こころに剣士をの作品情報・感想・評価

こころに剣士を2015年製作の映画)

Miekkailija/The Fencer

上映日:2016年12月24日

製作国:

上映時間:99分

3.8

あらすじ

1950年初頭、エストニア。ソ連の秘密警察に追われる元フェンシング選手のエンデルは、小学校の教師として田舎町ハープサルに身を隠す。そこでは生徒たちの多くが、ソ連の圧政によって親を奪われていた。やがてエンデルは課外授業としてフェンシングを教えることになるが、実は子供が苦手だった。そんなエンデルを変えたのは、学ぶことの喜びにキラキラと輝く子供たちの瞳だった。なかでも幼い妹たちの面倒を見るマルタと、祖…

1950年初頭、エストニア。ソ連の秘密警察に追われる元フェンシング選手のエンデルは、小学校の教師として田舎町ハープサルに身を隠す。そこでは生徒たちの多くが、ソ連の圧政によって親を奪われていた。やがてエンデルは課外授業としてフェンシングを教えることになるが、実は子供が苦手だった。そんなエンデルを変えたのは、学ぶことの喜びにキラキラと輝く子供たちの瞳だった。なかでも幼い妹たちの面倒を見るマルタと、祖父と二人暮らしのヤーンは、エンデルを父のように慕うようになる。ある時、レニングラードで開かれる全国大会に出たいと子供たちからせがまれたエンデルは、捕まることを恐れて躊躇うが、子供たちの夢を叶えようと決意する。果たして彼らを待ち受ける予想もしない出来事とは?遂に、子供たちとエンデルそれぞれの戦いが始まる。

「こころに剣士を」に投稿された感想・評価

バルト3国の一つで美しい自然に囲まれた国と言うイメージのエストニア
にこんな辛く悲しい歴史があったことを知りませんでした。
映画を通じると、実感として伝わってくるところがいいですね。
また、言論や表現の自由があることの素晴らしさがよく分かりました。
国の考えが生活に直に関わってくることが怖いと思いました。
戦争の影響も強く、永いと感じました。
さて、映画ですが、初めは子供が苦手でどう接すればいいのか分からなかったエンゲルが、学ぶことへの純粋な喜びを発する子供達を指導していくうちに、生き生きとしていく。とても自然な感じが良かった。
子供達の表情も凄く良かった。特にマルタを演じたリーサは良かった。
好奇心いっぱいで、いつも真剣。決勝戦に急に出ることになった時の表情がいい。また彼女を観てみたいですね。
全体的に淡々としていますが、それが大げさな表現よりもかえって
こころに染みる映画だろ思います。
ナチスとスターリンに翻弄された人生だけど子供たちとふれあってる間はそれを感じさせない生き生きした表情が良い。身元を偽りながらの生活はいつまで続けられるのか気が気じゃない。戦争や独裁の傷跡は直接的にも間接的にも傷を残すと改めて思う。子供達が事情を知った時を思うと…
AkihiroIio

AkihiroIioの感想・評価

4.0
ハッピーエンドで良かった。
Toku

Tokuの感想・評価

4.4
気になった音楽たち
First Lesson/ Gert Wilden
The Parcel/ Gert Wilden
I’ll Be Back Soon/ Gert Wilden
Days of Happiness/ Gert Wilden
ひな

ひなの感想・評価

3.9
すごく好きだった
みんと

みんとの感想・評価

4.5
2017.7.6 録画
12g

12gの感想・評価

3.7
フェンシングをやっていた者として真剣にフェンシングを描いてくれていることに好感。そして、フェンサーこそがだまされるであろう「この時代は電気剣じゃないのか」と一人で納得してからの、大会での電気剣!
学校のフェンシング教室の話であるが主役は生徒ではなく、あくまで見せたいところはエンゲルの変化であり、エンゲルの表情が柔らかくなっていく様子をみて次第に映画全体に流れている緊張感や暗さがほどけていくようであった。
特に、捕まることを覚悟していながらも活き活きとした表情で生徒とともにレニングラード行きの列車に乗るときの表情が忘れられない。
大会ではトントン拍子に勝っていくためそこを疑問に思うかも知れないが、対人スポーツをやっていた人なら、部内で戦っても成長は感じられなく、対外試合をすることでこんなに成長していたのかと気づく経験はあるとおもう。今回は知らず知らずのうちに全国レベルまで成長させたというストイックなエンゲルらしさもあるだろう。
映画の雰囲気的になんだか「コーラス」が観たくなるような作品でした。
スターリン恐怖政治下のエストニアが舞台。子供たちがイキイキとして、シンプルで直球なメッセージにしみじみと感動。
主人公が少年に「本当は僕たちが嫌いなんでしょう?」と言われたたシーンが印象深い。その時の主人公の表情がなんとも良かったな。
少年と彼の祖父のエピソードは素敵だったけど、肝心のフェンシングの大会の描き方はちょっとうまく行き過ぎな感が否めない。
ariko

arikoの感想・評価

-
劇場で鑑賞。
ひな

ひなの感想・評価

3.5
子供達が可愛くて、試合のシーンは本気で応援してた!一生懸命やる姿はいいな…
>|