夜までドライブの作品情報・感想・評価

「夜までドライブ」に投稿された感想・評価

ryom

ryomの感想・評価

5.0
ルピノ見たさにまた観たが、レモン売るシーンの可愛いボガート。
ネット

ネットの感想・評価

4.0
哀切のメンヘラレディ、アイダ・ルピノちゃん……可哀想すぎて泣けてくるわ〜。頬あたりが松たか子に似てる。
ラストカットが最高。輝いてた。
Ricola

Ricolaの感想・評価

4.0
ジョージ・ラフトとハンフリー・ボガートという名優の競演を楽しめる作品。 

オープニングから車輪や信号機など、ドライブ感出ている。

映画の前半と後半で雰囲気がガラリと変わるので、先がどうなるかわからないハラハラ感と驚きの連続だった。

トラック運転手の兄弟が主人公で、一見ロードムービーなのだが、話が進んでいくうちにサスペンス要素が強まってくる。
そして恋愛も絡んでくる。


兄弟のジョー(ジョージ・ラフト)とポール(ハンフリー・ボガート)の性格の違いを観ていても楽しい。

レモンを売るとき身振り手振りで兄に指示したり、必死にとにかく売ろうとする様子のポールがかわいい。

二人の友人のアイリッシュがいいキャラしていて緩衝材のような役割を果たしていた。

テンポは良くストーリーも工夫されていて、観ていて飽きのこない良作だった。
BB

BBの感想・評価

4.0
前半と後半でまるで違う展開。ジョージ・ラフトの場合、アイダ・ルピノの場合、で章をきっちり区切っても良いくらい。
それでも二つの章をきっちり繋ぐアン・シェリダンのウィンクがズル過ぎる、という話。前半のそっけない感じズルい、後半のウィンクズルい、でもアン・シェリダンはいつもズルい。『善人サム』でも『僕は戦争花嫁』でもそう、全部持ってった。
ウォルシュの職人監督としての腕が光る。アクションあり、サスペンスあり、恋愛ありの傑作。統一感のない細部を見事な手際でまとめ上げている。
茅

茅の感想・評価

-
ハッとした。
つくり手の「ここが撮りたい!」という欲望がこっちに伝わってきちゃうシーンが一箇所でも確実にある映画は、いい映画だ。
すごい。全然予想してなかった。
睡魔が悲劇を産む。絶対に寝てはならない映画だ。
jack

jackの感想・評価

-
面白すぎる。さすがウォルシュ。ものすごいテンポで物語が進み、終盤は思ってもなかった展開に。トラックが事故る場面から、レモンを売り捌く場面から何から何までほんとうに素晴らしい。
個人的にはジョージ・ラフトとボギーが兄弟ってだけでテンションが上がる♪
ただ、真のメインはアイダ・ルピノとアン・シェリダンだろう。
各所に施された演出の中で、長距離電話のシーンでの電信柱にはツボった。
「大雷雨 」「白熱」「死の谷」「いちごブロンド」「彼奴(きやつ)は顔役だ!」「鉄腕ジム」「追跡」……
ラオール・ウォルシュからのノミネートもオールタイム・ベストを選ぶ上でかなりの悩みの種…((+_+))
みんなキャラが立ってる。
社長夫人はあまりに可哀想な気がするけど。
会社での目線とラストのウインクが最高。
>|