観ていたんやが、樋口可南子や仲代達矢、白竜が大立ち回りする裏で、唐突にひっそりと女狐と雌猫のポコスカポコスカが始まって、くぅ……これが五社名物キャットファイトかぁ、蛇足やな!なりましたとさ!

し……主題歌が聖飢魔II!あれ……樋口可南子が悪魔に体を乗っ取られ、白竜を蝋人形にする映画やった?
2022-10-15 長年放置DVD
仲代達也 カッコよすぎ
料亭の外装セットお粗末
No.3568

ラストへ向けて急にテイストが変わり、樋口可南子大暴れw。

あと、エンドロールからあとの演出がめっちゃダサい。静かに終わればいいのに。



17/24
本来なら90分ちょっとで収まりそうなプログラムピクチャーをオールスターで水増しした散漫で大味な超大作。『酔拳』みたいな札さばきのトレーニング法が印象的。クライマックスのアクションはカメラ引きすぎ。
映画が終わった瞬間、突如流れる『ブレードランナー エンド・タイトルズ』(のパチもん)に爆笑。それまでの世界観ブチ壊し。いったいどうした!?
ARiES

ARiESの感想・評価

2.5

あらっ🫢
仲代達矢さんの背中にお不動様💙
樋口可南子さんも美人✨拝んどこっと。

高品格さんKawaii♡
荻野目慶子さんセクシー
うじきつよしさん
川谷拓三さんに持ってかれた🔫

緒形拳さん、夏八木勲さん、丹波さん
かたせ梨乃さん、竹中さん髪ある〜

エンディング曲『聖飢魔II』
😂
五社英雄版「緋牡丹博徒」やんけ笑笑
演出が派手で良かった、役者陣がそれぞれ個性的な感じやったけど、なんか夏八木勲さんはもったいないような気もする。
やっぱり女優さんの芝居がとても生き生きしとりますね。
竹中直人さんの包丁を使った演出は見事。
順子

順子の感想・評価

-
えっ!樋口可南子なの?!ちょ〜きれい…かたせ梨乃は相変わらず美しいし…
時代劇マニア春日太一が大好きな五社英雄監督。
作品の雰囲気は良い。
脚本そっちのけで決め画だけ撮りました!みたいになっちゃうんだよなぁ…。
ラストはタランティーノ監督が好きそうなハチャメチャ展開で、聖飢魔IIエンディング(笑)

いや、それにしても、着物姿の樋口可南子(当時33歳)が美しい。
大人の色気満点。
作品評価は低いが、それだけでも価値がある。
最近、童顔の可愛さが主流で、艶っぽい雰囲気の30代女優は、全然いないなぁ…。
武井咲や安田聖愛、白石聖、田辺桃子あたり、30代になったらどうなるか密かに期待。
仲代達矢がたまらんのだが、白竜も目が離せない。クライマックスの泥臭いアクション、特にラストの引き画で繰り広げられる殺し合いが良い。樋口可南子が綺麗すぎて、ラストまで弾けきらないのがもったいない。


演出0.8
人間0.8
構成0.7
驚き0.8
趣味0.8


演出=総合的な演出
人間=俳優および被写体の魅力
構成=脚本や画面の全体的な構成
驚き=斬新さ、意外さ
趣味=個人的な好き嫌いの印象
Hiroking

Hirokingの感想・評価

3.0
〖1990年代映画:任侠映画〗
1991年製作で、昭和初期の熊本を舞台に愛憎渦巻く料亭を巡って一人の女胴師の活躍を描く任侠アクションらしい⁉️
すげぇかっけぇ‼️
すごい人達目白押しの作品でした😆

2021年1,817本目
>|

あなたにおすすめの記事