未来世界の作品情報・感想・評価

「未来世界」に投稿された感想・評価

キよ4

キよ4の感想・評価

-
ユル ブリンナーのガンマンロボットで有名なウェストワールドの続編
大レジャー施設デロスランドを新規オープン
人間は博士と社長ダフィだけ あとはコンピュータとオペレーターのアンドロイドが管理
デロスに疑問を持つ新聞記者チャックはデロスランド内部に潜入 探索を開始する
なんとそこは招待した世界の要人をコピー人間化し世界征服を企む陰謀が進められていた
夢をビデオに撮って精神を分析する精神の部屋 夢の具象化
チャックと同行するトレイシーの夢のシーンにユル ブリンナーのガンマンロボットが前編に続きちょい役で再登場
ゆず

ゆずの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

大筋は好きです。雰囲気も好きです。
が。
何もかもがテキトーすぎだよ!w
トンデモ設定が盛りだくさんで退屈はしなかった(ただ、そのせいで怖くもなかったw)、笑いながら最後まで鑑賞しました。
クラークは迎えに来るの、ずっと待ってたりするのかな…(・ω・`)

割とどうでもいいシーンでユル・ブリンナーがサービス出演していて笑ってしまった。新聞やニュースまでは見せずに終わるので、最後「実は上司もすり替えられていたのさ!」エンドだったりするかもしれない。これから消されるのかもしれない。
前作自体あまり評価してないが、凡庸を通り越してチープになった。
Hawkwind

Hawkwindの感想・評価

3.0
テーマパークで突然ロボットが暴れる『ウエストワールド』の続編。
人間のコピー・ロボットを本物とすり変えるというネタは今なら珍しくもないけど、公開当時はなかなか新しい発想だった。ラストでの自分と自分対決は面白い。
夢のシーンで、少しだけ前作の主役ユル・ブリンナーが登場。
ryokaneya

ryokaneyaの感想・評価

3.3
CGのない時代の発想、映像の遊び楽しくて仕方がない
終わりも良い
ウエストワールドの続編。新生デロスの再出発。巨額をつぎ込んで再構築したデロスには世界をも作り変えようとする別の陰謀が・・・
前作は機械が意識を持つことの恐怖、本作は機械を悪用する人間の恐怖。どちらの世界にも進んで欲しくない。
前作ウエストワールドと比べると、断然面白かったです^^

ロボット暴走の真相とは!?
ジャンルはサスペンスアクションでいいのかな?

前作のただ怖いだけでうやむやになってた部分が解決できてスッキリできました

修理工のオジサンとの友情
前作に登場したガンマンのロマンス

見どころもいくつもあります
怖い暴走ロボットだけじゃないんです

いきなりサムライが出てきたのはびっくりしましたが^^;

最後の終わり方もおしゃれ^^
楽しかったです♪
ウエストワールドの続編。邦題を見ただけだと続編と気付かなかった。

SF要素がチープに感じてしまうのはこの時代では仕方がないですね。
夢を具現化やクローンなど興味深い要素はあるのですが。

ユル・ブリンナーがちょろっと出演。
折角なら2号機と称してバンバン活躍してくれたら良かったのになぁ~。
KUBO

KUBOの感想・評価

3.5
新海外ドラマのための復習第2弾。「ウエストワールド」の続編が何故「フューチャーワールド」でなく「未来世界」? 77年当時「future」って言葉がカタカナ語としてそんなに市民権を得てなかったのかな? 原題のままの方が1作目との統一感もあるし、いいのにね。

「ウエストワールド」でのロボットたちの反乱後もデロス・ランドが営業を続けてるってのがそもそもビックリなんだけど、今回はそこにピーター・フォンダ扮する新聞記者がデロスの秘密を暴くべく潜入取材を敢行するっていうのがミソ。ピーター・フォンダのナス型のメガネとか70年代だな〜って懐かしさ満点!

パークに来る有名人ゲストの中に日本刀持ってるMr.タカグチっていう日本人が出てくるんだけど、周りにちやほやされまくってロボットを斬り殺しては笑顔で写真に撮られてる。70年代、高度成長期の日本はちょうど今の中国人みたいに海外に行っては爆買いして迷惑かけてたんでしょうね。今はハリウッド映画の中に出てくる東洋人はほとんど中国人だけど、当時は日本人だったんだよね。

さて、余談ばっかりだったので本題。インパクトで言ったら第1作でしょうが、SFとしたら本作の方が面白い。単純にAIの叛乱をパークのゲスト目線で追った前作がパニック映画的だったのに比して、本作では記者がそれを暴くサスペンス的な路線を取っている。SF的目線では、「他人の夢を映像化して見る」なんて発想、映像的には追いついていないけど「インセプション」とか「攻殻機動隊」なんかの世界をもうすでに提示しちゃってたりする。特撮技術に限界があっても発想には限界はない。本作の核心である更なるデロスの叛乱の中身まで含めて、よくできたSF作品だ。J.J.が作る新作ドラマも、きっとこっちの方の主題がメインテーマになるんじゃないかな? では、心置き無く新作を待つとしましょう。
記録
『ウエストワールド』の正式的続編。今作は''デロス''内部の陰謀を描いたSFサスペンス仕立てとなっている。主演のP・フォンダが人間とロボットを一人二役演じ、前作のY・ブリンナーも特別出演している。
>|