ビューティフル・デイの作品情報・感想・評価・動画配信

ビューティフル・デイ2017年製作の映画)

You Were Never Really Here

上映日:2018年06月01日

製作国:

上映時間:90分

3.6

あらすじ

「ビューティフル・デイ」に投稿された感想・評価

lumino

luminoの感想・評価

3.3
セリフが凄く少なかった、
中途半端に見ちゃったから、内容ちゃんと理解するの難しかった、
めっちゃ集中して見たらもう少し分かったかな~
グロい痛々しいとこもあったから、めっちゃ集中して見るの難しそう、、
谷口

谷口の感想・評価

2.0
色々と残念な映画。
ホアキン・フェニックスの髭とか。

ジョン・ウーの爪を煎じて飲ませたい
Isami

Isamiの感想・評価

2.6
フランス映画かな?っていうくらい重い。俳優の演技力は抜群で良かったとは思うし、最後のシーンもほんとに良かった!でも自分的には好みではなかったかな。主人公もただのおじさんやし、ミッション?の内容も薄くて一体何だったんだ?って感じで。おすすめはできないかなあ。
shar

sharの感想・評価

4.2
なんとも好み!!

静止画のような映像。
BGM。
バイオレンスは静か。


ホアキン・フェニックスと言えば社会的弱者的な役多いし、今作も陰鬱問題ありだけど、
なんと言っても無敵。
それだけで嬉し過ぎる。

ラストの、まるで誕生のような爽やかさと爽快感。
その前のシーンがシャイニングのようで息苦しいだけに、更に満足度上がる。。

考えるな!感じろ!で良いと思う映画。
rikkorason

rikkorasonの感想・評価

3.3
セリフも少ないし色々わかり辛かったのだけれどこういう映画ほんとに好きなのよね。
リン・ラムジー監督初鑑賞。
物静かで苦しく美しいし作品。過去にて死んだゾンビのような男を、稀代の名優ホアキン・フェニックスが演じる。
セリフの少ない死人のような役はホアキン以外では演じきれなかった事だろう。
ホアキンのベストアクトかもしれない。

続けて2回見たが回数を重ねるほど評価をあげる映画だと思う。一度目では消化出来なかった。
断片的な映像とフラッシュバック映像は夢を見ているような感覚。車ガラスの雨粒にネオンが反射し、何を想うかをこちらも味わえる。

音楽にはRadioheadのギター、グリーンウッド。本作での音楽の影響は大きく不協和音や人々の声を映画音楽として作品と一体化させている。
バックで流れるBGMではなくて、その時その人物の内なる音が聴こえてくる音楽だったと思う。かなり小さく細かな音も使われてるのでヘッドフォンでの鑑賞オススメです。

今まで味わったことのない新しい映画体験でした。

ジョーカーのような分かりやすい怪演では無かったが、こちらも心をえぐり取られるようなホアキンの演技が味わえる映画でした。
kai04

kai04の感想・評価

3.3
久しぶりに撲殺を見た。
その様な人が暗い気持ちになっていると見せられても違和感が最後まで拭えず感情移入出来なかった。
その部分を踏まえて2回目を見るとまた評価は変わってくると思う。
しがないレストランから2人の人生が始まる。
晴れの日に感謝!!
ラスト素晴らしい!!
★★★★★it was amazing
『ビューティフル・デイ』 リン・ラムジー監督
You Were Never Really Here

めちゃ好みやな

ホアキン・フェニックス
as 行方不明者を奪還する元軍人ジョー

虐待された子供時代&PTSDに苦しみ
死に執着するジョー

すべてを失い生きる意味も失った男が
誰かの人生の最後の希望として生きていく

”Let's go.
It's a beautiful day."
他に何もいらない、それだけでいい

I've Never Been To Me
covered by 中島紅音
https://youtu.be/FhAemip1DNQ
三本足

三本足の感想・評価

2.0
7063/042


ジョー
80話過ぎた母親と暮らす
元軍人元FBIでPTSDで無職

水面下で
家出少女を探し出す依頼で報酬をもらう

ある日
議員の娘ニナを連れ戻す依頼を受けたが
今回はいつものようにいかなかった

ジョーカーみたから
なおさら太ってみえる
だるだるの体がリアリティ

ジェイサムみたいなのがテキパキやる系じゃなく
変な謎や裏切りなど過剰なことはない
無駄のない展開

事件そのものより
悲惨な場面を見てきたジョーの
罪滅ぼしのような日々


ーーーーー
CSI:NYはなにしてんだろう
マック!
またマイアミとコラボしてくれんかな
ホレイショー!
>|