ビューティフル・デイの作品情報・感想・評価

ビューティフル・デイ2017年製作の映画)

You Were Never Really Here

上映日:2018年06月01日

製作国:

上映時間:90分

あらすじ

元軍人の主人公ジョーは、人身売買などの裏社会の闇に堕ちて行方不明になった少女たちの捜索と奪還を請け負うスペシャリスト。年老いた母親と静かな生活を送る一方、長年のトラウマに苛まれる彼の心中にはつねに不安が渦巻いている。そん なジョーのもとに新たに舞い込んできたのは、売春組織に囚われた娘ニーナを連れ戻してほしいという政治家からの依頼。仕事を遂行するためなら血生臭い殺しも辞さないジョーは、組織の娼館か…

元軍人の主人公ジョーは、人身売買などの裏社会の闇に堕ちて行方不明になった少女たちの捜索と奪還を請け負うスペシャリスト。年老いた母親と静かな生活を送る一方、長年のトラウマに苛まれる彼の心中にはつねに不安が渦巻いている。そん なジョーのもとに新たに舞い込んできたのは、売春組織に囚われた娘ニーナを連れ戻してほしいという政治家からの依頼。仕事を遂行するためなら血生臭い殺しも辞さないジョーは、組織の娼館からニーナを救出するが、心ここにあらずといった様子の彼女は人形のように無反応だった。やがて謎の襲撃者にニーナをさらわれてしまい、さらなる非情な事態に陥ったジョーは、自分が恐るべき陰謀に巻き込まれたことを知る。この極限の悪夢の中で生きる理由を見失ったジョーは、はたしていかなる行動に打って出るのか……。

「ビューティフル・デイ」に投稿された感想・評価

maro

maroの感想・評価

3.8
ホアキン・フェニックスの存在感たるやなかなか。音楽もさることながら、音の使い方が秀逸。
ストーリーを追いながら、観ているとあっという間に終了。演技力だけで魅せるなかなかの良作でした。もう、一同見てみたいところ。
日本語タイトルは、まあありかぐらいかな。最近、映画のなかの印象的なフレーズを日本語タイトルに持ってきてるのが多い印象。もっと原題いかしてもよいのでは。
キャナ

キャナの感想・評価

4.5
死にたいと思っていたのに生きたいと思ってしまう、そんな映画。
音楽が素晴らしい。
Taul

Taulの感想・評価

3.0
『ビューティフル・デイ』鑑賞。狂気の男の少女救出。どうしてもタクシードライバーが浮かぶしジャンル映画っぽい面白さがあるが、情報は極端に少なく妄想込みのアートな演出。決まる快感ともどかしさが交互に。J・フェニックスの容貌とJ・グリーンウッドのサウンドが過剰なくらいの存在感だった。
全く新鮮味なし。虚無的な殺し屋と
虚無的な被誘拐者。通いあう奇妙な友情。
タクシードライバーはいかに偉大な映画だったか、
感じさせれた。
mar

marの感想・評価

-
なんとなくタクシードライバーっぽい。
ヒロインが出てくるまでは退屈だけど、最後まで観たら大好きな映画になってた。
ヒロインは薄幸の美少女といった感じで、幼く見えるけどどこか達観した雰囲気。誰かに近いなと思いながら観てたけどモトーラ世理奈ちゃんだ。
BGMがソークール!
yuho

yuhoの感想・評価

3.7
面白かったけど、ちょっとあっさり過ぎた気もする。
言わずもがな音楽は最高
センス&センス&センス
イヤなものが片付いて清々しい
きょうはいい日、ほんとほんと
ひろき

ひろきの感想・評価

5.0
映画自体は感覚的に一瞬で終わった
音楽のセンスとカメラワークのセンスが
やばい
誰も幸せにならない
けどめちゃくちゃいい映画
びーち

びーちの感想・評価

3.8
裏稼業で生計を立てていると思しき男が、或る日、議員から娘の捜索・救出を依頼される。一旦は救出したものの、依頼主自殺の報がテレビで流れ、やがて娘も奪回される。物語の随所に、判然とはしないが彼の子供の頃の忌まわしき場面がフラッシュバックされ、さらには進行する物語自体も、現実か妄想か判然としなくなってる。アクションを極力排したバイオレンス描写。台詞も少なく、ナレーションや字幕などの説明的な要素が一切ない静かな画面に、突如、ジョニー・グリーンウッドによる音楽が鳴り出し、観る者を刺激する。とても不条理なサスペンス映画。いや、サスペンス映画ですらないかもしれない。寡黙で難解、正直一度観ただけはよく判らなかった。現題は“You Were Never Really Here”で、「あなたは本当はここにいませんでした」。意味深だ。
けーた

けーたの感想・評価

4.2
静と動のコントラストにぴったりハマる音楽に醸し出された世界観が好きだった。
個人的に「女が眠る時」を思い出すラストシーン!
セリフも少なくて静かだったからか、なかなかに不気味な雰囲気で、1人で見に行ってよかった笑
>|