さらば、わが愛 覇王別姫の作品情報・感想・評価

さらば、わが愛 覇王別姫1993年製作の映画)

霸王别姬/Farewell My Concubine

製作国:

上映時間:172分

ジャンル:

4.1

「さらば、わが愛 覇王別姫」に投稿された感想・評価

FumiyuKo

FumiyuKoの感想・評価

4.3
とても好きな映画の一つ。
MegmiTanak

MegmiTanakの感想・評価

3.9
時代に翻弄された2人の京劇役者とその妻の物語。何と艶っぽく悲しい物語なんだ。ラスト、コン・リーの寄りの表情が忘れられない。衝撃、軽蔑、疲弊、同情、様々な感情が入り混じった痛いげな表情だ。
レスリー・チャンの放つ異様な色気とカリスマ性、彼の存在が稀有であることが改めて分かる。吹替版の山路和弘さんも、なかなかいい。ぜひ。

京劇のカンカンカーンという鐘?の音が耳に焼き付いて離れない。
文化大革命…社会的背景かあんまりわかってなかったので楽しめなかった😞

強烈な心情の変化にもなかなかついていけなかったし、私には難しかった😢

でも色使いや雨が降ったり、雪が降ったり場面場面の躍動感が伝わった。
初めて見た中国の映画かもしれない。
そのせいか、好きな映画の上位に常にいる忘れられない映画。
レスリー・チャンが今はもういないのだと思うと2重に切ない気持ちになる。
見ると必ず「文化大革命」についてwikiってしまう。
(そして結局よく分からない)
律子

律子の感想・評価

4.3
大学生のときに授業で観た。
何年経っても色鮮やかに、痛みが胸に迫ってくる…
機会があれば映画館で観たい。
面白かった。

登場人物たちの心情の変化の高低差。


もし映画監督になってアカデミー賞をとれた時、その後の僕は どうなっていくのだろう。

天狗になるのか。
映画監督をやめるのか。
新しい映画を撮り始めるのか。
風俗に行って 妻を探すのか。


当たり前に上を目指していたが、
上についた時のことを思うと、
2〜3位辺りをウロウロしていた方が、
人生としては 失敗しないんじゃないかとか思ってしまう。

こんなでは ダメだが、
この映画を観たら、
いける実力があるかないかとかは置いておいて、上に上り詰めるのが怖くなった。



観終わった後、なぜだか「愛のむきだし」を観終わった時と同じ雰囲気になった。

なんか 似てる。
どこか?と聞かれたら、わからないが、
なんか似てる。

このレビューはネタバレを含みます

兄弟同然に生活しながら「京劇」を演じてきた男二人(レスリー・チャン、チャン・フォンイー)、そして一人の男に妻(コン・リー)が出来たことから波立つ人間関係を、50年に亘って歴史的背景とともに描いた大河作品。


3時間弱の長編であるが、一気に観ることができる波乱万丈の物語。
「覇王別姫の物語は、『人はその運命に責任を負う』という意味があるのだ」というセリフが印象的だった。

コン・リー主演映画は、チャン・イーモウ監督作品を中心に『紅いコーリャン』、『ハイジャック/台湾海峡緊急指令』、『菊豆(チュイトウ)』、『紅夢』、『秋菊の物語』、『上海ルージュ』などを観ているが、本作におけるコン・リーは菩薩的な魅力あふれていた。(なんか、一見、山口百恵にも似ている感じ…)


しかし、この映画では自分が嫌いなシーンがいくつかあった。
・六本指の子供の指を1本切り落とすシーン。週刊少年チャンピオンに掲載された手塚治虫の『ブラックジャック』でも六本指を手術して五本指にする「指」というエピソードがあって手術だったので穏便な描き方だったが、この映画では包丁で切り落とす。これ、嫌だ。(同じ理由で、『ブラックレイン』や『ピアノ・レッスン』なども嫌い。)
・顔に唾を吐きかける場面
・スッポンの首を切り落とすシーン。これ、残酷。
これらが無ければ、何度でも観たい気がするのだが……、この点はちょっと残念だった。
抹茶

抹茶の感想・評価

4.5
2時間50分ある映画だったけど、魅入ってしまった。さすが名高い名作。
おまつ

おまつの感想・評価

5.0
圧巻。まさに息を呑む映画。
歴史に、環境に、人に翻弄されながらもそこにあり続ける純愛。
映像の美しさにも、常に心を揺さぶられる。
中国が翻弄していた時期の歴史の重さもずっしりと感じる。
重い映画なので、軽い気持ちで観たり気軽に人に勧めたりはできないのですが、私が映画を考える時にまず頭に浮かぶ名作です。
独り言

独り言の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

動乱の中国の中で翻弄される京劇者。どうしても断ち切れない恋慕が美しくて哀しい映画。
ともすると耽美に陥りそうなストーリーなのに、どの人物も綺麗すぎず、きちんと肉付きがあって人間らしい。

チェンカイコーの細部まで拘った造詣が中国文化の深みを表現していて良かったという記憶。
京劇をいつか本場で観たい。
>|