スパイダーマン2の作品情報・感想・評価 - 12ページ目

スパイダーマン22004年製作の映画)

Spider-Man 2

上映日:2004年07月10日

製作国:

上映時間:127分

ジャンル:

3.6

「スパイダーマン2」に投稿された感想・評価

ゆら

ゆらの感想・評価

4.2
面白い…!🕷🕸🤟🏻 1観たの去年の5月だから正直曖昧な部分が多い、笑

街の平和を守るヒーローという存在でいると、恋愛(・学業)等々制限がかかってしまう… ベンおじさんの"大いなる力には大いなる責任が伴う"という言葉を自らの体で感じ、自分はこうして生きていきたいのか、と苦悩するピーター・パーカーが鮮明に描かれていたり、ヴィランの設定だったり、色々辛かった。そしてその苦悩の末のピーターの選択、電車での市民とのやりとりにはグッときました( ; ; )
MJとの甘酸っぱいロマンスにもまた展開が…!MJ男性陣の間フラッフラしすぎな気がするけど、可愛いからOK👍🏻(n回目) そして、スパイダーマンはビルの間を飛び回るアクションシーンがやっぱり見ものですね。自分も飛んでる気持ちになれる🏙🕊気持ちいい。電車のシーンは本当にハラハラしたな… そしてそしてやっぱり私はピーターを優しく見守るメイおばさんが大大大好き☺︎
★★★☆☆(3.8)
「知性は特権でなく授かりもの。だから世のために使え」と言っておきながら、結局はその知性の奴隷になって死ぬ科学者。まるでシンギュラリティ。「知が力」となる現在、その力を操れる「スーパーマン」はどれだけいるだろうか。
電車のシーンやメイおばさんのセリフ、ドクターオクトパスの最期などとても感動的で印象に残るシーンが多かった。
サム・ライミ監督版のスパイダーマン3部作の中で一番面白い映画
ピーターの顔はカッコいいがベースだけど可愛い時もあってすごく好き
ドクターオクトパスはなんでんかんでんの社長みたいな顔してて嫌い
「スパイダーマンを捕まえたいなら、俺を倒してから行け」

1作目はかなり前に観たから だいぶ忘れてる状態で観た。

やっぱワイヤーアクションは迫力があってカッコイイ。
ピーターの葛藤とか情緒がちゃんと伝わってくる動作がこれまた良い。

電車のシーンは名シーン確定。
個人的に糸を張り巡らせてるように見えるエンドロールも印象に残ってる。
momoko

momokoの感想・評価

4.0
NYの街をクモの糸で移動するっていうの考えた人天才!観てて気持ち良すぎ!

毎回ヒロインの前におばさん👵🏻がヒドイ目に会ってて不憫で笑うw
ri7ri318

ri7ri318の感想・評価

2.6
めちゃくちゃ今更観ました。古いCGの合成感がなんだか懐かしかった。ユニバに出てくる悪役はこれだったのね。

関係ないけど、直後にたまたまドリームを観たら、キルスティン・ダンストがいい感じに老けていた!
Kento

Kentoの感想・評価

5.0
1では5.0つけたけれど

本作では5.5、いや6点位つけたい!

久しぶりに観て

本作をベストofスパイダーマン作品に挙げる人が多い理由がわかった

まず人間ドラマが良い
スパイダーマンであるが故に
思うようにMJと関われないピーターと

好きという気持ちを抱えながらもピーターとすれ違うことに苦しむMJ

そして1での事件をがきっかけでスパイダーマン(ピーター)を恨むハリー

三者三様の思いがストーリーに深みを持たせています

切ない…

そしてヒーローとして葛藤するピーター

スランプに落ちて、一時的に能力が使えなくなる本作では

"自分がどうあるべきか"

"どうありたいのか"

というヒーローとして、一人の人間としての根元的な所にも
言及していて話の芯がしっかりしている

(それがMJについても描かれているのがまた良い)

アクションもパワーアップしてて良い!

あの有名な列者を止めるシーンだったり
ニューヨークの町並みをスイングするシーンや
車の間を滑りながらかわしてゆくシーンは
観ててワクワクする!

ある種、ヒーローとしての自覚を得た本作が
第一作目と言っても過言ではないです
第1作目に引き続きネトフリ鑑賞。「愛すべき隣人」スパイダーマンは悪者退治で忙しく、ピーター・パーカーとしての生活を送る事が困難で、メイおばさんは家を抵当に取られる様が描かれますが、こんな仕打ちはあんまりだッて位に全般的に不幸のドミノ倒しになります。大映ドラマか😇

今回の敵ドク・オックですが、元々は高潔な人格を兼ね備えた天才科学者だったのですが、実験中の不幸な事故で輝かしい未来も愛妻も失った可哀想なヒトなので、イマイチ憎み切れないというか敵役としてはもう一つな印象がありました😇

しかし、MCU加入以降と比べるとメイおばさんは断然こちらの方が良いですね。バリキャリの若いおばさんにはない深みがあります。MJも…相変わらず乳首が浮きまくるスキンコンシャスなスケスケな服を着てますが、あの常に躁状態の編集長の息子(親父と違ってイイ奴)と結婚寸前まで行ったりして基本的にハスッパなところは変わっておらず平壌運転ですね😇

最後の最後には報われますが、親友ハリーには正体がバレるわ、見送るMJの顔が悲しげだったりで前作同様に不穏な雰囲気で終わります。サム・ライミ、ただでは終わらせません。早く第3作目も見たいのですが、何故かまだネトフリに上がってないというね😇
土門

土門の感想・評価

3.8
つまらなかったわけではないけど、2が1番失速した感じ。
電車を止めるシーンとか有名だし、印象はあるが、敵の見た目も重要と再認識した。