カールじいさんの空飛ぶ家の作品情報・感想・評価・動画配信

カールじいさんの空飛ぶ家2009年製作の映画)

Up

上映日:2009年12月05日

製作国:

上映時間:103分

3.7

あらすじ

『カールじいさんの空飛ぶ家』に投稿された感想・評価

テル

テルの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ちょっと期待しすぎました。
多くの人にオススメされたんで
楽しみにしていた分
少し物足りませんでした。

嫌な部分があると言うよりは
好みの部分があまりなかった
というような印象でした。
展開の意外性もあまりないように感じた

動物園の南アメリカの風船売り場で
伏線はってるのとか細かい

家の階段自動で降りるやつ機械おっそ笑

ツッコミどころはたくさんあったなぁ
家が浮く浮遊力どうやって
抑えとったん?とか
ってか物理的に床大丈夫なん?とか

でも飛ぶシーンと影が映るシーン好き

エリーの風見鶏のカジ採用してるの好き

そんな風船数個で急降下せんでしょ笑

犬たちの出で立ちと声が
合ってないのジワるわ笑

ガキずっとうぜぇ

そんな顔ガラスに擦ったら顔燃えるぞ笑

最後は家への固執からの解放って
感じが分かりやすくて良かった

エンドクレジット可愛い
mk

mkの感想・評価

3.7
エリーとカールじいさんの回想シーンと
家が空を飛ぶシーンだけでみる価値ある映画。

あの冒頭のシーン、
私的にはアナと雪の女王より泣ける。


そしてあの、風船が一斉に舞い上がって
マンションの窓から女の子が外を眺めるシーン。
あの一瞬が大好きです。
Up 原題が好き。いくら歳をとっても夢を追えることを教えてくれるこの映画は老若男女誰にでもおすすめできる。これの後日談を描いたダグの日常もいいよ!
おばあさんから貰った愛はこれからも連鎖していくんだろうなぁ。感動した! 

このレビューはネタバレを含みます


幼い頃から冒険家に憧れるカールは、同じく冒険家に憧れるエリーと出会い、結婚をして幸せな日々を送る。
歳を取りいつか一緒に行こうとしてた南アフリカの伝説の滝に行けないまま、エリーが亡くなってしまう。

工事建設が始まり家の立ち退き要求に、思い出の家を守るため断っていたが揉め事を起こしてしまい不利な状況になってしまう。

考えた末、夫婦で憧れていた伝説の滝に行くため家に風船をつけて家を浮かし冒険に出る。

果たして、カールはどの様な冒険をするのか…的なストーリー


めっちゃくちゃ良かった。
冒頭15分で引き込まれてしまった。
昔からTSUTAYAで存在を認知してたけど、食わず嫌いで観てなかっただけに凄い感動した。

【カールがただ思い出の地を目指す】だけではない、深いストーリーだった。


妻との思い出、約束、家に執着していたカールが、妻のメッセージを見て全てを捨ててラッセルとケヴィンを救いに行くシーンとか胸が熱くなってしまった。

そして何より犬が可愛い。
登場キャラ99%が癒しキャラだった。

展開やテンポも良く見やすい。
前半の家を立ち退く経緯も分かりやすく簡単にまとめてくれてて、後半をしっかり時間を割いてくれてるから本当に良かった。

子供では無く大人の方が刺さる作品だと思います。素敵な夫婦を観れて幸せな気持ちになりました。
R

Rの感想・評価

3.8
チャールズマンツ悪者すぎて笑った
冒頭からカールとエリーの思い出シーン泣ける
a

aの感想・評価

4.2
感動とコメディが半々くらい、面白い

最初うざめのキャラだなと思ったけどみんなバックグラウンドがあって最後には愛着が湧いてた

ダグが可愛過ぎた、、
カールじいさんの空飛ぶ家鑑賞!
冒険好きだったカールは空き家だった家で少女エリーと出会う
エリーとの思い出が全て大切なカールが家ごと旅に出ると言う発想がよかった
ラストにつれて今あるものが大切だと気付いたように見えた
長年の夢を叶えるため空を冒険する映画!
usako

usakoの感想・評価

-
なんやかんや初めて見た!
とても愛情深い素敵なじいさんだった👴🏻🎈
風船もお家も南アメリカも色彩がとても綺麗で夢が溢れる冒険ストーリーって感じ🌈
rino

rinoの感想・評価

3.5
大学4年の頃、OSCEの長〜い待ち時間のときに流れてて観たやつ

話はあまり響かなかったけど、風船のカラフルさと空の色の対比がきれいだな〜と思って、気が緩んで、
割とリラックスしたままその後のOSCE受けられた記憶🎈
>|

あなたにおすすめの記事