チェンジリングの作品情報・感想・評価・動画配信

チェンジリング2008年製作の映画)

Changeling

上映日:2009年02月20日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

3.7

「チェンジリング」に投稿された感想・評価

行方不明になってから数ヶ月経ってるとはいえ何でこれがあなたの子ですっていわれて連れて帰っちゃったのかな。警察の対応は勿論だけど医師とか病院とか子どもとかはぁぁぁ!?って何回も声が出そうになった。

アンジー美人だなぁ。クラシカルなスタイルも相まって佇まいとか泣くシーンはザ・女優って感じだった。

立派なおうちに住んでて羨ましいと思った。大きくて部屋が沢山あって立派な家具も沢山あって。1928年っていったら世界恐慌の時期じゃなかったっけ?ちゃんと仕事があって母子家庭で映画に行く余裕もあって年収とか生活に必要な費用とかすごく気になった。
モニカ

モニカの感想・評価

3.5
イーストウッドなので見やすくてとても良い映画ってことはまあそうなんだけど、この映画がすごいってことじゃなくて、これが実話ってことが恐ろしいことだと思うよ。フィンチャーの手掛けたゾディアックもそう。世の中本当に起こった話ほどおぞましいシナリオはないなとほとほと思わされる映画。
実話。三権分立が考えられたのはこういう歴史があるからなんやろうな。
自分の子どもが仕事中に小児性愛犯罪者に誘拐され、行政に助けられず、行政のメンツの回復に利用され、人権を踏み躙られていたことが普通に起こっていた社会。いまもそういう社会から誰かが被害に遭ってるかもしれないと思うと、日々のニュースや裁判にはもっと興味を持たないといけないなと思った。歴史に学ばなきゃ。
医療が権力と癒着するのもほんまに最低。登場人物のそれぞれが感じる危機感と勇気で成り立っていてドラマチック。
yui

yuiの感想・評価

4.0
🚂🥪☎️🧸🥀
意地悪な人ばかりで思わず画面にお前もか(😠)!!!って言ってしまいそー。
理不尽に精神障害として片ずけるけど、精神疾患の方が正義を貫いてて勇敢だった。
可哀想なんだけど映画にしてくれたことでこの事件を知れて良かった。
凄く中身の濃い実話ベース。

開始19分で感動の涙を流したけど
そこからの展開が想像を絶する。

腐敗したトップを抱えた警察組織と
結託した医師や拘束ありきの病院の
理不尽過ぎる説明や解釈の押し付けに
ずっともやもやが消えませんでした。

後半 色々な事が進展しても辛く
利権が絡む事柄を目の当たりにして
怒りしか浮かびませんでした…。

とにかく色々な涙を流した当作品
実話ベースなので苦しさは倍増です。

心を抉ってくるイーストウッド作品。
その才能は本当に凄いと思いますが
鑑賞後の哀しさの処理が。もう。

アンジーを始め 牧師や弁護士や売春婦
果ては犯人や悪徳警部に至るまで
全て凄い演技に魅了されました。

サンフォード役の子役にも抉られました…。
ずーーーーーっとしんどい。これが実話だと思うと尚更。
どうしたらいいのか分からない
都合よく母親としての責任とやらを押し付けるくせに、その母親の言うことは何も聞かない。落ち着いていても感情を出してもダメ。警察に立ち向かうことに加えて女だと言うことが本当に不利であっただろうに、ずっと諦めなかったことが凄い。凄いだなんて陳腐な言葉では表しきれない。
KOMAME

KOMAMEの感想・評価

3.5
実話ねえ〜・・・

頭がおかしい人、とされるともうおしまい
何言ってももうだめ

警察も病院までも・・・

どこで納得したらいいのか分からん映画だったなあああああ
面白かったけどオチの着地点がふわふわすぎてもやもや
後味が悪かったが、行政という仕組みの中で、むちゃくちゃな事をやったいたことを知りました。

あんな明らかに自分の子供ではないのに、医者までも巻き込んでの嘘。
そして騒ぎ立てると、精神病院行きなんて。

よくあそこまで信念持って、戦ったと思った。
1920年代の警察が行った仕打ちや
主人公の息子が消えた喪失感など
事件の詳細が事細かくえがかれていて
観てるだけで胸が痛くなるシーンの
連続だった。

ラストが凄いモヤモヤする。
のっぽ

のっぽの感想・評価

3.7
この子はわたしの息子じゃありません!

衝撃的な事件。
実話でこんな話があるなんてひどすぎる。
>|

あなたにおすすめの記事