出所祝いの作品情報・感想・評価・動画配信

「出所祝い」に投稿された感想・評価

AnriKimura

AnriKimuraの感想・評価

3.5
なんかシンシンとしてんなと思ったら東宝初の任侠映画 これでもかってくらいの海辺の死闘 2人の女殺し屋かわいい
べらし

べらしの感想・評価

4.0
監督:斎藤耕一
企画協力:寺山修司
製作:日本アート・シアター・ギルド

と見紛うような装い。いやあいいですねえ。社風に合わない映画を無理やり作ったら『津軽じょんがら節』なんかより画に品があるという驚愕の結果。仕掛人みたいな2人組の女殺し屋とか東映ヤクザじゃ出てこないしね。あと特筆すべきは東宝の坊ちゃん嬢ちゃんの中に1人だけ投げ込まれた"本物"、安藤昇。東映でも松竹でもお目にかかれないような色気があるよ。本当はこれくらい色っぽい人だったからモテたんだろうね。ぜひ東宝で主演映画を作るべきだったよ!
RAW YAKUZA CINEMA.出所後の演技は仲代史上の萌えシーンあり。海、太鼓など後の御用金での演出の原型とも取れるかも?
やけにこの映画のレビューが少ないのも頷ける内容。当時流行った任侠物なんだけど、何か古さがあるというか盛り上がりに欠けるというか、何より誰も救われてないオチ。これではうーんと言わざるをえない。それに主人公よりもむしろ悪役の夏八木勲のほうがまだわかるという気がする。死ねない夏八木勲と死ぬつもりの仲代達矢、むしろ夏八木勲の方が生き残るべきだったと思えてしまうあたりもどうなのか。黒幕的存在の丹波哲郎にしてもそこまで悪とは思えないし、夏八木勲なんかは特にどうしょうもない立場だったのでは?もう時代の流れとしか。それだけに親分の義理を立てるという気もわかるが、なんか空気読めてないというか、それをやって何が残るの?みたいな。ヤケになって起こした自己中な乱心としか思えないあたりが共感できない。
Shunsuke

Shunsukeの感想・評価

3.6
3.6点
特に照明がすばらしい映画だったよ。
夕焼けの廃船のある海のシーンが美しくて記憶に残る。
夕焼けねらいで撮影には何日ぐらいかかったのかと。
古い映画だけれど手抜きが全くない映像。
きっとお金もたくさんかかってるんだろうなと。
もう日本でこういう映画は撮れないのかも。

ストーリーは王道で、しかし骨太で良かった。
女彫り師に惚れた。
仲代さん、肝心な時に駆けつけるのが遅いのがお話として腑に落ちなかったが。
これまで数々の任侠映画を鑑賞してきて、五社英雄監督以上の情熱が注がれた作品は未だ出会っていない。

最高傑作と名高い「鬼龍院花子の生涯」のクオリティは今作で確立しており、監督自ら脚本も手掛けている気合いの入った文句なしの傑作でしょう。

下北半島でのガチ長期ロケだったらしいですが、撮影、美術、音楽、芸能どれをとっても素晴らしいです。五社監督十八番の圧倒的物量投入も恐らく今作で確立したのではないかと。

看板俳優の仲代達矢さんは元より、安藤昇さんの男気溢れる名演にシビれます。また、栗原小巻さんの「お嬢」役もハマっており、お嬢様コンプMAXの任侠映画ファンを魅了するには申し分ない配役と言えます。

キャスティングに関して特にグッときたのは江波杏子さん。柔らかく優しい顔立ちの栗原小巻さんとは対照的なシャープでクールな顔立ちの彼女はワケアリ女彫師役なんだけど、彼女の登場するシーンにおいて女の悲哀を表情や仕草で見事に表現しており名演と言えます。

起承転結、ワビサビ、テンポどれをとっても抜群のバランス感覚で最後まで緊張感や高揚感が絶えません。

シナリオに関してもギリギリまで視聴者に大きなヒントを与えないという素晴らしい焦らしやそこからブレークアウトした時のダイナミックな展開、そして綺麗な落とし方、言うことないです。

間違いなく少なくとももう一周はすると思います。今作を観た流れで「鬼龍院花子の生涯」を観ることをお薦めします。

めっちゃ面白かった。満足。(・∀・)
出所シーンがモダンでカッコいい。

東宝初の任侠映画らしく、ところどころに小馴れてなさが目立ち、全体的に間延びしている。先がどうなるか分かっているような描写を長々と続けてるのが退屈だった。スピーディに100分で編集してほしい。
見終わる間で東宝製作と気付かないくらい東映の仁侠物のようなテイストの作品だった。
五社英雄節は健在でラストの三味線をBGMに波を背景にチャンバラはまさしく五社英雄イズムだ。
ストーリーは特に見るとこは無いし少し冗長で飽きてしまうが
太鼓を叩きながら刺される安藤昇
田中邦衛の壮絶な殺され方
など映像的には見所がある。

仲代達矢もこの後の作品ほど壊れた演技をしてはいないが今作では後の鬼龍院花子の生涯のベストアクトの原型が見れる。
NO

NOの感想・評価

4.1
任侠映画といえば東映と言われたいた中、東宝が重い腰を上げて製作した任侠映画が今作。

ある二つの組織が対立、和解、そして再びする過程が刻々と描かれている。

今作は心臓を抉り出すようなカットの集積。

仲代達矢と江波杏子の濡れ場、水煙草(のようなもの)を獣のように吸っている安藤昇、ねぶた祭りや三味線の音楽とともに繰り広げられる漢たちの死闘。

五社監督のスタイリッシュかつ芸術的な演出と仲代達矢、安藤昇など名優たちの演技が光る至高の映画だと思う