ツィゴイネルワイゼンの作品情報・感想・評価

「ツィゴイネルワイゼン」に投稿された感想・評価

やまう

やまうの感想・評価

4.5
掴み所のない茫洋とした薄気味悪さで理解に苦しむが再度欲してしまう蠱惑さに満ちた怪異譚。

監督のツッコミとサラサーテの呟き。

超短いトンネルのある地名に行きたい。
まゆ

まゆの感想・評価

-
気になっていたやつです。意味わからないんだろうなと思って見ましたがやはりそんな感じの映画でした。時代は好きだと思います。エログロナンセンスの江戸川乱歩を思い出し、丸尾末広漫画で何度か見た眼球舐めをリアルで見ることができました。意外にグロくないんだなと。それから奥様のモガファッション、病院、旅芸人。蒟蒻!そのうち行きたいなと思っていた蓬莱橋が出てきました。監督の浪漫三部作の一つらしいので、他2作も見たいと思います。
うーむ、一見しただけではストーリーはなかなか理解できないが……澄んだ印象の映像がノスタルジック。謎の効果音の中で超常的な世界へ次第に足を踏み入れていく

放蕩家の中砂はともかく、青地の有閑ぶりがちょっと鼻についたが、淡白なインテリ然とした姿は格好いい

ずーっと蒟蒻ちぎってる園が笑える。盲目の門付の男女、中砂の目を嘗める周子、妙子のうわごとにゾクゾク
一般人

一般人の感想・評価

3.5
ブルジョワっぽい。
大したことないストーリーに漂う緊張感と、奇行。生と死の紙一重さ。
蹂躙

蹂躙の感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

不思議な映画。綺麗と気味悪い半分ずつ。堤幸彦のトリックっぽいところがあった。

おいねが横向いてしゃべるシーンと桜のシーンが好き

三人の旅芸者と青地の奥さん苦手すぎる。

なかさご死んでからが面白かった。それまで結構つらい。
gikos

gikosの感想・評価

4.1
ジプシーのように旅をしまくる放蕩主人公 青地と、対照的に生真面目な親友を取り巻く物語。

大きなストーリーは見当たらない。
見世物小屋を見ているような世界観が淡々と続く。どことなくリンチの「エレファントマン」も彷彿とする。

しかし、その夢うつつの奇妙な映像と、青地の奔放さに引力があり画面から目が離せなかった。

視聴後には、青地に対する憧憬と、心地いい退廃の気分だけが残った。

忘れた頃にまた見たいな。
ちよめ

ちよめの感想・評価

3.6
サラサーテのレコード盤に乗せられる狂気の世界にとても引き込まれる
強烈なエロスとタナトス
zenkou

zenkouの感想・評価

4.5
38年前に映画館で観たはずなのに、いつも思い出そうとしても室内に花びらが舞い落ちるシーンと切り通しのシーンしか思い出せなかった。
今回あらためて観て、そのわけが分かった。
この映画はエロティシズムと不気味さの中に、人間ならではの執着心と自由への憧れといったような矛盾したものが描かれているような気がする。
今観ても魅かれるし、美しい映画だ。
りょー

りょーの感想・評価

3.7
不思議な映画。難解すぎるし、不気味だった。まさしく怪異映画だった。何回か観たら理解できるのかな?

一番の魅力はやっぱ原田芳雄だね。あの色気と渋さがパナい。
あや

あやの感想・評価

-
小学生の時の塾の国語の先生が年度末になると見せてくれた 確か5・6年の2回観た ちぎりこんにゃく
>|