男対男の作品情報・感想・評価

「男対男」に投稿された感想・評価

AnriKimura

AnriKimuraの感想・評価

3.5
三船さんと池部良が同じ画に収まっていることの幸福感がやばい。
ビックリするくらい面白い。東宝の映画とは思えないほどの容赦ない暴力がたまらん。バーでの殴り合い、射撃、ひき逃げ、熱湯シャワーで拷問、レイプなどなど暴力によってストーリーがどんどん進んでいく面白さ!池部良と平田昭彦のタイマンがモーターボートに乗った撃ち合いと007みたいな感じて良い。
三船敏郎、池部良、加山雄三、星由里子、平田昭彦と東宝が誇るスター達が勢揃いしてるのも良かった。みんながみんなタバコを吸っているが池部良が吸ってた煙草はハイライトでした。
mingo

mingoの感想・評価

3.7
ノワール感漂うラストカットだけでこの点数になってる感は否めない。三船vs池部なだけで観る価値はあるが傑作とは言い難い雑な脚本。菊島にやらせたら超傑作になったと思う。それでもあつい男のブロマンスを感じたい方はどうぞな一本。
田崎潤と平田昭彦の悪者コンビは一回だけじゃなく何遍も地獄に落としたいし、殺し屋の天本英世と刑事の土屋嘉男はお馴染みすぎて画面映えがない。ボンボンの雄三ほどイライラするボンボンは居ない。星由里子ではなく北あけみのお色気はあらまぁと言ったところ。谷口千吉監督作にしてはおもんない。
kyn

kynの感想・評価

4.0
はしけで寝起きしてる人とか手作業の荷役とか
大桟橋に客船以外も着いてる
税関と県庁は今と変わってなかった
yuka

yukaの感想・評価

3.6
三船の豪快な喧嘩っぷりは説得力があり
池部良と銃の組み合わせは色っぽくて良かった

しっかり目の暴力描写と囲われた唖の女性(星由美子)というキャラクターに珍しさを感じたものの、まあ凡作、かな‥
題が多少暑苦しいが仕草も美術もなかなかお洒落。加山雄三は本作がデビュー作とのことで、台詞こそ棒だが若旦那ぶりは板についていると感じた。
一

一の感想・評価

-
「やめろよ よせよ」とか言いながら相手をぶん投げぶん殴るミフネのケンカっぷりが最高。池部さんは久々にヤクザな役どころ。東宝の豪華役者は揃ってるけど話はおしなべて雑である。いつも以上に気持ち悪い平田昭彦やボンボンの加山雄三にイライラ。そして池部が囲っている唖の星由里子の扱いが気持ち悪い。焼け死ぬ沢村いき雄(涙)
谷口千吉作品は好きなんだけど、これはいろいろな意味で笑ってしまった。キャストはすごく豪華だし、ラストシーンなんかすごいので、一見の価値はあると思う。ただ、関西出身の人は、この映画に出てくる関西弁聞くと笑いが止まらなくなる可能性あり…。
東宝にしてはバイオレンス多めで、北あけみや星由里子がひどい目に遭う描写があるので、気になる人は要注意。

「没後十年記念 映画俳優 池部良」
海運会社を巡ってかつての戦友、班長の三船敏郎とヤクザ稼業の池部良が敵対。
男同士の友情も感じられる暗黒街的なアクションもの。
とにかくかっこいい男達のドラマでかなり気に入った。
どれもしっくりな人選のキャスティング
志村喬と加山雄三の親子役、平田昭彦の悪役ぶりもいい。
今作デビューの加山雄三は若い!社長の一人息子のボンボン役もどこか似合う。

何よりもテーマ曲が最高!
超ブロマンス。女性陣が冷たく扱われてる(大事にされてる子もお人形みたいな可愛いがられ方)ので、余計にそう思える。ラストに悶絶。
そんな危なっかしい会社に◯◯は任せないぞ。軍隊経験ゆえ銃を使えるのは、ある年代までのリアリティ。
>|