カールじいさんの空飛ぶ家の作品情報・感想・評価・動画配信

カールじいさんの空飛ぶ家2009年製作の映画)

Up

製作国:

上映時間:103分

3.6

あらすじ

「カールじいさんの空飛ぶ家」に投稿された感想・評価

Paradiseに到達した時にカールが目を輝かせて「エリー、綺麗だ……!」って言ったシーンがとても好きだった。愛。

ピクサーは割と悪が分かりやすく存在する映画が多いなって思った。

風船のカラフルな画が本当にきれい!大好きな作品。

おじさん同士のファイトシーンもおもしろい。
日本語で見たから次は英語でも見てみたいな。
こーき

こーきの感想・評価

4.5
夢と希望に満ちた映画。小さい時に映画館で見たんだけど完全に忘れてた。すごいほっこりした。
今まで観た映画を記録中。

冒頭7分で全てが詰まっている。
最初から泣けたのは初めて。
クワン

クワンの感想・評価

3.8
映画思い出し鑑賞記憶Vol.134

本作はかめさんのレビュークリップ✨ありがとうございます☺️

最初の10分のこの映画の素晴らしさと人生の喜怒哀楽全てが満点に詰まっている。

そして、その後の旅が、そのあまりに素晴らしい神オープニングの余韻に届かなかった😭

再見したい度50%
あの奇跡の冒頭だけ何度でも何度でも観たい✨
過去鑑賞。ピート・ドクター監督作品。

亡き妻エリーとの思い出が詰まった家にひとり静かに暮らしている78歳のカールじいさん。だが、周囲の再開発でその生活が失われそうになったある日、エリーの夢だった南米奥地の秘境を目指すため、人生最後の大冒険に出ることを決意。家に大量の風船をつけて大空へと飛び立つ。
porikozn

porikoznの感想・評価

3.9
過去視聴済み
感動的。当時息子も見入ってた。
高齢者、幼児、動物ものは泣ける
最初の10分の夫婦の人生ストーリーだけでも星4つつけたいくらい非常によく出来ている。さすがピクサー、映像の巧みさは折り紙付き。突拍子もない飛行シーンも幻想的で美しい。ちょっとジブリっぽい?

ただ一方でピクサーにしてはプロットが練りきれていない所が目立つ。はっきり言って主人公以外はオマケのような薄さ。特に敵役の扱いが酷い。見ていると主人公達が意地悪に見えてくる。

それでも夫婦の絆や温かさを感じられるので、嫌いにはなれない。
ごりお

ごりおの感想・評価

3.8
カールおじさんが徐々に丸くなっていく姿良き。
一回風船体にいっぱい付けて飛んでみたい
カールじいさんの顔が良い笑笑 風船で空飛ぶって最高の夢!私も夢!
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

4.0
カール・フレドリクセンは78歳のおじいさん。風船売りの仕事も引退し、亡き妻エリーとの思い出が詰まった家で、一人きりで暮らしていた。
ある日、カールはトラブルを起こし、老人ホームに強制収容されることに。その時、彼はエリーとの「いつか南米を冒険しよう」という約束を果たすため、人生最初で最後の冒険の旅に出ることを決意する。そして、大切な我が家に無数の風船をつけて、家ごと旅立った。目指すは南米の秘境、伝説の場所、パラダイスの滝!
苦々しいこれまでの生活からようやく離れられ、久しぶりに穏やかな表情を取り戻したカールだったが、空を飛んでいる家の外からドアをノックする音が。空けてみるとそこには「お年寄りお手伝いバッジ」を手に入れて自然探検隊員のランクアップを目指す少年ラッセルがいた。やっかいなことになった、と思いながらも、カールはパラダイスの滝を目指す。思いもよらぬ運命が待ち続けているとも知らずに・・・。
冒険を夢見ていたカールじいさんと冒険を夢見ていたラッセルの擬似親子的な相棒関係、未知な密林での冒険、心温まる冒険アニメ。
>|