チェ 39歳 別れの手紙の作品情報・感想・評価

「チェ 39歳 別れの手紙」に投稿された感想・評価

YUKI

YUKIの感想・評価

3.2
前編と比較してどんどん破滅して行くから観てて辛いけど
ゲバラが歴史上最もと言っても過言じゃないほど愛されて神格化されてる理由がわかる
シンプルに生き様かっこいい
MiYA

MiYAの感想・評価

2.5
前編から舞台は変わり、最初から最後までボリビアの山中でのゲリラ戦。喘息発作に苦しむゲバラの姿にはいたたまれないし、ゲリラ部隊が農民から疎まれるという現実も辛い。革命という「果実」を得た前編に比べ、敗軍敗走を描いた本作は圧倒的に苦い。

自ら権力の座につかなかった稀有な革命家ゲバラ。なぜ彼はそんな稀有な生き方をが選んだのだろう…。語りが不親切な本作からその核心を理解することはできませんでした。残念。
MU

MUの感想・評価

3.3
第2部、キューバ革命後のボリビア編。
勝利へと向かう第1部と異なり最後の地での話なのでこの淡々とした雰囲気は合う気がしますが、何にせよある程度知識が無いとよくわからない作り。
EILEEN

EILEENの感想・評価

3.6
ジャングルの中のゲリラ戦がメイン。なかなかうまくいかなくて追いつめられる感じにヒリヒリする。でもやはり彼は素晴らしい!
0naiii

0naiiiの感想・評価

4.3
早く終わってほしいと思いながら、よく分からない使命感に駆られて頑張って観た。

ただひたすらに辛い。
最後に残る途方もない疲労感。

これを感じる為の映画なのかもしれない。
tama

tamaの感想・評価

3.1
ゲバラの名言を体現して生きようとしてしまう節はある。
偉大すぎてこんなところで偉そうに評価できない。
映画としてはまぁまぁ。
ユーヤ

ユーヤの感想・評価

5.0
歴史の勉強として、この人に興味を持つべき。
英雄、そして良き人間として描かれている本作も、別な描き方をしている作品や報道等も、僕はこれから〝人の想いの結実〟として心に刻む事になるだろう。
正義か、悪か、正しかったか、間違えたか、利己的か、利他的か、資本主義か、共産主義か、の垣根を超えて、エルネスト・ゲバラは〝最強〟の平和主義者だったと思う。

映画としては、非常に抑制の効いた作り。ベニチオ・デルトロの演技が出色の出来であったのは勿論のこと、スティーブン・ソダーバーグの演出も見事。
過度な音楽的演出はせず、環境音を少し煽るだけで不穏な感じを伝えている。
また、ゲリラ戦という行為の入り乱れた戦闘の性質からか、基本的に「日なたに居る人が撃たれる」という分かりやすさを提示してくれている。
つまり、密林で木々の葉擦れの音が大きくなったら…ヤバイ!とか。
政府軍兵士が日陰にいて革命軍兵士が日なたに居て…ううう…!とか。
史実を映画にするという際の〝絶妙の塩梅〟が分かっている感じでした。
普通に淡々と描いたら映画として成立しない。演出し過ぎたら史実として成立しない。素材の味は活かし、しかし食欲は持続させる位に味は整えつつも、添加物は使用しない。そんな感じの素晴らしい料理です。
nobu0326

nobu0326の感想・評価

3.8
ラストが迫るにつれて終わってほしくないと思いつつやはりそうなってしまった。私が11歳の時地球の裏側でこんなにも熱きことが為されていたとは、なんともはやです
成功へと向かう第一部とは違い、破滅へと向かう第二部は辛い。
初めて行なった革命に成功してしまうと、どうしてもそのイメージから離れられない。コンゴやボリビアでの失敗は必然だったのだろう。 成功がむしろ奇跡なのだから。
satchan

satchanの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

『チェ 28歳の革命』と続けて見ました。合わせると4時間で長いから、二つに分けたとのことです。この続編で、ゲバラは喘息持ちなのに、生まれ故郷のアルゼンチンでもない、カストロと革命に成功したキューバでもないボリビアへ。この辺の思考回路が高尚過ぎて、理解できないけど、困ってる人がいたら助ける正義感の塊みたいな人だったんですね。だからこそ、熱狂的なファンがいるんだと思います。続編は、食べるものも少なく、仲間を失い、裏切られ、どんどん追い詰められていきます。視聴者として、応援していても、映画のようにハッピーエンドにはならないし、事実を受け入れるしかないんだよな…と悲しい結末がやってきました。

持病の喘息と闘いながら、時折、ゲバラの朦朧とした意識を表現する時に、音声を全部消して、耳鳴りのような音だけを流すところ、効果的で面白いな、と思いました。ゲバラが囚われた後、見張り役の人とすら、心を通わせるシーンが印象に残ってます。あんな囚われの姿で、処刑されるまでの短い時間でも、人の心を掴むことができるのって、生まれながらに持った才能ですね。そして、銃で打たれた後も、ゲバラの目線でカメラが回り、天井が映し出されるところも、心に残りました。
>|