モダーンズの作品情報・感想・評価

「モダーンズ」に投稿された感想・評価

芸術と金と女。
後半の展開やラストのオチが皮肉で最高に気持ちいい。
犬

犬の感想・評価

3.4


1920年代、モダン・アートの時代を迎えようとしていた頃のパリ
腕はいいが売れない画家のハートは、彼のもとを去り、若き実業家ストーンと再婚したレイチェルと再会する
レイチェルとよりを戻すため、ハートは贋作を描くことを決意するが……

成功を夢見る画家と、彼を取り巻く男女の愛憎をロマンティックかつシニカルに描いたドラマ

本当の愛
そしてパリという街

芸術って何かとスゴいです

ドロドロな関係
ラストはなかなかだった

時代を感じる雰囲気
たまに白黒になります

リンダ・フィオレンティーノが可愛らしいです
映画男

映画男の感想・評価

4.0
B級映画かな?分からんけど、なかなか良かった。1920年代のパリを舞台にした映画。主人公は売れない画家。その周りに金持ち画商とか、ハリウッドに行く夢を捨てきれない新聞コラムニストとか、男を惑わせる色っぽい女とか、ヘミングウェイも登場する。ロストジェネレーションってやつですな。まあ、これぞ、パリって感じの雰囲気。行ったことないけど。とにかく冒頭の5分間が目眩するほどオシャレ。
こと

ことの感想・評価

4.1
母のおすすめで見た、というか買った映画。

おしゃれ
母的にはバスタブで男性に脇の毛を剃ってもらうシーンが革新的だったとさ。それまで、女性が"脇の毛を剃る"という習慣がなかったが故に、剃ること自体がアヴァンギャルドだったのかもしれない。
それに加えて、男性に剃ってもらうというのもエロチックで良いんだろうなぁ
SioR

SioRの感想・評価

4.6
リンダ・フィオレンティーノを愛でる映画。20年代、女性の社会進出が進むアールデコ期のパリが舞台
この頃の煙色の退廃的で享楽的なパリの空気感が好き