こころに剣士をの作品情報・感想・評価

こころに剣士を2015年製作の映画)

Miekkailija/The Fencer

上映日:2016年12月24日

製作国:

上映時間:99分

3.8

あらすじ

1950年初頭、エストニア。ソ連の秘密警察に追われる元フェンシング選手のエンデルは、小学校の教師として田舎町ハープサルに身を隠す。そこでは生徒たちの多くが、ソ連の圧政によって親を奪われていた。やがてエンデルは課外授業としてフェンシングを教えることになるが、実は子供が苦手だった。そんなエンデルを変えたのは、学ぶことの喜びにキラキラと輝く子供たちの瞳だった。なかでも幼い妹たちの面倒を見るマルタと、祖…

1950年初頭、エストニア。ソ連の秘密警察に追われる元フェンシング選手のエンデルは、小学校の教師として田舎町ハープサルに身を隠す。そこでは生徒たちの多くが、ソ連の圧政によって親を奪われていた。やがてエンデルは課外授業としてフェンシングを教えることになるが、実は子供が苦手だった。そんなエンデルを変えたのは、学ぶことの喜びにキラキラと輝く子供たちの瞳だった。なかでも幼い妹たちの面倒を見るマルタと、祖父と二人暮らしのヤーンは、エンデルを父のように慕うようになる。ある時、レニングラードで開かれる全国大会に出たいと子供たちからせがまれたエンデルは、捕まることを恐れて躊躇うが、子供たちの夢を叶えようと決意する。果たして彼らを待ち受ける予想もしない出来事とは?遂に、子供たちとエンデルそれぞれの戦いが始まる。

「こころに剣士を」に投稿された感想・評価

話としては実話に基づいているからかそこまで盛り上がらなかった。時代背景をちゃんと理解してから観ることをオススメします。
りたお

りたおの感想・評価

3.2
集中してないで観たからかもだけど評判ほど...という感じ。
そしてジャケットから想像していた作品と違いすぎて面食らった。もっと歴史とか背景とか知ってから観るべきだったかな。

分かっているのに最後は「おっ」と思った。
yumitaiko

yumitaikoの感想・評価

3.8
最後になって実話がベースと知った
じんわり感動する
時代もやしエストニアという国やからか映像は寒々しく暗い
それだけにマルタの赤い服が鮮明だった
子供は苦手と言っていたエンデルだけどみんなの父親代わりとしてキラキラした目の子供達に慕われる
娯楽の少ない、好きなこともできない時代で子供達にフェンシングを教えた彼は素敵でした
観る前に時代背景を知っておくべきだった。映画を観てると色々なラブシーンがあるが、駅で恋人と別れる時のシーンが切なくてこの部分が強く印象に残っている。クラウス・ハロ監督。あまり知らなかったが、良かったので 次は ヤコブへの手紙を観たいと思う。
an0nym0us

an0nym0usの感想・評価

3.7
エストニアは北欧の小国。
初めて聞く…なんて人もいるかも?
実はSkypeを生み出したIT先進国だったりします。

1950年初頭のエストニアはナチスの占領下からソビエトによる再占領と連邦への併合が行われた後のスターリンの軍事政権下。

望まぬともドイツ兵として戦っていた過去を持つ人々が、ソ連の秘密警察によって収容所へ送還されるなど、人々が政権の移り変わりに翻弄されていた時期です。

それによって父親を失った子供達が溢れていて…作中での説明は最低限なので、そういった時代背景を頭の片隅に置いて、観賞した方がいいかもしれません。

北欧映画の御多分に洩れず、何処か閉塞感のある暗めな画と冷えた雰囲気。

エンデルが子供たちに教えるのはフェンサーの技術だけではなく、精神的な強さ。
だから、彼は逃げ出さなかった。

それは…幾度となく占領され、それでも独立を勝ち取ったエストニアという国の姿。

窮地に立たされている時こそ、真価が問われる。自分を奮い立たせるのは…こころに宿した剣士の矜持。

静かで、落ち着いたトーン。
映画としては賛否が分かれるかもですけど、日本で言えば武道の精神も、真髄はきっと静謐であることだし…間違ってはないはず?

約100分とコンパクトだし、展開も駆け足なんだけど…しっかりと優しさを残したラストも素敵だし実話ベース…こういう北欧テイストは個人的には嫌いじゃない。

疲労感がある時は、これぐらいの作品にとても安心する…夕涼み的な穏やかな清涼感。

もう少し丁寧な作りだったら、グッと良くなるんじゃないかな。この年代のヨーロッパ史に造詣が深い人にならオススメです。
10円様

10円様の感想・評価

3.5
初めて名前を聞く監督。見たこともない役者。ルールも知らないフェンシング。そして何処にあるかも分からない国、エストニア。何故この映画に惹かれたか。それは
「こころに剣士を」
って邦題。これは勇気ある者を描いた映画に違いない。

第二次世界大戦の事。1940年代。ソ連がこの国に侵攻し、ソ連に都合の良い政府を作れと言った。小国エストニアは抗う術もなく要求を承認。ソ連の傀儡国家となる。その後ドイツがこの国に侵略。エストニア国民はソ連からの解放を喜んだが束の間、国勢は悪化の一途を辿る。争うドイツとソ連軍。いわゆる独ソ戦にはなんと両国の部隊にエストニア人も編成されていたのだ。同じエストニア人がかたやヒトラー側で、かたやスターリン側で殺し合った。想像するだけで胸が痛くなる。やがてドイツ軍の敗戦色が濃くなり、あの日ヒトラーが自決。再びこの国はソ連のものとなった。だがまだ国民の恐怖は消えることはない。今度はドイツ軍に従事したエストニア人をソ連秘密警察が躍起になって探している。捕まれば処刑か強制収容所送り。密告する人間とされる人間が隣同士で暮らしている。この時代のエストニア人は生きた心地がしない。
って背景があるが、この部分映画では多くは語れられない。

主人公エンデルネリスは元フェンシング選手。どうやらドイツの軍隊に所属していたため、ソ連の秘密警察に追われている。偽名を使い身元を隠し、田舎村で教師として逼塞しているわけだ。
そして彼はここで子供たちにフェンシングを教える。

教師陣にこの時代封建制度の遺物と揶揄される競技。道具が無くて棒切れでやったり、教え子の家族が捕まったり、それでもエンデルは子供たちに「前に出ろ」と教える。それと対比するかのような終盤のシーン。レニングラードで開催されたフェンシング大会会場。秘密警察がうようよいる。エンデルは教え子の試合を見ずに逃げようとするが少女マルタが言う「一緒に闘うの」と。

子供たちは試合に勝つために…
エンデルは時代に勝つために…
「こころに剣士を」持とうと決めたのだ。

時代背景からか全体的に乾いた埃っぽい雰囲気の全編。台詞が少ないぶん役者の疲れきった表情と、フェンシングに生きる事を見出す子供たちの活力ある表情が際立つ。歴史的背景を知って初めて納得する演出。これは良い作品に巡りあえたと思う。

ちなみに退廃的スポーツを媒介に教師と生徒の絆を描いた「コッホ先生と僕らの革命」という傑作があるが、こちらも合わせて観てくれると嬉しい。
K2

K2の感想・評価

3.9
[殺人タックル時代の今こそ観るべき]

真摯に会見に臨む大学生とは裏腹に、先に会見され危うくなった我が身を守るべくボケ老人全開の姿で会見に臨むような大人の目玉にねじ込んでやりたい作品。

祖父の代は父の代を助けるべく、父の代は子の代の将来のために自らを捧げる。純白のフェンシングのユニフォームは純真さと可能性を最大限に引き立てておりそのあまりの眩しさに日大アメフトコーチ陣は直視することができないに違いない。

少し説明省きすぎで御都合主義的なところはあるけどとっても美しかった。
さと

さとの感想・評価

3.6
実話系スポーツもの。

背景が戦後ということもあると思うけど全体的に暗い。
個人的には好きな感じだけど、ここまで暗くできるのも逆にすごいというか、ハリウッド映画ならもっと違っただろうなと思った。

女の子の「延長線てなんですか?」てセリフが可愛かった
kuwarie

kuwarieの感想・評価

4.3
時代背景は薄暗いけれども、穏やかな気持ちで観れる映画です。
静かで画面がとても美しい。
フェンシングの一歩踏み出す動作との物語のリンクが実によいです。
大介

大介の感想・評価

4.0
第二次世界大戦後のエストニアが舞台
主人公はフェンシングの選手で、ある理由からソ連の秘密警察に追われており、身を隠すために田舎町で教師をするがそこで子供たちにフェンシングを教える事になる。
フェンシングを通じて子供達と絆が深まっていくのだが、徐々に追手の影が彼に迫って来る。

映像が終始とても綺麗で心が洗われるような気がした。あと、ピアノの旋律が心地よい。
セリフが少なく、表情や雰囲気で伝わって来る感じが俺は好きだった。
子役は殆どが未経験にも関わらずとても繊細な表現ができていて凄い。
なんかこういう映画が好きかも。

気持ちは分かるが、先生、子どもの前でキスしすぎ笑
>|