ゲバラ!の作品情報・感想・評価

「ゲバラ!」に投稿された感想・評価

20170830
カストロの物真似具合ウケた。
オマーシャリフは何時なんどきも上品で素敵~
原題はチェ!です。チェ!
カストロあほで笑ったwドキュメンタリーっぽいタッチがベタなドラマになるのを避けるのに一役を買っていていかにもフライシャー的。

なぜか20代の頃に買ったこのDVD。やっと見ました。さて、フライシャーは一度この辺でひと段落にして、別な監督の作品を見ることにしよう。
エーコ

エーコの感想・評価

3.3
あまり面白いとは思わなかったが、フライシャーの映画における、死体と回想について考えたくなる映画だった。なにせ没後二年ですよ。擬似ドキュメンタリーの時代。革命と映画といえば歌と群衆だが、本作は群衆。横一列で行進する寡婦や、移動場面でのゲリラ兵たち。横一列で歩く人々を真正面から撮るのが印象的に何度も出てきた。
Taka

Takaの感想・評価

3.2
駆け足なので物足りないが入門編としては面白いかも。
後半のゲバラの変節が、ちと不可解ではある。
tk33220

tk33220の感想・評価

4.2
移動や銃撃戦などアクションの撮り方がアイデアに溢れている。
yaaa

yaaaの感想・評価

4.0
理想を夢みて激しく生きる。
男として憧れます。
Tシャツ着ないけど好きですね。

ゲバラの死から始まって、「あの人は○○だった」みたいな関係あった人々の語りが入る。ドキュメンタリーでなくて役者がそれを演じてるんですけど。

異論あるかと思いますが、本作なぜかモンド映画に思えた。モンド映画のカテゴリーから外れるかもしれないし、伝記映画でええやんってことでしょうが。

ゲバラの没から二年後に公開。
全盛期の若松プロ並みの時代の流れの食い付きよう。
気になるあの人はこんな人やった!と好奇心くすぐる企画だったんでは。
男前エピソードの羅列でなく、赤裸々にみせたるぞっと後半はケンカばっかりしてます。
挙げ句の果てには、タランティーノ映画でうす~くお馴染みのシド・ヘイグにも文句言われてしまいます。
ある意味綺麗事だけでなくて面白いですけど。

最初、えっ!と思うがオマー・シャリフが次第にゲバラに見えてくる不思議。
ジャック・パランスは最初からカストロなはまり具合。

デル・トロの二本と本作でまあまあ知ってるつもりになれる。
まあまあですけど。
二兵

二兵の感想・評価

3.7
名優オマー・シャリフがゲバラを演じた1本。主にキューバ上陸から、ボリビアにおける処刑まで、ゲバラの生涯の中でいちばん知られた箇所を描いている。

アラブ系のシャリフが演じるゲバラは、見た目はかなりソックリ。
90分と伝記映画にしては短めだが、ゲバラについてざっくりと勉強できる映画。
Marino

Marinoの感想・評価

2.0
前回観たゲバラ作品では語られてなかった部分の描写があったので、勉強になった。アメリカ映画やからしょうがないけど、英語が違和感。オマーシャリフはやっぱり、素敵でした。