さらば、わが愛 覇王別姫の作品情報・感想・評価

さらば、わが愛 覇王別姫1993年製作の映画)

霸王别姬/Farewell My Concubine

製作国:

上映時間:172分

ジャンル:

4.1

「さらば、わが愛 覇王別姫」に投稿された感想・評価

FumiyuKo

FumiyuKoの感想・評価

4.3
とても好きな映画の一つ。
眞由

眞由の感想・評価

4.8
3時間の大作。
こんなに釘付けになったのは久しぶり。
凄く切ない映画です。
時代に翻弄される類いのものはよくある。そこへ時代とは無関係な愛が絡む。その愛に苦しむ様が突き刺さるように伝わってくるから、観ていて辛かった。

京劇を観る機会があって、その後、その手の映画ないかなぁと思っていたらこの作品に辿り着いたのだけど、観終わった後、なくならなくて本当に良かったと思う。

また観に行こう。
TOHOシネマズ午前十時の映画祭で鑑賞
名作と評判だった本作、シアターにて鑑賞できて本当に良かった。
激動の時代、真っ直ぐに必死で生きていく主人公たち。時代に翻弄されつつ、それでも人と京劇の夢を信じ、そして裏切られ。永い年月を経て最後はようやく幸せがと思いきや…
でも、個人的には、決して悲劇だけではなく、もっと深い愛があるのかなと感じることができました。

とにかく、レスリー・チャンが最高です。なんとも美しく、京劇での妖艶さは男も惚れる。コン・リーも若い(*^_^*)、役どころは嫌な女性ですが、時折みせる母性が、これぞ女って感じでしょうか。

ストーリーは最初からひたすら重苦しく、息が詰まるほど哀しみいっぱいですが、必見の名作。
りん子

りん子の感想・評価

5.0
世界観と色彩が好きで好きでたまらなかった作品。なんかこう、映像の湿度が高い。
レスリー・チャンの指先や視線の使い方は本物の京劇役者かと思うほどの色気。きっと名旦になっていただろうな…。
蝶衣が自分の愛と誇りを守りきったラストシーンは本当に泣ける。
幼少期を演じていた少年がとても透明感があって気になっていたら、成長してから同監督作品「花の生涯~梅蘭芳~」にも出ていた。やはり美しかった…。
ずっしり重い作品だけど、鑑賞後にさらにドーンとくる。
歴史的状況が激変する時代に京劇に全てを捧げて生きた男たち。
文化大革命を経て、何百年もの伝統文化もやはり変わらざるを得なかったのか。
権力は男たちの真意も葬り去ってしまう。
なんとも…悲劇の時代に演ずるのも悲劇!!!
京劇の養成所。
娼婦の母親に連れてこられる一人の男子。
少年となり中性的な彼は女形としての運命を歩むことに…。
虐められる彼をかばい、慕う兄弟子であり男性役の少年とやがて京劇《覇王別姫》で人気を博すこととなるが悲劇へと向かうことにもなる…。

京劇に捧げた人生。
時代に翻弄させられてしまった人生。
いろいろと切なくなる映画です。

ラスト、あのカットで閉じるのは見事ですね。

役者、脚本、演出、美術、映像、すべて見応えがありました。

今は亡きレスリー・チャン。
素晴らしかった。

少年期を演じた男の子もうまかったなぁ 。
想像以上の作品でした。
すぐに言葉が出てこない…
スケールが大きすぎる。
舞台に立つことに命を懸けている、とはこういうことよ。
50年という年月の中で、京劇の在り方が大きく変わり、時代に翻弄される人生。
蝶衣の妖艶な美しさに吸い込まれそうです。
>|