こころに剣士をの作品情報・感想・評価

こころに剣士を2015年製作の映画)

Miekkailija/The Fencer

上映日:2016年12月24日

製作国:

上映時間:99分

3.7

あらすじ

1950年初頭、エストニア。ソ連の秘密警察に追われる元フェンシング選手のエンデルは、小学校の教師として田舎町ハープサルに身を隠す。そこでは生徒たちの多くが、ソ連の圧政によって親を奪われていた。やがてエンデルは課外授業としてフェンシングを教えることになるが、実は子供が苦手だった。そんなエンデルを変えたのは、学ぶことの喜びにキラキラと輝く子供たちの瞳だった。なかでも幼い妹たちの面倒を見るマルタと、祖…

1950年初頭、エストニア。ソ連の秘密警察に追われる元フェンシング選手のエンデルは、小学校の教師として田舎町ハープサルに身を隠す。そこでは生徒たちの多くが、ソ連の圧政によって親を奪われていた。やがてエンデルは課外授業としてフェンシングを教えることになるが、実は子供が苦手だった。そんなエンデルを変えたのは、学ぶことの喜びにキラキラと輝く子供たちの瞳だった。なかでも幼い妹たちの面倒を見るマルタと、祖父と二人暮らしのヤーンは、エンデルを父のように慕うようになる。ある時、レニングラードで開かれる全国大会に出たいと子供たちからせがまれたエンデルは、捕まることを恐れて躊躇うが、子供たちの夢を叶えようと決意する。果たして彼らを待ち受ける予想もしない出来事とは?遂に、子供たちとエンデルそれぞれの戦いが始まる。

「こころに剣士を」に投稿された感想・評価

Taul

Taulの感想・評価

3.0
実話とフェンシングとドラマの何と上質な融合だ。歴史的事実は控え目に、人と人の交流から生まれる小さな変化を丁寧に描いて心を捉えて離さない。子供の純粋さが大人を動かし、大人が子供達に託す未来。試合では小国が大国に挑む姿も重なる。真っ直ぐな瞳と険に感動する。
個人的には惜しい作品だなと感じた。中盤眠りそうになったが、ラストはぐっと引き込まれる。
もっとマルタのことを掘った方が良い作品になったのかなと思った。
nori

noriの感想・評価

-
1950年ごろのソ連に併合されたエストニア。
ナチスドイツに従軍した者は強制収容所に送られる。

従軍したことを隠し名前を替えて、田舎の教師になった主人公。
ここで始めたのが、自分が得意なフェンシング。
子どもたちは、アッと言う間に、のめり込んでいく。
しかし、校長は彼を怪しみ、調査させて、従軍したことを突き止める。

生徒を連れて、レニングラードの試合へ。
優勝しても、主人公は、強制収容所送り。
しばらくして、レーニンが死に、皆、徐々に解放され、主人公も戻ってきた。
また、フェンシングの始まりだ!

好きで、ナチスに従軍した訳でもないのに、収容所へとは、ソ連って、本当にやることがひどい。
生徒たちのお父さんたちは帰ってきたのかな~
おじいさんは、寒さに耐えて戻ってくることができたのかな~
そこが気になった。
るじ

るじの感想・評価

4.0
良い映画だと思う
先生と生徒が真摯
良い感じに話にのめり込んで、映画を見れた

背中を追っかけるカメラと画面の淡い色合いが好み
hinano

hinanoの感想・評価

3.9
実在した人物を基に描いた作品。

全体的に物静かではあるものの、内に熱い何かを秘めているような空気感。フェンシングは今まで余り見たことがなかったけれど、奥が深くて面白いスポーツなんだなあと。何も知らない私でも楽しめました。

子どもたちと先生が送るただの部活映画ではなくて、大戦前後のエストニアの歴史や社会背景について知ることができたのも良かったです。

このレビューはネタバレを含みます

ソ連占領下の1950年代初頭のエストニアを舞台に、勇気を持って逆境に立ち向かうフェンシングの元スター選手と子どもたちの絆を、実話に基いて描いたヒューマンドラマ。こういう映画を見て、いつも感じるのは人間の信念の強さである。良き映画の一つであることに間違いない。
17

17の感想・評価

3.5
子どもたちがかわいい。
おじいちゃんの優しくて強い瞳が印象的でした。
映画自体はとてもベタだけど良かったと思います。また観たい。
あき

あきの感想・評価

3.2
ストーリーいい
切ないし、きな臭い時代のやるせなさとか孤独感とか恐怖、悲しさみたいなのが画面の色味に見えていい

あとエストニアの子供達の可愛さたるや筆舌尽くしがたい
透き通る肌と髪と瞳!!
ゆた147

ゆた147の感想・評価

3.0
見応えはないけど。
エストニア、昨日見た映画で名前を聞いた。そんなあまり聴くことのない小国の話。

小国なだけに大国にいい様にされ、そこに住む人たちはどこか覇気がない。
多数決の結果を上に挙げるってなんなの?見ていてよく理解ができなかったが、戦時中から戦後の歴史を調べるとよくわかりました。

色々と腑に落ちた。個人的に"迷子の警察音楽隊"を見た時に感じたものに似てる。

半世紀前の話だそうですが知るきっかけになってよかったです。
Hiro

Hiroの感想・評価

3.3
良い映画なんだけど…なんだろ…子ども向けにわかりやすく作られた映画?という印象を受けました。
ストーリーが良いだけに、なんだかもったいない感じがする…。
>|